Home > 11月, 2013

真っ赤だな~♪

私の苦手な被写体のひとつは赤いもの。
一般的にデジカメは赤や紫が見た目通りに撮りにくいと言われている。彩度が高いので色飽和しやすく、また赤は黄色みがかって朱色っぽく、紫は青っぽくなりやすい。カメラによる違い、撮影条件にもよると思うけど。

131128nikond70red.jpg←左は、前に使っていたNikonD70で撮影したもの。jpeg撮影、補正なし。
あまり考えないで撮っていたこともあるが(汗)、どうやっても赤が鮮やかすぎて、階調が綺麗に出ず、サインペンで塗ったくったようにペターっとしてしまうのが悩みだった。左の写真なんて造花みたい。

先週末、紅葉を撮影してみた。5DMarkⅡはNikonD70より進化しているとはいえ、赤を美しく撮影するのはやっぱり難しい。いろいろ条件を変えて撮影してみて、何となく良い感じに仕上げるコツがつかめてきた。
①露出は自分がちょうど良いと感じるところより、ちょい暗め。
②ピクチャースタイルは「スタンダード」。どのデジカメも画像処理スタイルを選べるようになっていると思う。私は風景と花を撮る時は、色が鮮やかでシャープな仕上がりになる「風景」スタイルを選択していたが、これを標準的な「スタンダード」へ。
③赤は光の当たり方で色の写り方がガラッと変わってしまうので、WBはマメに調整。

下にUPしたのは、そこそこまともかなと思う写真。使ったレンズは EF24-70mmF4L。
上の椿の写真に比べればマシだけど、まだ赤がギラギラしてるなぁ。かといって、さらに暗めにすると、赤がくすんじゃうし。だれか~赤を上手に撮る方法を伝授してください

131128momiji3.JPG53mm F4.5 1/160 EV+4/3 ISO160 WBオート

 

131128momiji1a.JPG28mm F7.1 1/30 EV+1/3 ISO100 WBオート

 

131128momiji2.JPG31mm F11.0 1/30 EV+1/3 ISO100 WB日陰

 

レンズをめぐる悶々 3本目編

最近の話題 SONY α7&α7R

レンズの前に、最近の話題をちょっと。
先月、ついに出たよ、SONYからミラーレス一眼のフルサイズが。α7、α7Rの2機種。α7は2430万画素、α7Rは3640万画素でローパスレス(ニコンD800Eと同じCMOSセンサー使用)。SONYストアでのボディ価格はα7は14万9800円、α7Rは21万9800円、カールツァイスの標準ズーム24-70mmF4で11万9800円。コピーが「誰も作らなかったカメラ」だって。本当は「誰も作れなかった」と言いたかったんじゃないかなぁ、自信を感じさせます。
早速ネットでは、α7R、ニコンD800E、キヤノン5DMarkⅢの比較画像なんかがUPされている。こういう一面的な画質比較で云々いう評価には疑問もあるが…。とりあえず小さい、軽い、同じクラスの一眼レフに比べれば安いのは事実なわけで。一眼レフ派の私も、α7&α7Rの発売にはミラーレス一眼時代の到来を突きつけられた感じがする。他メーカーがこの流れに次にどう出てくるのかが気になるところ。

さて本題へ。3本目のレンズはシンデレラ~boutique

悶々するどころか、勢いdashだけで買ってしまったわ。だって価格が9000円!
EF50mm F1.8 Ⅱ  
131116_50f1.8.jpgレンズ性能は価格に比例する、と思ってた。でも、世の中には
シンデレラレンズ
と呼ばれるレンズがあるってことを知る。一言で言うと、安いけど良い働きをするレンズ。みすぼらしいと思ってたら、本当は美しい娘だったみたいなイメージ?。または撒き餌レンズと言う人も。こんなに安くてこれだけ撮れるなら、他のレンズも買ってみよう!と思わせるってことかしら。キヤノンのこのEF50mmF1.8Ⅱは、シンデレラレンズの代表格だというので、私も餌に食いついてみました(笑)。

撮ってみた~boutique

レンズの重さは130グラム。軽っ!。散歩がてら近所の公園で撮影してみる。重いレンズだと、散歩にカメラを持ち出すのが億劫になることもあるけど、これならぜんぜん苦にならない。当たり前だけど、解像度、階調の滑らかさ、表現の繊細さなどの点では、やっぱり最初に買った標準ズームEF24-70mm F4L IS USM の方が良いと思う。でも、
9000円でこれだけ綺麗に撮れたら感動もの
どこかのBlogで絞ると良いと書いてあったけど、確かにF2.8からスキッとしてきて、F4-5.6ぐらいからシャープで締まりのある写真に。F2.0以下は、被写界深度が浅いせいもあるけど、コントラストもちょっと甘くて締まりがない。これはあくまで個人的な感想。

131117momiji2.JPG

F5.6 1/80 EV-2/3 ISO400

 

131117momiji3.JPG

F4.0 1/80 EV+4/3 ISO100

 

131117rindou.JPG

F2.8 1/80 EV-2/3 ISO100

気になることもあるけど、価格が価格だし、まぁいいんじゃないの~と思える程度。
131117akaimi.jpg一つは、多くのサイトでも指摘されているけど、右写真のようにボケが円ではなくて五角形。写真はF4,1/40,EV-2/3,ISO400。解放にすると円に近づいてはいくんだけど…。 五角形のボケが入ると雑然としてしまう。背景を少なめにするとか、五角形のボケが生きるような写真にするとか…工夫がいるかも。
もう一つは、オートフォーカスが鈍い。標準ズームと魚眼レンズにはUSM(ウルトラソニック=超音波モーター)が使われており、オートフォーカスが早い、静か、高精度。当然、9000円のシンデレラは、そんな高価なガラス靴は履いていない。ちょっと暗かったり、木の枝とかで対象物の周辺がコチャコチャしてると、悩んで悩んで、いつまでもピントを合わせてくれない…orz。花や風景やポートレートならマニュアルで合わせればいい話だけど。動きの速い被写体を撮るのは難しいと思われ。

散歩レンズとしては十分に満足。でも、このレンズはポートレートを撮ると味があって良いと言われている。私もポートレート撮ってみたいのだが、モデルになってくれる人がいないのでいまだ試せず…。私に写真を撮られてもよくて、このBlogで顔をさらしてもいい人がいたら、連絡ください(爆)。

 

(おまけ 気になるモフモフ)

131117mohumohu.jpg公園で、気になるものを発見。よもぎの葉っぱの裏にびっしりとついている球状のモフモフ。菌類かな~?、虫のたまごかな~?。なんだろう?。

町田ちょろっと横断こころ旅

NHKの番組タイトルにちょっと似ているけど、火野正平は出てこないわよヾ(–;)。

H王子某所~鶴見川源泉~鶴見川沿い~寺家ふるさと村~藤が丘~鶴見川沿い~H王子某所

走行距離 49キロ
積算距離 1143.1キロ

4年ぶり
11月2日。マンションのサイクリング友だちとサイクリングへ。前回、このメンバーでサイクリングしたのは2009年10月秋の湖めぐりの旅ってことは4年ぶり!。
この間、全く活動していないわけではなかった。サイクリングとは関係ないが、このメンバーで年1回、マンションの夏祭りでのフィナーレ、花火打ち上げを担当している。凝り性な人たちの集まりなので、年々スキルアップして、素人がやる花火打ち上げとしてはかなり本格的になってきた。市販の打ち上げ花火だけど、花火を仕入れている浅草橋の花火問屋の方にプログラムを組んでもらい、間や、緩急を考えながら、噴水花火、小打ち上げ、連発、ナイヤガラ、大打ち上げと、200本ぐらいはあると思うけど次々に打ち上げる。他のマンションからウチでもやってほしいと頼まれたことがあるぐらい、近隣でも評判に。
今年も派手に花火を打ち上げたのだが、さすがに花火好きのメンバーたちも、サイクリングというよりもはや花火打ち上げ集団になってしまったことに危機感を感じ、秋頃にまたみんなで走ろうよ…という話がまとまり、4年ぶりサイクリングが決定したのであった。以上、長い前ふり<(_ _)>。

鶴見川源泉
みんな個々人であちこち走っていて、本当に4年間何もしてなかったのは私だけsweat02。集合時間前にひとりで近所を1キロぐらい走っただけで、息切れが…。今日は約50キロの予定、ダイジョブか?>自分。

131102genryu.jpgまず鶴見川源泉へ。ここまでは下りなので余裕で到着。
割と近くに住んでながら、町田に鶴見川源泉があったことも知らなかった。ポコポコと水が湧いている拍子抜けするぐらい小さな池。へっ?これが京浜工業地帯へと流れ着く鶴見川になるの?。あまりのギャップにびっくり。ここから鶴見川に沿って、町田をちょろっと横断しながら神奈川方面へ。
町田の鶴見川沿いはサイクリングロードというよりは遊歩道で、スピードはそんなに出せないし、道幅が狭いところもある。ハンドルからちょっと片手を離した時、後ろからきたママチャリを避けようとしてハンドルがふらついてベンチに衝突、お約束の転倒。ママチャリのおばちゃんは、前を走っていた仲間に「後ろの人転けたわよ」とわざわざ報告して通り過ぎていったらしい

寺家ふるさと村
あっという間に、寺家ふるさと村へ到着。横浜市青葉区の北、町田と隣接するところにある。昔ながらの田園風景を保存している一画。
131102jikafurusatomori.jpg

131102akamanmai.jpg

丘陵地の谷間に広がる土地で、田んぼの周りには池があったり、丘陵地を歩く尾根道なども整備されている。自転車なので、私たちが散策できるところは限られたが、こういう田んぼの風景を見て育った私には、まさにこころに染みる風景。あぜ道には、野あざみや赤まんまが咲いてたりして。子供の頃、よく赤まんま摘みながら歩いたなーとシミジミしてしまった。
寺屋ふるさと村周辺には案内所や駐車場もあり、そば屋さんやうなぎ屋さんやご飯が食べられるところもあり、ちょっとした観光地になっている。家族連れや、年配のご夫婦など散歩を楽しんでいる人たちも多かった。ここを何度か訪れている友人によると、稲刈り前、田んぼが黄金色になり、あぜ道に彼岸花が咲く頃がいちばん美しいらしい。その頃に、写真撮影にまた来たいな~と思った。

藤が丘~帰り道
寺屋ふるさと村からいちばん近い街、藤が丘で昼ご飯。タイ料理系の「アジアンビストロDai」。価格がお手頃、美味しく、お店の方も気さく、ステキなお店だった。デザートまでがっつり食べて、ゆっくり休む。
あとは来た道を帰るだけ。途中、ぽつぽつ雨が降り出したので、休みをあまりとらず、時速22-25キロと私にはちょっとハイペースで走ったので、終盤バテてきた。そして最後、町田からH王子に行くには必ず長い坂道がまっている。途中で足に力が入らなくなり、ついに自転車を降りて歩いてしまう…orz。
帰り道は2時間もかからずに到着。マンションに到着した時、友人たちはあと数十キロは余裕的な顔だったが、私はくたくた、足は生まれたての子鹿のようにカクカク(笑)。でも、久しぶりのサイクリングは楽しく、また乗りたい!という気持ちが復活。あまり無理もなく、こころの風景を満喫したり、自転車話をしたり、良いサイクリングだったな。

本格的に寒くなる前に、もう1回ぐらい一人でどこか行こうかしらん。

Next »