Home > 4月, 2014

『あゝ野麦峠』DVD化

山本薩夫『あゝ野麦峠』(1979年、主演大竹しのぶ)のDVDが16日に販売されていたことを知り、速攻でポチる。ずっと、もう1回観たいと思っていた。

私は中学生の時に観たけど、内容をわりと憶えている。大人になってから勉強して気付いたんだけど、ドラマとして考えさせられるというだけでなく、時代考証もしっかりしてたなと思う(30年前の記憶でまちがってるかもしれないけど)。例えば、大竹しのぶが一等女工になって万歳するシーンを憶えているんだけど、あれは製糸業に独特の賃金制度、等級賃金制を描いていたんだーと後からじわじわと分かってきたり。原作の山本茂実『あゝ野麦峠』(角川文庫)は製糸女工たちの証言を綴ったルポタージュであり、歴史的資料としても価値がある本だということも関係してるのだろう。

1880年代から1900年後半ぐらい、日本でもイギリスより100年以上遅れて産業革命が始まった頃。後進国日本は資源も技術もなかったから、先進国に対抗して近代的な軍備とそれらを支える重工業を確立させるには、工業資源と機械の輸入、つまりはそれらを輸入するための外貨が必要だった。日本には大した産業もなく、外貨獲得は生糸の輸出にかかっていた。貧しい農村から製糸工場に出稼ぎに行く、というよりは親が受け取る前借り金のカタとして働かされる少女たち。12,3才ぐらいなら立派な女工。工場に行けば、昼夜二交代、ほとんど休みなしの12時間労働。低賃金。劣悪な労働環境。日常的な折檻。病気にならない方が不思議なくらいである。しかし、こんな最悪の職場でも小作農家にとっては大切な現金収入源だから、製糸工場は低賃金でこき使える少女たちをいくらでも雇うことができ、そのおかげで日本の生糸産業は国際競争力を持つことができた。

今日の朝ドラ「花子とアン」で、花子が妹が製糸工場へ行くと知ってショックを受けるシーンがあった。花子15才という設定だから、妹はやっぱり12,3才ぐらいかしら。そんな幼い年齢なのに、当時は製糸工場に出稼ぎ=死ぬかもしれないってぐらいの過酷さがあったんだろうな。

レンズをめぐる悶々 4本目編

ついに買っちゃったよ、白い神レンズ
EF70-200 F4L IS USM
140403_70-200f4l私の経済事情、機動力、コスパ、レンズの評価などからいうと、望遠レンズはコイツしかないとは思ってたけど、単焦点に心動いたり、浮気して魚眼レンズ買っちゃったり、ウダウダしたあげく、消費税UPを目の前に駆け込み購入。これでようやく標準(EF24-70 F4L)、広角(fisheye EF8-15 F4L)、望遠と、レンズが一通り揃う。資金不足のままボディだけを購入してから1年半…なんか達成感があるわ~。レンズのために、服はユニクロと無印で間に合わせてきた涙ぐましい倹約の日々ももう少しで終わる~
あとは必要なのはストロボぐらい。欲を言えば、建造物撮影が好きなのでTS-Eレンズ(ティルトシフト機能)があればなぁとは思ってるけど、私には恐ろしく高額だから買うかどうかは微妙。良い中古があればそれでもいいかなと思ってる。

レンズ3兄弟を抱えて、近辺をうろちょろ。望遠レンズの威力を発揮できる被写体をまだ撮影してないので、望遠レンズの写真例として適切かどうか微妙だけどこんな感じ。

140330sayonara165mm F5.6 1/500 EV-2/3 AWB  ISO100
「サヨナラ」という名前のマグノリア

140330sakura183mm F11 1/160 EV0/3 WB太陽光 ISO125
望遠レンズの圧縮効果と、絞ってどこまでピントが合うかを見たかったんだけど、ピントが予想以上に浅くて、奥の方がボヤッと圧縮された結果、ボケた桜がワサワサする写真に…orz。でも手前の枝の桜に差す光に、春っぽさが感じられて好きな写真。

描写は噂どおり ビューティホー

ヌケが良いなぁ。ピントの合うところはシャープで締まってるし。色も自然(補正はシャープをかけただけ。色はいじっていない)。望遠レンズに出やすいと言われる滲み(色収差)も、私が見るかぎりでは出てなかった。白い花びらの周囲なんて滲みやすいと思うんだけど、拡大してもスッキリ!。屋外、晴天、手持ちだったけど、手ぶれ補正機能がかなり効いていて、しっかり構えれば三脚なしでも何とかなる。そして軽い!。長時間持ち歩いても苦にならない。画が美しく、使い勝手も良し、こりゃ神レンズと言われるのが分かるわ。
一つだけ気になったのは、IS(手ぶれ補正)の作動音が大きいこと。ISの作動音と分かっていて、慣れてしまえばどうってことないけど、はじめて使った時、シャッター半押しにするとジィーーーーっといつまでも音がするので不良品か?と心配になった。ウチに帰って、ネットで調べたらISの作動音ということが分かり、ISを切ってみたら音がピタッとしなくなった。何の音かハッキリして、一安心。
やっぱり望遠はコレで正解だった。大活躍しそうなレンズ

おまけ 
[nggallery id=3]

今シーズンのまとめ

2週間前まであれほど滑り足りないと騒いでいたのに、急に暖かくなりだしたら、もういっか…って気持ちが自然と下がってくるから不思議。今シーズンは

1月 猪苗代(2泊)、尾瀬岩鞍(日帰り)、小海リエックス(1泊)
2月 志賀高原焼額山(3泊、大雪でほとどんど滑れず)
3月 猪苗代(2泊)、尾瀬岩鞍(日帰り)、苗場(1泊)

2月3月は天気に恵まれなかったけど、実質7-8日ぐらいだから、まぁ滑ったかな。スキー飯を食ってただけじゃないから(^^ゞ。一応、今シーズンの成果をメモしておくわ。2月2日の記事に書いたように今シーズンの課題(2014.2.2今シーズンの課題参照)は、

①右ターンで内倒、谷の左足に加重ができない欠点を克服。
②抜重で体伸ばしすぎ、加重で体縮めすぎるクセを直す。無意味な動きで、次の動きが遅れる、見た目にも美しくない。
③斜面に応じて、最適な滑り方ができるようにする。
④いつ実現するか分からないけど、美しいショートターン!

成果は
②については、3月の猪苗代レッスンとその後の滑り込みで、改善してきた。上下動から、体重移動+谷足をより積極的に使う板の操作へ修正することで、すこしずつ滑らかなターンになりつつある。そして体重移動が上手くできた時は、①も自然にできている。まだまだ合格点じゃないが、感覚はつかめてきたし、自分でも滑り方が変わってきたと思う。
③は、ちょっとだけ進歩。中斜面ぐらいまでの自然に出来た浅いコブ、春のザクザク雪は、おおむね整地と同じように滑れるようになってきた。でも、新雪と深いコブはまだまだ…orz。今シーズン、新雪を滑る機会が何回かあって、頭では板の操作や体重をかける位置を理解してるんだけど、体がまだ把握してない感じ。今シーズン10回くらい転けたかなと思うけど、8~9回は新雪。
④は、ほど遠い状態…。練習はしたんだけどねぇ。

運動神経が悪い私がスキーをはじめて、早いもので10年。最初の頃は、板じゃなくてお尻で半分以上滑り落ちたり(笑)、それを見かねた上級者の人がスキー板を担いでくれて、歩いて降りてきたこともあった。あの時は、本気で自分にはむいてないと思ったけど、これだけ続けてりゃ何とかなってくるもんだね。