Home > 6月, 2015

レ・キャトル・サン・クー Les Quatre Cents Coups 

6月21日(月)、朝ドラ「まれ」で。

まれが作ったケーキがはじめてショーケースに並ぶ。そのケーキの名前は、「レ・キャトル・サン・クー」(Les Quatre Cents Coups)。
このケーキ、本来は「ジュテーム…モア・ノン・プリュ」(愛してる…オレは愛してない)という名前の大人の恋愛をイメージしたケーキだったけど、シェフに「小学生の初恋だな」と評価されたので、フランス映画のタイトル「レ・キャトル・サン・クー」(邦題「大人は判ってくれない」)に名前を変えたと言ってたんですが。

「大人は判ってくれない」は原題を無視してつけられた邦題で、原題「レ・キャトル・サン・クー」(Les Quatre Cents Coups)を直訳すると

「400回の殴打」

だぞ。
本当にいいのか、この名前で>まれちゃん
あとで何かオチがあるならいいんだけど。

ちなみに、『大人は判ってくれない』は、フランソワ・トリュフォー監督による1959年公開の映画。トリュフォーの長編デビュー作で、代表作でもある。自伝的映画と言われており、両親に愛されないアントワーヌ少年の孤独が綴られる。このタイトルには、400回も殴打されるような絶望のなかにいる少年という意味が込められているように思う。私の偏愛映画なので、朝ドラでこの映画タイトルが出て、ピキッfrownと反応してしまったよ。

【大人は判ってくれない 予告

プロバイダ変更の電話勧誘に注意

最近、プロバイダ変更の勧誘電話がよくかかってくる。決まって

NTTフレッツ光サポートセンターのなんちゃらです。いつもフレッツ光をご利用いただき、ありがとうございます。」

と名乗る。そして、

「今、プロバイダをNTT系列のプロバイダに変更していただくと、プロバイダー料金が安く、速くなります。メールアドレスもそのまま使えます。」

と勧誘する。
NTTフレッツ光からの電話だと思うわな。

私も、つい最近まではNTTフレッツ光からの電話だと思っていて、一応説明は聞いてから、今のプロバイダ(ビッグローブ)が提供しているWebメールや、迷惑メールフィルタ機能や、モバイルのデータ通信利用による割引などのサービスをが気に入っているので変更しませんと丁重にお断りしていた。大抵はそれであきらめる。

しかし、一昨日の勧誘員はしつこくて、いつものようにお断りしたが、引かなかった。
「大丈夫です、今お使いのアドレスもそのまま使えますし、Webメールも見られます」。
「え?、プロバイダ変えたら、ビッグローブのWebメールは利用できなくなりますよね…」
「大丈夫です、使えますよ」
はぁ?。なんか…無理繰り変えさせようとしてないか?。いい加減で、上から目線の口調にもカチンときて、
「いずれにしても変更しません」。
こっちから電話を切って、強制終了ーーー。

鈍感な私も、さすがにこの電話は怪しい…と思った。すぐにネットで「フレッツ光 プロバイダ変更 電話勧誘」でググると、出てきたよ…詐欺被害報告。NTT関連事業者のように名乗るけど、まったく関係のない事業者であること、変更を了承すると、PCを遠隔操作させられて強制的にプロバイダ変更させられたり、変更しても大して安くなってなかったり、いろんなオプション料金を取られてむしろ高くなったり、解約しようとすると高額な違約金を請求されたりするらしいです。
さらに、現プロバイダで取得したメールアドレスを、プロバイダ変更後も使用する場合は、月に数百円の利用料を支払わねばならないことも分かった。プロバイダを変更すれば料金が安くなる、メールアドレスはそのまま使えると言うけど、トータルでは同じかそれ以上の料金になる可能性もある。

NTT東日本、NTT西日本のHPにも以下のようなお知らせがのっており
「パソコンの遠隔操作によるプロバイダ変更にご注意ください」
「NTTは上記のような勧誘(電話勧誘)は行っておりません」

NTT東日本>https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/140919_01.html
NTT西日本>https://www.ntt-west.co.jp/info/support/attention140919.html

国民生活センターHPでも注意を呼びかけている
「相談激増!遠隔操作によるプロバイダ変更トラブルに注意」
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140918_1.html

プロバイダだけじゃなくて、
電話勧誘では契約、契約の約束は絶対にしない
と決めました。みなさんもお気を付けて。

SIMフリータブレット&ガラケーでモバイル生活

150606akai_suisei

全国の赤い彗星ファンの皆様、す、すみません…。
指でシュッシュッするモビルスーツモバイルをはじめて手にしたので、つい態度がでかくなっちまいました

モバイルとは縁遠かったこの私が、ついにSIMフリーのタブレット NEC / Lavie Tab S を購入。大きさは8型で、か弱い女性(だ、だれ?)でも片手で持てる大きさと重さで、持ち歩きはぜんぜん苦にならない。
そういうわけで、私はガラケー+タブレットの二刀流モバイル生活を極めるぜ!。え?スマホ1台にすりゃいいじゃんという声が聞こえたような気もするけど、こうしたのには理由があってよ。

理由① 通信費を安くしたいっ!

今年3月にガラケーが壊れて、買い換える時、スマホへの乗り換えか、ガラケー継続かで悩んだ。ほぼ毎日のように自宅のデスクトップPCで仕事して、ネットもすぐに見られる環境にいるから、あまりスマホの活躍の場はない。でも、あればあったで、たまの外出でPCメールや地図が見られて便利かも…。うーん、でも、それだけのために、通信費が5000~6000円と2倍に跳ね上がるのはちょっと高いなぁと思ったの。
で、いろいろ調べてたら、SIMフリー端末なら通信費をかなり安くできることが分かってきた。SIMカードは電話番号などが記録されたICカードで、これを端末に入れることで通信が可能になる。今までは、大手通信企業が提供する端末には制限がかかっていて、他社のSIMカードは使えないようになっていた。こうしたSIMの制限がかかっていないのがSIMフリー端末。SIMフリーなら、同じ端末でもSIMカードを変更すれば通信会社を変えることもできるし、逆に、機種変更も、古い機器からカードを抜いて新しい機器に差し込むだけだから、とても簡単。で、今年5月からSIMフリーが義務化されるとのことで、 ちょうどSIMフリー端末がいろいろ出まわりはじめていた。
さらに、このSIMフリー化にともなって、大手通信企業の回線を借り受けて、安いLTE+3G・4Gの通信プランを提供する事業者(総称してMVNOと呼ばれる)もあらわれていた。これがいわゆる格安SIMカードってやつ。安い分、月あたりのデータ通信量に制限があったり、通信速度が遅いなどのデメリットもある。MVNO各社のプランはいろいろあるけど、月3Gまでのデータ通信で、通信費は700~1000円が相場。
SIMフリーって…もしかして?!。私のように、モバイルデータ通信端末は使ってみたいけど、使用頻度はそれほど高くなくて、通信費は安くしたいというケチにはピッタリなんじゃないの~と、SIMフリー端末が急浮上

理由② 老眼がキターっ! 

SIMフリーのスマホも考えたけど、予想外のスピードで老眼が進行中の私には、スマホはやっぱり小っちゃすぎんのよ。もともと近眼だけど、遠くが見えないより、近くが見えない方が不便で、目がとても疲れるようになった。電車のなかで資料や文書を読むこともあるかもしれないから、できれば画面や文字は大きめ希望。だったら、もうタブレットにしちゃって、気軽に持ち歩ける7-8型ぐらいのがいい。

結論 SIMフリータブレットとガラケーを持つ!

となったわけ。これで、機能的には、スマホを持つのとほぼ同じ。

費用だが、まず、壊した携帯電話の機種変更と料金プランを見直し。それまで「かけ放題」とかいう店員に勧められるままのプランに入ってたけど、ほとんど通話もしない、メールは時々、WebはたまにTwitterみるぐらいの私には、かなりの無駄使いプランであることが分かった。そこで、かけ放題プランを、基本使用料+使った分だけの通話料金、データ通信料金を払うシンプルプランに変更。これで携帯電話の通信料は、3000~4000円→1500円程度に激減。携帯電話端末は、今まで貯めに貯めたポイントで支払ったので、出費はわずかですんだ。
そして、SIMフリータブレットを比較検討。7-8型のSIMフリータブレットは、国内メーカーではNECだけ、あとは海外メーカーばかり。NECのLavieTabSか、それとも、ほぼ同スペック、1割ほど安い台湾メーカーAsasのMemoPad7か?。ちょっと悩んだけど、NECの方がサポートが良いという店員情報と、やっぱり国内メーカー応援したいという気持ちから、NECに決定。
SIMカードは、ビッグローブのLTE+3Gで月6Gまでのデータ通信ができるプランのものを購入した。通信費は月1500円。ビッグローブにした理由は、PCのプロバイダーがビッグローブの場合、通信料がさらに200円引き(1300円)になること、端末がNECだから相性も悪くないだろうと思ったから。

かかった費用をまとめると、
ハードは、タブレット(3万3000円)、SIMカード(1400円)
通信費は、ガラケー(1500円)+タブレット(1500円)
SIMフリー端末は、大手の通信プラン契約とセットで売られている端末より高いし、通信料と一緒に分割払いとか、この通信プラン2年契約すると端末はゼロ円!とか、そういうサービスはないから初期費用は高くなる。人それぞれだけど、資金的に余裕ある時にSIMフリー端末を買って、あとは無理なく払える範囲の通信費で使うってのが自分の金銭感覚にも合っていた。

それにしても…モバイル通話データ通信は、ハードも、通信手段も次から次へと新しいのが出てきて、ついて行くのがやっとやっとだっわ…ふぅー。そして、SIMフリータブレット&ガラケーモバイル生活は、OSのアンドロイドでつまずいて進展してないし
ってことで、使い勝手はもうちょっと使ってみてから、報告しますーーー

Next »