Home > 6月, 2013

モーリアック「テレーズ・デスケルウ」映画化

数日前、フランス映画祭のHP(毎年この時期にユニフランス・フィルム主催で開催され、日本未公開のフランス映画が上映される)で、今年の上映作品を眺めていたら、おっこれは!と思う映画があった。残念ながら、上映は終了していたが。
監督;クロード・ミレール 主演;オドレイ・トトゥ 
『テレーズ・デスケルウ』 

モーリアック『テレーズ・デスケルウ』(1927年刊行)は、映画化してほしいなーと思っていた小説だった。当HP・Lumiereの「About」コーナーの片隅に「映画好きへの100の質問」というのをひっそりUPしていて、2007年に更新したっきり、放置したままなんですが。その質問54番「映画化してほしい本やマンガは?」に対して、「モーリアック『テレーズ・デスケルウ』をベルイマン監督で」と答えているんですねー。今、質問されても、同じように答えると思う。ベルイマン監督は亡くなってしまったけど。
でも、まさかねぇ、本当に映画化されていたとは。。。

外国純文学なんて数えるほどしか読んでいない私が、『テレーズ・デスケルウ』だけは繰り返し読んだ。何にそこまで惹かれたかというと、主人公テレーズの孤独である。
テレーズは、聡明で、文学や神を論じることが好きで、財産の管理にも関心があり、自立心の強い娘だった。資産家の彼女は、周囲のすすめられるままに、やはり資産家のベルナールと結婚する。しかしベルナールは、新婚旅行先の美術館で、「絵の番号と案内書の番号があってるかどうかばかり気にして、短時間で見るべきものは見たと満足する」ような男。「家」という黴びくさく、ちっこい城の主であることに満足し、古い価値観のなかに安住している。この封建的な「家」という檻のなかで、テレーズは「自分」が押し殺されることに耐えられず、夫の毒殺を計ってしまう。「家」の体面を重んじる夫の偽証によってテレーズは免訴になるが、幽閉生活とそれまで以上の服従を強いられる。罪を犯すほどの彼女の決意も、「家」の前にあっけなく屈服させられ、夫や姑、実父さえも「家」の体面を守るため、くさいものにふたをすることに腐心し、彼女がなぜそこに至ってしまったか、心情をこれっぽちも考えようともしない。究極の行動を起こしても何もだれも変えられなかった、絶望と孤独のなかに沈められるテレーズに引きつけられてしまう。
この小説が書かれてから、86年経つけど、テレーズの孤独は続いているし、今でも分からない男もいるだろう、なぜテレーズが夫を殺そうとしたか。そう言えば、ウチの母がよく言ってましたっけ、自分に、そして娘の私にも言い聞かせるように。「女三界に家なし」。

映画化を願いながら、一方で、これを脚本、映像にするのは難しいだろうなぁとも思っていた。テレーズが、なぜそんなことをしたのか、自分の過去と内面を見つめなおすとき、まるで彼女の手に引かれて、女の孤独の深みへと一歩一歩下りていくようなのである。彼女の動機は一言では言い表せない。「あたしが苦しんできた名状しがたい心の領域」であり、根っこが複雑に絡み合うように語られる彼女の内面が、台詞と映像で表現できるのかなぁ…と。
監督はクロード・ミレール。過去に見たのは『小さな泥棒』1985年だけだが、DVD持ってるぐらい好きな映画。期待はできそう。フランス映画祭の作品紹介ページによると、監督は昨年の4月に亡くなっており、本作が遺作。一つだけ、映画を観ていないのにしっくりきたのは、主演のオドレイ・トトゥ。小説では、テレーズは「美しくはないが、魅力そのもののような」女と表現されていて、オドレイ・トトゥってまさにそんな女優だわと思った。日本で公開されるのなら、ぜひ見に行きたい。

 

いなば タイカレーの缶詰

いなばのタイカレーの缶詰。食べるラー油、塩麹につづくブームになりそうなぐらい人気急上昇中らしい。しかもお値段、たったの100円sign01ですってよ、奥さん。

TV番組で缶詰ベスト50をやっていて、高級缶詰が次々に紹介されるなか、このタイカレーは安いのにおいしそうなぁと見ていた。スーパーで見つけ、試しにグリーンカレーを1缶買ってみたのだが、これが100円という価格の割には、本格的でなかなか美味しい。もっと買っておこうと思ったら、次の日には売り切れていた…orz。ネットで調べてみると、今、大人気で、品薄らしい。以来、近所のスーパー、遠くのスーパー、缶詰がありそうな店を見れば必ずチェックし、つ・い・にっ!グリーンツナカレーレッドツナカレーイエローチキンカレーの三つの味をそろえることに成功。


130611inaba.jpg今日は旦那がいないから、豪勢に盛りで食べてみましたの。レンジで温めて、炊きたてご飯に惜しげもなくかけてやったわ。
 ( ゚∀゚ )ふぉーほっほっ。

グリーンツナ  タイカレーらしいココナッツミルクとハーブが混じったような香り。香りはいちばん強い。サラサラとしたカレー。最初にココナッツの甘さがきて、後からじわっと辛さがくる。具は、大きいツナがごろごろ、パブリカ?。タイ料理に欠かせない香辛料コブミカンの葉っぱも入っていた。グリーンカレーにしては、辛さがちょっと物足りないか(←辛いカレー好き)。

レッドツナ  見た目は辛そうだけど、3種類のなかで最も甘口。トロリとして、ミルキーで濃厚なコク。ご飯もいいけど、パン(ナン)にも合うし、パスタソースとしてもいけそう。具はグリーンカレーと同じ。辛いものが苦手な人は、まずこれから試してみては?

イエローチキン いちばん辛い。グリーンカレーの後からじわっとくる辛さではなくて、口にはいるとすぐにピリッとくる。ちょっと塩辛い。タイカレーというよりは、インドカレーに近いクミンの香り。具はチキンとパブリカ?。ツナカレーに比べると、チキンが2,3切れしか入っておらず、ちょっとさみしいぽ。

もちろん専門店の味というわけにはいかないけど、レトルトや缶詰を食べているという感じがあまりしない。同じ価格の安物レトルトカレーより、いなばのタイカレーの方がずっと美味しく、満足度が高い。おすすめです~。

 

私のトラウマ映画『禁じられた遊び』

最近読んで面白かった映画本。
町山智浩『トラウマ映画館』2011年,集英社
映画評論家の町山氏が、思春期の頃に観た忘れたくても忘れない、心にグサグサ突き刺さった映画25本を紹介。現在では上映もソフト化も難しいだろうと思われる問題映画もある。このうち私が観たのは4本、しかも大人になってから。この4本だけでも、いやーこれ10代の頃に観たら、これからの人生に希望持てなくなりそうと思うぐらい、人間の心の闇や不条理で満ち満ちている。

私のトラウマ映画は、
ルネ・クレマン『禁じられた遊び』(1952年,フランス)
かなぁ…と思う。トラウマであり、今考えると、この映画に映画好きになる種を蒔かれたような気もする。

130604asobi.jpg言わずと知れた名作。死がよく分からず、お墓づくりを死の寂しさを埋める"遊び”にしてしまう無邪気な子供たちと、いがみ合い、戦争で殺しあいをする大人のエゴが対比しつつ描かれる。
私が、この映画をテレビ放映で観たのは10才ぐらい。内容は深く理解できなかった。ただ単純脳の子供から見ると(汗)、ホラー映画にも負けず劣らず、始終不安でざわざわする映画だったのである。
冒頭からいきなり機銃掃射で両親の背中が打ち抜かれ、4-5才ぐらい?の女の子ポレットがひとり取り残される。あんなにもあっけない、残酷な殺戮シーンを目にしたのもはじめてなら、子供には、親の死→子供はどうなるの?と瞬時に本能的に結びつき、不安におそわれる。ミシェル少年一家に面倒を見てもらえることになり、ほっとしたのもつかの間、今度は十字架泥棒なんてはじめるし、どんどんエスカレートしていくし、まるで自分が取り返しのつかない悪さをしてしまったような気持ちになり、やがてこの子供たちに襲いかかるだろう大人の怒りを想像してビクビクした。
そしてトラウマ映画になった決定的シーン。映画史に残る名ラスト。十字架のことが明るみになり、ポレットはミシェル一家と別れ、孤児院に送られることになる。修道女に大きな駅に連れて行かれ、首から「ポレット・ドレ」という名札をかけられて、ちょっと待っててねと一人にされる。その時、人混みのなかから「ミシェル」と声が聞こえ、ポレットは「ミシェール、ミシェール、ミシェール」と泣きながら人混みのなかに消えていく。
私は、一緒に観ていた父親に「この映画の続きはいつやるの?」と質問をした(←自分でもアホだと思うわ)。父は「続きはない。こういう終わり方もある」とあっさりと答えた。
えええっーーーだってポレットはどうなっちゃうの?
その日から、しばらくポレットがどうなったか気になって仕方がなかった。ミシェルの家に帰れたにちがいない、いや修道女がポレットを探し出してくれた、もしかしたら…!、悪い人にさらわれたのかも…いろいろと考えても、結局、誰もポレットの行く末は分からない。かわいそうな女の子は必ず幸せになれるお話ばかりを読んできて、またそれを信じて疑わなかった私だったが、そうならないこともあるんだ…とはじめて知った。

イエペスが演奏するテーマ曲はあまりにも有名で、その後も数えきれないぐらい耳にしたけど、今でもこの曲を聴くたびに、あのラストシーンとともにポレットはどうなったんだろうな…と、映画をはじめて見た時のざわざわした気持ちがよみがえってくる。『ジョーズ』を見た時は海では泳がないと本気で思ったし、『キャリー』の血なまぐさいシーンや『エクソシスト』の少女の豹変がいつまでも頭から離れなかったり、後を引いた映画は結構あるけど、その時の気持ちまで思い出すのは、この映画だけ。

ポレットを演じたブリジット・フォッセー。しばらく映画界から離れるけど、20才に女優に復帰。ジャン・エルマン『さらば友よ』(1968)、トリュフォー『恋愛日記』(1977)、クロード・ビノトー『ラ・ブーム』(1980)などに出演。有名な話だが、『ニューシネマパラダイス』(完全版,1989)に、トトの昔の恋人エレナ役としてちょこっと出演。よく見ると、ちょっとたれた眼、口角がきゅっと上がったかわいらしい口元、ポレットのあどけない面影が残っている。

Next »