Home > 7月, 2013

単焦点レンズの魅力

またカメラネタかいっ!とお思いの方、ええ、またカメラネタです(爆)。今回で一区切りなので、もうちょっとお付き合いくださいませ。

急に蓮を撮影してみたくなる。蓮を撮るには望遠がないと話にならん…。キヤノンの望遠は持っていない。で、例のNikon-EOSマウントアダプターを引っ張りだし(2012年10月2日Nikon-EOSマウントアダプターという手があったか!参照)、ニコンの望遠レンズで撮影することに。選んだのは、
AiNikkor 180mm ED F2.8
銀塩カメラ時代、マニュアルフォーカスの古いレンズ。単焦点。
以前、このマウントアダプターを使ってAiNikkor35mmF1.4で撮影した時、やっぱり古いレンズだと写りもレトロだな、でもこのレトロ感は好きだし、味わいのあるオールドレンズとして使おうと思ったのだった(2012年10月24日Nikon-EOSマウントアダプター使ってみた参照)。180mmF2.8も良いレンズなのは分かっているけど、最新のデジタルカメラ用レンズに比べるとどうなんだろうと。期待半分、不安半分で使ってみた。

結果は。

130724lotus1.jpg

130724lotus2.jpg

うおー綺麗shineだー。古くさくもない。うろ覚えだけど、上がF4、下がF5.6ぐらい、シャッタースピードは不明(汗)、EV-1/3ぐらい、一脚を使用。下の写真はもっと絞った方が良かった…orz。
ニコンの画はメリハリがある。レンズの褒め言葉で、よく「ヌケが良い」という表現が使われる。今まで、その意味がピンとこなかったが、こういうレンズを「ヌケガ良い」って言うのかなぁと何となく思った。透明感があり、花びらや葉っぱの縁などが一段とスッキリとしてキレが良い、階調が豊かな感じ。やっぱり、これはレンズ構成枚数が少ない単焦点、EDレンズ(特殊低分散ガラス)の効果なのかなぁ。
このAiNikkor180mm ED F2.8も、画質的にはフルサイズのレンズとして十分に使えると思う。ただマニュアルフォーカスという不便さがあり、ちょっとでもピント合わせがシビアな場面になると、特に望遠のような手ぶれしやすいレンズは三脚固定、ライブビューで画像を拡大してピント合わせをしないといけない。機動力に欠けるのが難点。

標準ズームの次は、望遠ズームのEF70-200mm F4Lを買おうと思っていた。前回もちょっと書いたけど、このレンズはとても評価が高い。発売日は2006年。Yバシの店員に、ネットではそろそろリニューアルするって噂があるけど、もったいぶらずに情報よこしなさいっと迫ってみたところ、「噂はありますが、どこを直すの?っていうぐらい完成度の高いレンズなんです」と言っていた。Yバシの店員さんがそこまで言うのだから、確かに良いレンズなんだろう。
先日購入したEF24-70mm F4Lも、このズームレンズの写真だけで見ると、十分に満足できる美しさではあるんだけど、単焦点と比べてしまうとやっぱり単焦点の方が美しいような気がする。
ズームレンズは単焦点に比べてやや画質は落ちるとはいえ、満足できる画質のレンズもあるし、機動性があってコスパも良い。望遠・広角もズームレンズで揃えるか。それとも、画質重視で、お金がかかっても、持ち歩きに不便でも、単焦点レンズで揃えていくのか。次のレンズ選びも悶々としそうである…。

AiNkkor 180mm ED F2.8で撮影した他の写真はこちらにUPしてます。

蓮~府中市郷土の森公園
蓮~府中市郷土の森公園 by (C)shimi

Canon EF24-70mm F4Lで撮影した蓮の写真もこちらにUPしてます>深大寺散歩。

深大寺散歩
深大寺散歩 by (C)shimi

EF24-70mm F4L IS USM使ってみた

new レンズEF24-70 F4Lを使ってみたぜ。

camera 標準ズーム
休日の朝、めったにしない早起きをして(汗)、東大和南公園へ。多摩モノレール、玉川上水駅から歩いて2分。公園の一画に旧日立航空機立川工場変電所が空襲を受けた時のままの姿で残されている。

1枚目に撮った写真が上の写真。雲がおもしろかったので、建物と一緒に撮影。雲の白からグレーの微妙なグラデーション、滑らかさ、1枚目で今までのレンズとは明らかに違うと実感。一方で、コンクリートや金属はシャッキーンとしてシャープ。それぞれの質感がよくでている。
レンズだけじゃなくて、フルサイズというカメラの性能もあるけど、フィルムカメラも含めてこれまで使ってきたカメラ・レンズのなかでは最も解像感が良い。全体的にはシャープで硬質的な印象。でも微妙な色合い、グラデーションが綺麗、質感などまで表現してくれる。気のせいかもしれないが、広角のゆがみも小さいような気がする。  

130718hendensyo.jpg

(24mm F8 1/250 EV+1.0 ISO200)
雲の階調をきれいに出そうとすると、どうしても黒つぶれが出てしまう…orz。明るく補正すると不自然になるので、現像ソフトでもあまり手を加えなかった。実際に見た目は暗かったんだから、いーじゃん(←開き直り

130718hendensyo2.jpg

(70mm F7.1 1/100 EV-2/3 ISO00)
*私のモニターはプリンターとの色調整上、輝度と赤を抑え、色温度を高めに設定しているので、モニターによっては赤がギラギラするかも。

camera マクロ
もっと驚いたのは、マクロ。近所のあじさいを撮影。
これは、いったいだれが撮ったのかしら?
と一瞬、思ったほど。だって、今までこんなにキレが良く、鮮やかな写真撮ったことなかったもの。絞ると花の奥までピントがきて、高精細、シャープな写真。解放近くだと、ピントの合うところはシャープだけど、花の後ろの方からボケて優しい印象に。花びらの色の濃淡も繊細で美しい。2枚とも手持ち撮影。慎重に撮影すれば手持ちでもいけそうだけど、できるなら一脚か三脚があった方がいいかも。 マクロは噂通り本格的。これだけ綺麗に撮影できるなら十分に満足。
後日、花びらにいたコガネムシをマクロで撮影したら、足の毛1本1本まで描写されていてちょっと気持ち悪いくらいだったわ…。
 

130718ajisai1.jpg

(マクロ73mm F5.6 1/60 EV-1/3 ISO400)

130718ajisai2.jpg

(マクロ73mm F4.5 1/60 EV-1/3 ISO100)

次は望遠ズームを考えていたけど、またまた悶々とさせるような事が…。次回はその話。

 

フォト蔵のアルバムに他にも写真upしてます↓。大きい写真で見ることができます。よかったらどうぞー。フォト蔵、たまに重いですーsweat01

旧日立航空機立川工場変電所 東大和南公園
旧日立航空機立川工場変電所 東大和南公園 by (C)shimi

あじさい
あじさい by (C)shimi

レンズをめぐる悶々 本編

Canon5DMarkⅡのボディを購入して1年。以来、お菓子の缶にちまちま500玉貯金までして(笑)、やっとレンズを買った。1本目のレンズは、
EF24-70mm F4L IS USM
2012年末に発売されたばかり。1本目のレンズを何にするかずっーと悶々していたが、これが発売されて気持ちが動いた。
あ、レンズとは関係ない話だけど、ストラップも替えましたの。あの「Canon 5D MarkⅡ」とロゴが入ったのはチョット恥ずかしいので。たまにふらっと立ち寄る自転車屋の若旦那からオススメされたんだけど、なかなかおしゃれで、使いやすい>NINJA STRAP

130716ef24-70f4.jpg

昨年ボディを買った時、レンズは次の二つの選択肢を考えていた。moneybag予算は20万円。
①EF 24-70mm F2.8L Ⅱ USM
②EF 14-40mm F4L USM + EF70-200mm F4L IS USM 
しかし、いずれにしても、これだ!とは踏み込めず、躊躇していた。

①は、標準ズームでは最高レベル。ちょうど私がボディを買った頃と同じ時期の12年9月に発売され、フルサイズを活かすなら、このぐらいのレンズはつけたいと思った。仕様を見ても、雑誌やレビューでも、解像力が高くて、絞り解放でもシャープ。単焦点より画質が良いという評判だった。
じゃ、何を迷ってるのってなことになるけど。値段が高い(参考価格24万1500円、市価20万弱)。重い(805グラム)。そしてIS(手ぶれ補正)がない。以前使っていたNikonD70のレンズであれば、70mmまでなら手ぶれ補正がなくても気にしないけど、高画素・高い解像度になるほど手ぶれに敏感になるので、ちょっとした手ぶれでも目立つのでは?という懸念があった。つまり、このレンズは、つねに三脚を使って、風景などをじっくーーーりと撮影する人向き。気軽に持ち出して、手持ち撮影もしたいと思っている私には、画質やF2.8という表現力に魅力は感じても、ホントに使いこなせんのかよ…と迷ってしまう。

②の広角と望遠の組み合わせも面白そうと思った。こういう超広角や望遠の写真は、レンズ交換のカメラでしか撮れないし、一眼レフを堪能するという意味ではいいかもと考えたのだった。実際、標準ズームを使っていても、50mm前後で撮ることはあまりなくて、広角、中望遠で使うことが多い。
しかし、「神レンズ」shineの異名をとるほど定評がある望遠ズームEF70-200mm F4Lはともかく、広角の14-40mm F4Lは発売が10年前と古く、MTFもイマイチ。できるなら新しい設計のレンズが買いたいじょ。となると、今のところ予算で買える手頃な広角ズームがなく、広角は標準ズームを買ってから単焦点超広角とか、フィッシュアイとかを買うという別な選択をした方がよさそうだという結論に落ち着く。キヤノン、広角レンズがちと弱いか…。

と、悶々していたところに、EF24-70mm F4L IS USMが発売される。キヤノンHPで見た瞬間、あ、コレいいかもと思った。価格が手ごろ(参考価格16万1700円、市価12-13万くらい)、重さも600グラム。ISあり。MTFを見ると画質も良さそう。技術はよくわかんないが(汗)、24-70でF4 ってことは、そんなに無理な設計はしてないのだろう。もうひとつ魅力だったのは、マクロ切り替えができること。カメラを持ち歩いていて、マクロ使いたいなという場面は結構ある。レンズ交換せずに、簡単に切り替えられるなら、これは便利。マクロ切り替え時の最短撮影距離は0.2m、最大撮影倍率は0.7倍。寄れるし、最大撮影倍率もまずまず。IS付きなので、手持ちでも気軽にマクロ撮影が楽しめる。いいぢゃーんup。あと気になるのは画質。おまけ的なマクロ機能で、こんなの使えねぇーというんじゃ困る。
カメラにくわしい店員がわんさかいるYバシに行った時、マクロでの画質について聞いてみると、決してオマケではなくて本格的マクロ撮影ができ、マクロレンズとしてこれを買う人もいるぐらい評判が良いと言う。この一言で決まった
このレンズくださいっ!
ネットで買えばちょっと安いか?と思ったが、Yバシで説明してくれたお兄さんに敬意を払ってその場で購入。13万数千円、ポイント分を引くと実質的には12万4~5千円といったところ。 レンズ資金が残ったので、これにまた少し資金を積み立てて、次は噂の神レンズを買おうかなと検討中。

実際に使ってみた感想は次の回で。大したレポートじゃないのに、引いちゃってゴメンナサイ。いやもったいぶってるわけじゃないんだけど。書くのが遅いのよ、仕事もBlogも

Next »