Home > 4月, 2013

「ソフィーの選択」ついにBlueRay?

アラン・J・パクラ『ソフィーの選択』(1982年)
くっだらない映画がすぐにDVD化されるのに、なぜこの名作がDVD化されない?と思っていたが、 やっとブルーレイで発売されるとの情報をつかむ。4月19日発売予定だったが、延期になったらしい。ともあれ、長年待っていただけにうれしい。
ホロコーストをテーマにした名作はいくつかあるが、ホロコーストを生き延びた者の戦後を描いた映画はほかに知らない。強制収容所から解放されても、その経験からは一生解放されない。ソフィーの人生は収容所でも戦後も、選択したのではなく、選択せざるをえなかったのだ。メリル・ストリープの代表作。

ついでに、もうひとつブルーレイ販売情報。
エルマンノ・オルミ『木靴の樹』(1979年
これも6月にブルーレイ発売。19世紀末、イタリア寒村の小作人家族の慎ましい生活が淡々と描かれる。地主制という封建的関係に、父親が見せた最後の抵抗と悲しい結末。怒りとやるせなさがこみ上げた。
実はDVDを持っているのだが、ちょっと残念な画質。この映画は照明をいっさい使わず、自然光と、蝋燭の光だけで撮影されており、画面が暗い。それによって19世紀末の農民たちの生活がリアルに映し出されるのだが、DVDでは暗いシーンでのノイズ?(色の階調がきれいに出ず、ブロック状になる)が気になっていた。蝋燭に浮かび上がる繊細な映像を期待して、ポチッと予約。

いいねーいいねー。映画熱、復活してきたよup

これソフト化されないかなぁとか、DVD再販売されないかなぁと願っていた映画は、だいたい願いがかなった。が、まだ全部じゃないぜ。私も、後悔しないように、欲しい作品のDVDやブルーレイは無理をしてでも買うようにしているが、やっぱり情報を見落とし、気づいた時には、ふざけんなっbombていうプレミア価格になってしまっていることもある。次は、エルマンノ・オルミ『聖なる酔っ払いの伝説』(1990年)、 タヴィアーニ兄弟『グッドモーニング・バビロン』(1987年)のDVD再販売かブルーレイ化をよろしくっ! (って誰にいってるんだか
 

映画のHPだが…

数日前、久しぶりにアクセス解析をしてみた。私のHPのページごとに1日何件のアクセスがあったかとか、どの時間帯のアクセスが多いかとか、来た人がどんなブラウザやOSを使っているのかなど分かる。これはWebページを作る側には、とても参考になる。どんなところに興味があるのかなとか、更新した日はアクセスが多いな…とか、私はwindows7、IE9だけど、macやsafari、firefox、netscapeで見てるひともかなり多いから、別のOSやブラウザの人でも見られるように作らないとなとか。

で、アクセス解析で、いつも私が一番興味津々でみるのが「検索語句」。どんな検索語句で私のHPにたどり着いたか。2月、3月の検索語句1位はダントツで「ヤマザキ ゴールドソフト」(114件)、2位「リキュールボンボン」(41件)。次におやつ関連(北の菓子職人、ホットク、カヌレ、艶干し金玉など)、パン作り(レーズン酵母、黒パンなど)の語句が、5~15件くらいでドングリの背比べのように並ぶ。ゴールドソフトやリキュールボンボンは、関心ある人が多い割に、ネット上では情報が少ないのかもしれない。私の記事が、少しでも、見知らぬだれかのお役に立てているかもしれないと思うと、うれしい。しかし、問題が。

映画関連の語句が0!。皆無!。

ま、映画関係のHPは星の数ほどあるし、有名HP・Blogもたくさんあるから、検索しても、私のHPなんてずーーーーーーっと下の方に出るし、映画関連語句ではなかなか私のHPにたどり着けないんだろうなとは思う。それにしても2ヶ月間ゼロっていうのは、どうなのよと映画の更新をサボっていたからなぁ、こういう手抜きはすぐに結果に出る。言い訳すると、私は何か一つのことが盛り上がると、ほかは熱が冷めるという性質があり、この数ヶ月はスキーやカメラの情報収集に熱中していた。今はリコーダーのデジタル録音。だが、そろそろ、映画熱を盛り上げていかないと、自分でも映画のHPだったことを忘れちまいそうだよ。
 

デジタル録音してみよう 機材編

私がリコーダーの練習をサボっている間に、なにやら師匠が新しいことをはじめていた。それはリコーダー演奏のデジタル録音。演奏をPCに取り込み、音楽編集ソフト(フリーソフトでも充分)で編集し、音声ファイルとして保存する。重ね録りや編集すれば、ひとり二重奏、三重奏だってできる。

それ、私もやってみたい!。音声ファイルにすればWeb公開もできる

いやね、師匠はともかく、私は人にお聴かせするレベルではないんだけどsweat02。Blogの「リコーダー練習帳」コーナー。文字だけでリコーダーのおもしろさを伝えるのに限界を感じており、いつの間にか放置状態に。演奏を公開して、リコーダーの音色やアンサンブルの面白さや難しさ、曲の美しさ…下手なりに伝えられないかしらんと思ったのだった。いい機会なので、私も挑戦してみることにした。

とはいえ、まったく未知の分野。録音のやり方すら分からない。師匠から得た情報、自分でもネットや本でも調べて、録音方法には二つあることが分かった。
①PCにマイクをつなぎ、音楽編集ソフトで録音する方法
②リニアPCMレコーダーで録音する方法。リニアPCMレコーダーは、音質を劣化させずに録音ができるハンディレコーダ-で、主に音楽、自然の音などの録音に使われる。CD以上の高音質で録音することも可能。
私は②のPCMレコーダーを選択。理由は機材が1つですむから。
①のマイク録音も考えたのだが、良い音質で録音するには、高価なコンデンサーマイクが必要で(ステレオ録音するなら2本)、コンデンサーマイク使うにはファンタム電源をもつミキサー、さらにミキサーとPCと接続するためのオーディオインターフェース、マイクスタンドと、そろえる機材も多く、マイクセッティングも素人にはちょっと難しそう。良いマイクを選べば、リニアPCMレコーダーの内蔵マイクより高性能で、いい音で録音できるかもしれない。しかし、ゼロからはじめる者には、リニアPCMレコーダーだと1個ですむという魅力は大きかった。さらに、ほとんどのPCMレコーダーは、マイクスタンドがなくとも、カメラ三脚にセッティングできる仕様になっており、すでに三脚を持っている私には好都合。

130407zoom1.jpgリニアPCMレコーダーも各社いろいろ出していて、価格も性能もピンキリなのだが、2-3万円ぐらいのものが多い。 選んだのは、
← ZOOM/H4n
価格は2万円弱。機能がてんこ盛りで、価格がお手頃。音質に関してもネットや楽器店での評価が高かったから。
決め手になったのは、一つは、メトロノームが内蔵されていたこと。ひとり二重奏、三重奏を録音する場合、各パートを別々に録音して、音楽編集ソフトで重ね合わせる。各パートをズレなく、ぴったり合わせるには、いくつか方法があるが、まずはメトロノームに合わせながら正確なテンポで演奏することが基本。PCMレコーダーとは別にメトロノームを用意してもいいけど、1台で足りるならその方が便利。
二つ目は、マイク端子とファンタム電源を搭載していて、オーディオインターフェイスとしても使えること。つまり、これを持っていれば、あとはコンデンサーマイクを買い足しさえすれば、①の録音方法でも録音できる。2万前後の価格帯の機種で、この機能があるのはH4nだけだった。実際に使うかどうかは分からないけど、できる範囲が広いってことは、自分演奏以外にも、いろんなシチュエーションでの録音に対応できそう。お得感

130407zoom2.jpg演奏の公開はいつになるか分からないけど、これでちょっと遊んでみようっと。右の写真は、ZOOM/H4nをカメラの三脚にセットしたところ。

 

 

 

 

 

 

 

Next »