Home > 2013

11月の映画鑑賞メモ

クエンティン・タランティーノ『ジャッキー・ブラウン』1997年,アメリカ,DVD。
天才。大して内容がないのに、ここまで面白くできるって凄い。タランティーノお約束のヴァイオレンスもなし。50万ドルを誰が手にするのか、駆け引きの面白さと人物のキャラクターだけで2時間30分を引っ張ってしまう。ショッピングモールで紙袋をすり替えるたったこれだけのシーンを緊張感いっぱいに盛り上げられる監督はそうそういないと思う。タランティーノにしては地味だけど、だからこそ純粋に彼の「映画的面白さ」に対する感覚の鋭さとか才能を感じることができる映画。パム・グリアはじめ、サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・デ・ニーロまでもが安っぽい感じなのが良いんだな~。

ゲイリー・マーシャル『恋のためらい フランキー&ジョニー』1991年,アメリカ,wowow
アル・パチーノ&ミシェル・ファイファーの『スカーフェイス』コンビ。過去のある男女のラブストーリー。ストーリー自体はベタだけど、二人の気持ちを表す演出やセリフが洒落ていてセンスが良い。都会の片隅の大衆カフェ。孤独にひとり死んでいく年老いたウェイトレス、20代で脚本家へのチャンスをつかむ若者コック、その間にいるウェイトレスのミシェル・ファイファー。このままいったら先輩ウェイトレスと同じ道、かといって、年齢的に新しい夢を追うのも難しい、30代半ばという微妙な年齢の女心がよく分かる。私も30代半ば、あーなんか人生の選択肢の幅が狭くなったなーと実感したことがあったから。まだ人生を変えられる年齢ではあるし、このままじゃダメだと分かってはいても、夢を追うにも、恋をするにもハードルが高くなってなかなか一歩が踏み出せない、その「ためらい」がリアル。
気になって監督を調べたら、前の年に『プリティ・ウーマン』を大ヒットさせてた。確かに、映画作りのセンスは同じだけど、私は『プリティ・ウーマン』より『恋のためらい』の方が断然好きだ。金にモノ言わせるリチャード・ギアより、貧乏でも、前科者でも、この人が好きだー!幸せにしたいー!と、下手すればストーカー一歩手前まで突っ走っていくアル・パチーノの方がステキだもん。『プリティ・ウーマン』の方がヒットしたのは、バブルという当時の日本の世相が大きいだろうな。今だったら、『恋のためらい』の方がヒットするような気もする。

吉田大八『桐島、部活やめるってよ』2012年,日本,wowow
最近の邦画ではBest1。監督は、ガス・ヴァン・サント『エレファント』(2003年)を参考にしたのは間違いないと思う。閉鎖的な学校社会に、自然とできあがってしまうヒエラルキーがあって、それぞれが自分の立ち位置を自覚して、秩序を乱さないように最新の注意を払いながら人間関係を築いている。でも、このヒエラルキーは学校以外では通用しないということにも一部のバカ以外はみんな気づいていて、上のヤツは不安になったり、下にいるものはコンプレックスに押しつぶされそうになりながら踏ん張ってみたり。ヒエラルキーそれぞれの階層の視点から、思春期の言いたくても誰にも言えない微妙な心のうちが繊細に表現されていく。
wowowの「W座の招待状」という番組枠だった。映画の後に二人の案内人(放送作家とイラストレーター)のトークがあるんだけど、いっつも的外れなんだよなぁ。今回に限らず。もしこの高校生たちのピリピリした感覚が分からないと言うなら、それはそれで幸せな学生時代だったんだろうし、ある意味うらやましいわ。

ジョン・アーマン『ステラ』1990年,アメリカ,wowow
長年見たいなと思っていたけど、DVDが十年以上前に出て廃盤になってしまっていた。90年代の名作。娘が幸せになりかける→親の品のなさや教養のなさが周囲から誤解を受けて、娘が辛い思いをするという同じようなエピソードの繰り返しでクドさを感じながら見ていたけど、でも最後、だからこそステラにはあの選択以外はなかったことがぐっと真に迫ってきて、親って辛いなぁと涙が出そうになった。子供の幸せ=親の自己犠牲度なのかもしれない。ステラのような貧困家庭ならなおさら。この映画が公開された頃、80年代末~90年代初頭はアメリカで所得格差が先鋭化した時代でもあった。アメリカンドリームの国といわれてるけど、厳然とした階級社会であって、上層の底辺層への偏見、底辺から向け出すことの難しさも感じた。

真っ赤だな~♪

私の苦手な被写体のひとつは赤いもの。
一般的にデジカメは赤や紫が見た目通りに撮りにくいと言われている。彩度が高いので色飽和しやすく、また赤は黄色みがかって朱色っぽく、紫は青っぽくなりやすい。カメラによる違い、撮影条件にもよると思うけど。

131128nikond70red.jpg←左は、前に使っていたNikonD70で撮影したもの。jpeg撮影、補正なし。
あまり考えないで撮っていたこともあるが(汗)、どうやっても赤が鮮やかすぎて、階調が綺麗に出ず、サインペンで塗ったくったようにペターっとしてしまうのが悩みだった。左の写真なんて造花みたい。

先週末、紅葉を撮影してみた。5DMarkⅡはNikonD70より進化しているとはいえ、赤を美しく撮影するのはやっぱり難しい。いろいろ条件を変えて撮影してみて、何となく良い感じに仕上げるコツがつかめてきた。
①露出は自分がちょうど良いと感じるところより、ちょい暗め。
②ピクチャースタイルは「スタンダード」。どのデジカメも画像処理スタイルを選べるようになっていると思う。私は風景と花を撮る時は、色が鮮やかでシャープな仕上がりになる「風景」スタイルを選択していたが、これを標準的な「スタンダード」へ。
③赤は光の当たり方で色の写り方がガラッと変わってしまうので、WBはマメに調整。

下にUPしたのは、そこそこまともかなと思う写真。使ったレンズは EF24-70mmF4L。
上の椿の写真に比べればマシだけど、まだ赤がギラギラしてるなぁ。かといって、さらに暗めにすると、赤がくすんじゃうし。だれか~赤を上手に撮る方法を伝授してください

131128momiji3.JPG53mm F4.5 1/160 EV+4/3 ISO160 WBオート

 

131128momiji1a.JPG28mm F7.1 1/30 EV+1/3 ISO100 WBオート

 

131128momiji2.JPG31mm F11.0 1/30 EV+1/3 ISO100 WB日陰

 

レンズをめぐる悶々 3本目編

最近の話題 SONY α7&α7R

レンズの前に、最近の話題をちょっと。
先月、ついに出たよ、SONYからミラーレス一眼のフルサイズが。α7、α7Rの2機種。α7は2430万画素、α7Rは3640万画素でローパスレス(ニコンD800Eと同じCMOSセンサー使用)。SONYストアでのボディ価格はα7は14万9800円、α7Rは21万9800円、カールツァイスの標準ズーム24-70mmF4で11万9800円。コピーが「誰も作らなかったカメラ」だって。本当は「誰も作れなかった」と言いたかったんじゃないかなぁ、自信を感じさせます。
早速ネットでは、α7R、ニコンD800E、キヤノン5DMarkⅢの比較画像なんかがUPされている。こういう一面的な画質比較で云々いう評価には疑問もあるが…。とりあえず小さい、軽い、同じクラスの一眼レフに比べれば安いのは事実なわけで。一眼レフ派の私も、α7&α7Rの発売にはミラーレス一眼時代の到来を突きつけられた感じがする。他メーカーがこの流れに次にどう出てくるのかが気になるところ。

さて本題へ。3本目のレンズはシンデレラ~boutique

悶々するどころか、勢いdashだけで買ってしまったわ。だって価格が9000円!
EF50mm F1.8 Ⅱ  
131116_50f1.8.jpgレンズ性能は価格に比例する、と思ってた。でも、世の中には
シンデレラレンズ
と呼ばれるレンズがあるってことを知る。一言で言うと、安いけど良い働きをするレンズ。みすぼらしいと思ってたら、本当は美しい娘だったみたいなイメージ?。または撒き餌レンズと言う人も。こんなに安くてこれだけ撮れるなら、他のレンズも買ってみよう!と思わせるってことかしら。キヤノンのこのEF50mmF1.8Ⅱは、シンデレラレンズの代表格だというので、私も餌に食いついてみました(笑)。

撮ってみた~boutique

レンズの重さは130グラム。軽っ!。散歩がてら近所の公園で撮影してみる。重いレンズだと、散歩にカメラを持ち出すのが億劫になることもあるけど、これならぜんぜん苦にならない。当たり前だけど、解像度、階調の滑らかさ、表現の繊細さなどの点では、やっぱり最初に買った標準ズームEF24-70mm F4L IS USM の方が良いと思う。でも、
9000円でこれだけ綺麗に撮れたら感動もの
どこかのBlogで絞ると良いと書いてあったけど、確かにF2.8からスキッとしてきて、F4-5.6ぐらいからシャープで締まりのある写真に。F2.0以下は、被写界深度が浅いせいもあるけど、コントラストもちょっと甘くて締まりがない。これはあくまで個人的な感想。

131117momiji2.JPG

F5.6 1/80 EV-2/3 ISO400

 

131117momiji3.JPG

F4.0 1/80 EV+4/3 ISO100

 

131117rindou.JPG

F2.8 1/80 EV-2/3 ISO100

気になることもあるけど、価格が価格だし、まぁいいんじゃないの~と思える程度。
131117akaimi.jpg一つは、多くのサイトでも指摘されているけど、右写真のようにボケが円ではなくて五角形。写真はF4,1/40,EV-2/3,ISO400。解放にすると円に近づいてはいくんだけど…。 五角形のボケが入ると雑然としてしまう。背景を少なめにするとか、五角形のボケが生きるような写真にするとか…工夫がいるかも。
もう一つは、オートフォーカスが鈍い。標準ズームと魚眼レンズにはUSM(ウルトラソニック=超音波モーター)が使われており、オートフォーカスが早い、静か、高精度。当然、9000円のシンデレラは、そんな高価なガラス靴は履いていない。ちょっと暗かったり、木の枝とかで対象物の周辺がコチャコチャしてると、悩んで悩んで、いつまでもピントを合わせてくれない…orz。花や風景やポートレートならマニュアルで合わせればいい話だけど。動きの速い被写体を撮るのは難しいと思われ。

散歩レンズとしては十分に満足。でも、このレンズはポートレートを撮ると味があって良いと言われている。私もポートレート撮ってみたいのだが、モデルになってくれる人がいないのでいまだ試せず…。私に写真を撮られてもよくて、このBlogで顔をさらしてもいい人がいたら、連絡ください(爆)。

 

(おまけ 気になるモフモフ)

131117mohumohu.jpg公園で、気になるものを発見。よもぎの葉っぱの裏にびっしりとついている球状のモフモフ。菌類かな~?、虫のたまごかな~?。なんだろう?。

Next »