Home > 9月, 2014

曼珠沙華は罪作り

 曼珠沙華、恋する女は 曼珠沙華、罪作りぃ~ 
なんて歌がありましたっけね。

曼珠沙華って姿形が華やかで美しいし、あんなに鮮やかな朱色の花って他にない。時には妖艶に、時には可愛らしく、田んぼのあぜ道に咲けばのどかな日本の風景になり、群生すればこの世のものとは思えない幻想的光景になり…いろんな表情を見せてくれる。曼珠沙華は、どぉ?、魅力的でしょ、撮りたいでしょ?と写真家を誘惑する。しかし、だれにでも心許してくれるわけじゃない。実は写真家を選ぶ超高飛車な女で、へっぽこ写真家に対してはその美しさをなかなか写真に収めさせてくれないんである

私も季節がくれば撮影してみるが、何度撮っても難しい。どんな状況下でも、曼珠沙華を1発で思い通りに撮れたらプロとしてやっていけるような気がするよ。
何が難しいって、まず赤い(笑)。前にも書いたけど(2013.11.28「真っ赤だな~♪」)、赤い被写体は宿敵かってぐらい苦手。赤は光のちょっとした加減で写りがガラッと変わってしまって、飛びすぎたり、沈んだり、色かぶりして変な赤になっちゃったり…orz。見た目どおりの美しい赤のグラデーションを出すのが難しい。
そして、華の形が派手、いくつか固まって、ほぼ同じ高さで花をつける。構図や背景、ピントをどこに置くか、絞りなどをよく考えないと、画がゴチャゴチャして、何を撮りたかったか分からない写真になってしまう。曼珠沙華に関しては、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる作戦では、良い写真はまず撮れないと思う。

毎年、懲りもせずに曼珠沙華のダメ写真を大量生産してるので、今年は撮影にいく前にハイレベルの写真投稿サイト「PHOTOHITO」にて曼珠沙華の写真をじっくりと鑑賞し、良い!、好き!と思う写真を頭に焼き付けた。それを参考にして、やっと、ちょっとはマシになったかと思う写真が数枚撮れたよ。でも、何だか見たことあるような写真で、面白みがないのよね。はぁー
曼珠沙華は花の時期が短いから、毎年1回撮影できるかどうか。東京ではもう終わり。曼珠沙華に振り向いてもらうには、まだ何年もかかりそうだぜ…。

↓写真をクリックすると、一回り大きくなります-。

140930manjushage150mm F10 1/50 EV0 ISO160 WB太陽光

140930manjushage257mm F5.0 1/160 EV-1/3 ISO100 AWB

 

曼珠沙華 (秋)

あの恋を探しに曼珠沙華の径 [30]

銀座コージーコーナー チーズスフレ

まぁ。なんて庶民的なセレクトなのかしらん。

飲み会で一緒になった30代青年が1年に1回くらいマックが無性に食べたくなると言ってたのだけど、私はマックじゃなくてコレだな…と思ったら無性に食べたくなって買ってきちゃったよ(笑)。

140914cheesesufle銀座コージーコーナー
チーズスフレ 1個540円

3~4人分ぐらいの大きさでこの価格、美味しいし、コスパは最強
基本のスフレチーズケーキ。口に入れるとしっとり、しゅわしゅわっと溶けていく。チーズは重すぎず、ちょっぴり塩けとさわやかな酸味、甘さは控えめ、ふわっと甘いチーズの香りが鼻にぬけていく。カロリー気にしなくて良いなら、丸ごと食べる自信があるよ(笑)。冒険も芸術性もないけれど、いつも変わらない安心の美味しさっていうのも魅力。
食べきれない時は、小分けにしてラップに包んで冷凍保存。食べる時は自然解凍でオッケ。半解凍ぐらいで食べると、濃厚なチーズアイスのようでこれまた美味しいよん。

思い起こせば。チーズケーキなるものが私が住んでいた地方都市でも出回るようになったのは、小学校高学年の頃。今でこそ、NYチーズケーキとか、ベイクドとか、ティラミスとか、重いのから軽いのまでいろいろあるけど、この頃はスフレタイプとレアチーズの2種類しかなかった。
まずチーズ味のケーキという斬新さに衝撃を受け、特に、しっとりしたスフレタイプの方はそれまで見たことも食べたこともない生地で、最先端ケーキというイメージがあった。出まわりはじめた頃は、チーズがこんな美味しいケーキになるなんて!と感動したものだった。それから中学校ぐらいまで、ケーキといえば、馬鹿の一つ覚えみたいに、このスフレチーズケーキばかり食べていたけど、バブル期に入る頃から、地方でもいろんなタイプのチーズケーキや、チーズケーキじゃなくても、タルトだの、ガトーショコラだの、シフォンケーキだの、小洒落た目新しいケーキが普通に食べられるようになり、次第にスフレチーズケーキはダサいケーキになっていったのだった…。

今食べると、感動的に美味しいってわけでもないし、まぁよく知ってる味なんだけど、なぜだか、たまーに無性に食べたくなっちゃうのよね、このスフレチーズケーキが。しかも、凝ったやつじゃなくて、あの頃食べたような庶民ベーシックなやつ。このコージーコーナーのチーズスフレは、気軽に買える値段で美味しいし、店舗も多くて、食べたいなと思った時に大抵近くに店があるから、つい買ってしまう。
30代青年のマックもそうなのかもしれないけど、子供の頃に喜んで食べたものって、「美味しかった」「また食べたい」という記憶の残骸がどこかに残っていて、大人になっても、たまに味を確認したくなるのかしらね。そうそう、これこれってな感じで。

Next »