Home > 3月, 2013

苗場で格安スキー

130321kanetsu.jpg冬の関越自動車道を走ると、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」を実感する。写真は、2月に関越トンネルを抜けた直後に、車の助手席から撮影したもの。10キロ以上はある関越トンネルを出ると、景色が白一色にガラッと変わる。

3月半ば過ぎ。1,2月は雪が多くて、今年は春までスキーが楽しめるなーと思っていたら、3月に急に暖かくなり、あわてて最後のスキーを計画する。雪質は期待しないけど、雪は多い方が良い。旦那の都合で日曜~月曜の1泊、できれば車で行くのに便利。上越地方に絞り、ネットでスキー場情報を探していたのだが、↓これを見つけた時、目を疑ったよ。

苗場プリンスホテル 平日プラン 8000円?!
リフト券1日分、朝食、500円の金券(ホテルとスキー場で利用可)、夕食20%引き券付き。

マジで?
バブル景気、スキーブームの頃の苗場プリンスの評判を知る者としてはびっくり。ゲレンデ前ホテルという利便性、高級レストランがいくつも入っていて、オシャレで都会的なリゾートホテルとして大人気。予約開始日に電話しても、なかなか予約が取れなかったという若者たちの憧れのホテル。 スキー人口の減少とともに、経営は厳しいとは聞いていたけど、それにしてもお得感ありすぎの宿泊プランである。条件にもあっていたし、即、予約を入れた。

130321naeba.jpgしかし、行ってみると、やっぱりそこは苗場。駐車場はいっぱい、3月の平日なのに人がうじゃうじゃ。かなり注意して滑らないと、子供やボーダーにぶつかりそう。オシャレな若者たちのスキー場というイメージがあったけど、小さい子供を連れた家族連れが目立っていた。
雪はザラメ状の春の雪。特に初日は晴天で、スキー場でもコートなしでいられるぐらいの春の陽気だったから、午前中からゲレンデはザクザクで凹凸だらけ。雪質は期待しないとはいっても、私のスキー史上のなかでも1,2位を争う悪雪ゲレンデだった。昨年までの私だったら、この斜面を見ただけでやる気がなくなり、早々に切り上げるところなのだが、今年の私はちょっと違ったぜ。中斜面の長いコースを何度も滑り込んだ。やっと、こういう悪雪不整地や難しい斜面にも挑戦したいと、思えるようになっきた。悪雪で滑ると、自分の悪い癖が出やすい。バランスを崩して転けそうになるたびに、今シーズンのレッスンで注意されたことが頭に浮かんできた。悪戦苦闘しながら、いろいろ復習もしつつ、今シーズンのスキーは終了。

格安プランなので、古い建物で部屋も狭かったけど、掃除は行き届いていて清潔、ホテル内のレストランも美味しかったし、温泉にも入れて、かなり満足。毎年、2月半ばごろから、この平日プランが登場するらしい。平日に行けるならオススメ。

おもしろいけどメッセージは重い。

ついさっき、Twitterで発見したBlog 「Thumbs and Ammo」

本当のタフガイに銃はいらない。必要なのはポジティブなやる気。

をテーマに、映画シーンの銃を親指に変えただけの投稿画像をひたすら載せるBlog。銃が親指goodになっただけで、とってもポジティブな人々に。思わず笑ってしまったけど。。。銃問題に対するメッセージでもあるのだろうな。
もっと、見たい方はこちらへどうぞ~>Thumbs and Ammo

 

130325thumb1.jpg

 

スキーの話まとめてUP

ご無沙汰しております<(_ _)>。
書きたい記事はいろいろあるけど、PCの買い換えと引っ越し、雑用がごちゃごちゃと重なり、更新をさぼってしまう。そんなこんなしているうちに、スキーシーズンも早くも終盤に近づく。今季のスキーをまとめると、下の通り。
(注意)サボりすぎて、何をどうまとめて良いかわからないので、とりとめない内容になっております

1.23 川場スキー場日帰り
1.28-30 猪苗代スキー場 
2.16-17 小海リエックス 
2.24-26 猪苗代スキー場

130128inawashiro.jpg(写真) 猪苗代スキー場
滑走可だけど、ほとんどだれも通らない道がある。スキー場の一番上の尾根を通る連絡通路で、林のなか、人ひとりがやっと通れるぐらいの幅。ほぼ平坦で、ところどころ上りもあるから、ストックで漕ぐか、スケーティングで行くことになる。スキーというよりはトレッキング。慣れていないと結構しんどい。こんなに猪苗代スキー場に通う私でも、この道は2回目。でも、だれーもいなくて、スキー場の音楽やざわめきも聞こず、風の音だけ。冬の森をひとりじめしているような気分。

snow今シーズンの課題 
昨年は、滑るたびに自分でも上達したなーという実感があった。今は、中斜面の整地(30度以下)をパラレルでそこそこスピードを出しながら下りるられるレベル。 しかし、今シーズン、また壁にぶつかった感じがする。
初心者滑りからカービングの特性をより生かした滑りへ変わりつつあるのだけど、初心者滑りがまだ抜けきらない。初心者の時は、体の上下動を使って板をニュートラルにする→外足(谷足)加重ということを徹底してやってきた。
しかし、スピードにのって左右の板を同調させつつ、カービングの滑りに近づくには、内足(山足)側のエッジももっと積極的に使い、上下運動ではなく体の重心移動による板の操作も必要になってくる。無駄に大きい上下動が残っていたり、あまりに谷足加重すぎると、次への動作が遅れて、内足がちゃんと使えなかったり、エッジの切り替えが左右バラバラになってしまったりする。まだロングターン、ミドルターンは意識する余裕もあるけど、素早いエッジの切り替えと重心移動が必要なショートターンでは、これができずにグダグダになってしまう。
そして不整地がまだ苦手。コブや新雪、荒れた斜面では、やっぱりシュテムターン気味で、腰がひけた滑りになってしまう。それでも、降りられるようになっただけまだマシ。昨年ぐらいだと、数回は転ばないとsweat02、下までたどり着けなかったから。こうした斜面では、整地とは違うテクニックが必要だとは分かったけど、ぜんぜん出来ていない。ということで、

課題
①美しいショートターンを目指せ。
②斜面の状態に応じて滑る技術を身につけろ。

新雪斜面をショートターンでシュシュシュっと華麗に降りる姿をお見せしたいけど…今シーズンはもう終わりだしー、来年か、その次か、いや次の次ぐらいかも…モニョモニョ。

130216koumi.jpg(写真)小海リエックス
写真・上は小海リエックスに行く途中で遭遇した仙丈ヶ岳の朝焼け。朝5時にH王子を出発して、中央高速須玉ICを出たあたりで撮影。
写真・下は、銭湯の書き割り…じゃないよ(笑)。小海リエックスからの眺め。右のきれいな形の山が浅間山?。曇りと吹雪でずっと景色が見えなかったけど、最終日の午前中に晴れ間が出た。
カメラはCanon/Power Shot s100。全写真、何にも考えないPモードで撮影。

snowスキーから学ぶ人生哲学
ちょっと大げさ?sweat01
 一昨年、昨年と続けて猪苗代でレッスンが一緒になったAさん71歳。なんと、ご縁があって、今年もまたまた一緒になったのだが、そのAさんが言っていたこと。スキーは、少しずつうまくなるというより、突然、ふっと急に上達する時がやってくる。その「ふっと上達する時」は必ずくるけど、いつ来るかはわからない。だから、つづけることが大事。うまくならないからといって、やめてはいけない。
これ、よくわかる。その「ふっと上達する時」は、私の場合、昨シーズンにやってきた。スキー板がプルーク(「ハ」の形)から、パラレルにになり、スピードも出てきて、初級から中級へと一段階上がった時である。ここまでくるの7-8年かかかった。で、また次の課題への壁にぶつかっている。。。orz
これって、スキーだけじゃなく、仕事や人生にも通じるなぁと思った。仕事でも目の前が開けるような発見、一段階上ったような変化がくることがある。でもその時はなかなか見えてこない。スキーなら、上達しないなぁ…ってぐらいだけど、仕事では、先が見えない、自分のやっていることが正しいのか、間違っているのか、結果は本当にでるのか?…悶々としながらつづけなければいけない。これは、しんどい。でも、つづけていないと、発見も変化も飛躍も一生出会えなくなる。先が見えなくても、つづけられる能力、これが本当の才能っていうものなかのもしれないな。スキーも仕事も、もうちょっとがんばってみるか…と思ったのであった。

今年は雪がいっぱーいあるから、3月にもう1回ぐらい行けるといいな。