Home > 9月, 2016

三原堂 塩せんべい

三十数年前、中学校の修学旅行で池袋サンシャイン60の水族館&プラネタリウムを訪れたのですが、今時サンシャイン60に修学旅行生が…来ねぇだろうなぁと、サンシャイン60を見上げながら隔世の感に浸ったshimiです
週1で埼玉出張しているんだけど、池袋経由なので、近ごろは池袋周辺をフラフラしております。

埼玉県出身の旦那に言わせると、
池袋は埼玉の植民地。
だそうよ…。
ま、確かに、池袋駅には、東武東上線、西武池袋線、埼京線、湘南新宿ライン、つい最近開通した副都心線と、埼玉から来る路線が5つもあるから、埼玉県民率は高くなるわな。

そんな大挙して押し寄せてくる埼玉県民が池袋を実効支配してるからかどうかは分からないけど、
池袋の”程よいダサさ感”。
が、私には心地いい。

池袋には、H王子ではお目にかかれないジュンク堂とか、東急ハンズとか、パルコがあったり、そこは憧れの大都会。でも、街もちょうど良い感じに猥雑さと汚さが混ざり合い、昭和の場末感というか、地方の野暮たっい雰囲気があって(特に西口)、デパートや飲食店の敷居も低いから、そんなに気張らなくても都会を楽しめるの。
例えば、H王子から一番アクセスが良い都会は新宿だけど、新宿にお買い物に行くとなったら、H王子市仕様のファッションじゃちょっと厳しい…。よそ行きの服を選んで、化粧もバッチリで出掛けるし、それでも入るのに躊躇うお店もあるぐらい。でも、池袋ならH王子市仕様でほぼOK(笑)。こざっぱりとしてるなら、Tシャツ、デニム、薄化粧程度で、デパートのなかをウロウロしても浮かないわよ

さて。前置きが長くなっちゃったけど。
今日の本題は、ダサいH王子市民も埼玉県民も、昔の修学旅行生もやさしく包み込んでくれる、そんな池袋で見つけたおやつ、三原堂の塩せんべい

三原堂は日本橋に本店がある老舗の和菓子屋で、都内に数店舗展開。この塩せんべいは、東京の手土産ガイドみたいな本によく取り上げられていて、気にはなっていた。電車で池袋のおやつをググっていたところ、池袋駅のすぐ近くに三原堂店舗があることを知り、地図を確認すると。。。そこは飲み屋や風俗店が密集するロマンス通りの入り口近くというディープな場所。
こんなところに和菓子屋がっ
………あったのよ。この辺りは足早に通り過ぎていたから気付かなかったよ。お店はキリッとした佇まいで、中に入ると、すぐそこが夜の繁華街って忘れちゃう。

160908shiosen三原堂 塩せんべい
10枚入り 450円くらい

小さめで、薄いおせんべい。米のつぶつぶ感が残してあって、パリッザクッって感じの食感。醤油もうっすらと塗ってあるから香ばしくて、塩味はまろやか。塩せんべいと言ってもそんなに単純じゃないの、噛むほどに塩のなかにふわっと甘味も広がっていく。塩の甘味なのか、米の甘さなのか。これが後引くんだわー。
塩は、伯方の自然塩とドイツのホワイトクリスタル(岩塩)を使っているとのこと。

上品で美味しいし、これを嫌いな人はまずいないし、日持ちもするから手土産には最適。甘ものが苦手という方へのお土産にもオススメ。見た目は地味かもしれないけど、私だったら、これはちょっと良いものいただいちゃったって思うな。

できれば池袋のディープな繁華街を見物しながら買っていただきたいけど、三原堂、いつの間にか東京駅地下のグランスタにも進出してたよ。東京にお寄りの際は、是非どうぞ~。

店舗案内は、こちらの三原堂本店HPへ。
オンラインショップは、三原堂オンラインショップへ。

6月~8月の映画鑑賞メモ

しょぼい内容の上に、雑になってきている映画メモ、第4弾。これでラスト!

スタンリー・キューブリック『バリー・リンドン』,1976,イギリス,DVD
18世紀半ば、アイルランドのある青年の人生流転物語。完璧主義キューブリックが超絶技巧で18世紀のヨーロッパを忠実に再現した。衣装や化粧、調度品、景色…なんと光まで!。語り草ですが、蝋燭の光だけで撮影するという当時の技術では不可能だった撮影までやってのけた。その意味で、キューブリック最高傑作。
まるで最上の絵巻物を鑑賞しているよう。するするっと巻物を広げていくように、美しい絵で、俗でつまらない男の栄枯盛衰が、俯瞰的に、徹底した第三者視点で流れていく…。 テーマが明確なキューブリックが、なんでこんな作品を撮ったのか分からないとよく言われるんですが…なんかね、私は「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり」とか、「行く河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず…」とか、日本人の無常観に通じるものを感じたよ。富も権力も愛する人もいつかはなくなるもの、最後に残るのは虚しさだけ、彼の俗っぽい野心が妙に悲しくなってしまうの。見応えありすぎ。
この人生流転と無常感は、溝口健二「西鶴一代女」('52)と重なるなぁ。主人公お春は、バリー・リンドンのように自分の意思で道を選択するのではなく、美しかったゆえに男に消費されて流転しちゃうんだけど。


ジョン・キャメロン・ミッチェル『ラビット・ホール』,2011,アメリカ,DVD
子どもを不慮の事故で亡くした夫婦の再生の物語。どうやって子どもの死を受け入れるか、悲しみと向き合うかはひとそれぞれ。同じ体験をしたとしても、その人の慰め、やり方は通用しないし、夫婦でも違う。自分で見つけるしかない。死を受け入れるって言葉では簡単だけど、苦しい道のりだ。そんな主人公の悲しみや苛立ちに、繊細に寄り添った映画。主演はニコール・キッドマン。
201606b

 

 

 

 

 

 

土井裕泰『ビリギャル』,2015,日本,アマゾンビデオ
学年ビリの高校生が、慶応大受験に挑戦!。ドラマチック泣かせ演出のてんこ盛り。実話なのに、リアリティなくなっちゃってる…残念。でも、前向きに頑張る若人を見るのは、素直に気持ちが良いです。
201606e

 

 

 

 

 

 

 

阪本順治『団地』2016年,日本,新宿シネマカリテ
「あり得ないことがあり得るのがダンチでしょ!」。もうね、同じ団地住人として、このセリフに思わず大きくうなずいちゃったわ(笑)。
団地という超日常的な場に、巧みに溶け込んだSF世界と生死の境界線。住民たちの滑稽さ、笑いのなかに、夫婦や少年の悲しみが淡ーく深ーく染みてくる。藤山直美、岸部一徳、斎藤工、大楠道代…怪優を揃えたなぁ。
偶然だけど。『ラビット・ホール』の、ニコール・キッドマンが子どもの死を受け入れるきっかけになった考え方を、現実化したのが『団地』って感じ。パラレルワールドはある!(ちょっとネタバレ)

 

デヴィット・ヴェント『帰ってきたヒトラー』2015,ドイツ,TOHOシネマ
経済も政治も閉塞感、何か大きい力で打開を求めたがる人々。反省の歴史にも飽き飽き。 もしこんな現代にヒトラーが甦ったら?。この着眼点は良い、現代への警鐘という意義もある。でも…カット割りや映像が平板で、展開モタモタ。残念。
201606d

 

 

 

 

 

 

キャサリン・ビグロー『ゼロ・ダーク・サーティ』2012年,アメリカ,DVD
CIAがビン・ラディンを捕獲、殺害するまで。タイトルは、軍事用語で深夜0時30分のことで、ビン・ラディンを襲撃した時間。実話に基づいており、ラストシーンはリアルタイムでビン・ラディン潜伏先襲撃を描いた。
ミクロレベルでの戦争の狂気、テーマの絞り込みと、詳細リアルな描写。この監督の得意技が炸裂。でも、ちょっとくどかったかなぁ。こういう映画で緊張感は重要だけど、緊張マックスシーンを引っ張りすぎ。私の集中力が切れた
主人公マヤはアメリカという国を体現してるのだろう。大義名分なんかどうでもよくて、とにかくヤツをぶっ殺してやるという、ただの狂気と執念の塊になっていく。彼女の涙は、喜びでも悲しみでもなく、虚しさ。最後、パイロットに「何処へ行くか?」と聞かれても彼女は答えられなかった、アメリカはどこへ行くのだろう…。戦争は大勢の人の命を賭けた大博打だな、と思いました。
201606c

4月~5月の映画鑑賞メモ

しょぼい映画メモを勢いだけでうpしちゃう企画、第3弾!!

フランク・D・ギルロイ『正午から3時まで』,1976年,アメリカ,DVD
西部劇コメディ。銀行強盗と未亡人のつかの間の恋とその後。テンポが良いし、皮肉が効いた二転三転するストーリーも面白い。男女の恋愛観の違いが、ブラックコメディになった感じかな。
コメディとはいえ、前半部分は、醜男が嫌がる美女を力ずくでモノにする→女が抱かれた途端、男にメロメロになるという100%男の妄想目線ストーリーに、イマイチのめり込めなかった。でも、逆に、殿方は、後半部分の、女が恋愛を美化して現実を否定しちゃうところが嫌かもね。
イモっぽいけど、人気者のチャールズ・ブロンソンだからこそ、この映画は成り立つ。相手役は、リアル奥さんジル・アイランド。
201604b

 

 

 

 

 

 

パトリス・ルコント『歓楽通り』,2002年,フランス,DVD。
娼館で生まれ育った男プチルイの恋物語。ルコント映画の男女関係は、恋愛というより女性崇拝に近い。プチルイにとってもマリオンは女神。だから、何も報われなくても、彼女に人生を捧げることができる。マリオンは娼婦。だから彼女と「寝る」程度の愛より、ずっと超越した愛を彼女に注いだのかもしれない。映像も美しい、娼館は官能的で、夢の世界のよう。
201604a

 

 

 

 

 

 

マーク・ライデル『ローズ』,1979年,アメリカ,DVD
ロックシンガー、ジャニス・ジョプリンがモデル。主演ベット・ミドラー。映画とはいえ、こういう人を見るのは辛い。トラウマから人への依存が強く、愛を乞いながら愛を自らダメにしちゃう人。だれもが彼女を助けたいと思うけど、一番助けられない人なんだよね。だから絶望的に孤独なの。ベット・ミドラーの歌と演技、ライブシー ンは圧巻。曲は、全部オリジナル曲。
ラストに流れる曲、「ローズ」は名曲。日本でも「愛は花、君はその種子」というタイトルで多くの歌手にカバーされている。日本語訳にちょっと違和感はあるが…。
201604c

 

 

 

 

 

 


コリン・トレボロウ『ジュラシック・ワールド』,2015年,アメリカ,DVD。
それなりに楽しめる。でも金儲け主義の経営者、恐竜を利用しようとする軍人vs恐竜の生態を熟知した男、突然たくましくなるヒロイン+子供。パニック・怪物計映画の使い古し設定の全部盛りみたいで、新しさがない。
主役のブライス・ダラス・ハワードって、吉田羊に似てるなー。