Home > 12月, 2012

12月の映画鑑賞メモ

2012年も終わり。今年観た映画は30本程度。少ないけど、振り返ると良い作品がたくさんある。来年も良い映画に出会えますように。

山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壷』(1935年,日本,NHKBS)
山中貞雄は28才で戦死。完全な形で残されたフィルムは3本だけ。そのうちの1本。とても80年前の映画とは思えないなぁ。百万両の壷の争奪戦なんだけど、何かのんびり~。百万両より、昼間から可愛いお姉ちゃん目当てに矢場で遊んで、金魚釣りに行く生活もいいじゃないの、という価値観が好き。登場人物それぞれの人間味、人情をにじみ出すようなセリフや演出が上手い。丹下左膳や矢場の女将はぶっきらぼうで喧嘩ばかりしてても、その背後にある心優しさが分かるし、道場主の婿養子で奥さんの尻にしかれてる遊び人、源三郎も良い味を出している。カット割りや画づくりも肝心なところを見せずに想像させる。今でこそよくある手法だけど、その使い方のセンスは素晴らしいと思う。

ルイス・ブニュエル『哀しみのトリスターナ』(1970,イタリア・スペイン,DVD)
男はこの映画を見て女って怖ぇーって思うのかしら。私は自業自得だと思うけどね。トリスターナの若さ、美しさ、純真さ、優しさ、将来の夢や幸福の可能性、すべてを奪ったのはドン・ロペ本人だもの。年老いて、彼女の前に跪いてところで、彼女の心優しさはもう戻らない。彼が友人と歓談している時、トリスターナが松葉杖で廊下を何往復もするシーン。松葉杖の単調な音の繰り返し、トリスターナの無表情…ひたすら彼の死だけを待っている人生のようで、哀しくなる。主演カトリーヌドヌーブの、純粋な少女から、悪女への変身ぶりは凄い。

グラン・クリュ&リンデ シュトレン

 昨年、12月頃に~シュトレン祭り~と称して、いろんなお店のシュトレンを食べ比べていた(おやつの時間「紀ノ国屋 シュトレン」2011年12月27日参照)。シュトレンって一口に言っても、店によってだいぶ違いがあるから、好みのシュトレンを探すのもなかなか楽しい。今年も懲りずにやっちまいました>シュトレン祭り。

xmasグラン・クリュ
とうとう清水の舞台から飛び降りましたdown

121225granstollen.jpgグラン・クリュ
シュトレン(約1400グラム)

5250円

グラン・クリュは、私が住むH王子のお隣り、多摩市民がこよなく愛する洋菓子屋。ケーキの水準はかなり高く、純生ロールケーキが大人気。
昨年もここのシュトレンは気になっていたけど、5000円超えという高ーーーい壁に阻まれ、買えなかった。

5000円かぁ…今年も店の前を通る度に足を止めては悩み、22日の夕方にやっと決心して店に飛び込んだら、商品はほとんど売り切れ状態。店内のケース、棚という棚はガラーン…orz。そりゃそうか、この時期だもんね。ダメもとで「シュトレンありますか?」とたずねると、2個だけ残っていた!。パッケージがクリスマスらしくて素敵ribbon。長さ30センチ、幅12-3センチ、重さは1436グラム。ずっしり重い。
見るからに手間ひまかけて作られているのが分かるし、とても美味しい。でもこれはシュトレンというより、贅沢なフルーツケーキかなぁ。シュトレンはイーストで膨らませるので、パン生地っぽいややパサッとした独特の食感があるけど、これはそういうイースト菓子っぽさがあまりない。生地は目が詰まってどっしりして、しっと~り、やわらかで、口のなかでほろっと崩れていく。生地はそうでもないけど、シュトレンのまわりを覆っている粉砂糖の層がかなり甘い。フルーツはオレンジ、レーズン、ドライイチジク、ドライいちご、あとは砕いたアーモンド。ラム酒とバニラの甘~い香り。
今まで私が食べてきたのは、パン屋のシュトレンだった。これは、やっぱりケーキ屋さんのシュトレンだなと思う。パン屋のシュトレンとは、別の美味しさを追求している感じ。(一緒に写ってるスノーマンは、唯一いただいたクリスマスプレゼント。ありがとん>Sちゃん。)

xmas リンデ モーン・シュトレン
121225lindestollen.jpg日本ではめずらしいモーンシュトレン。ケシの実のペーストを渦巻き状にねりこんである。ドイツパン専門店の老舗リンデが、調布のPa●coに期間限定で出店していてたときに見つけた。私もモーンシュトレンの存在は知っていたが、実際に売られているのを見たのははじめて。リンデなら定番シュトレンも食べてみたいところだけど、ここは、モーンシュトレンを買う。

リンデ
モーンシュトレン(400グラム)  1450円

黒いところは、ケシの実と砕いたアーモンド。黒のぐるぐる渦巻きがドイツっぽい感じがする。ケシの実ペーストの味を説明するのが難しいんだけど、あんまりコレといった味はなくて、プチプチとした食感のなかに、ほんのーりと香ばしさと、甘さと、油っぽさ(軽い)が感じられる。香りはミルキーな杏仁豆腐に近い。リンデのシュトレンも、ずっしりと重いけど、ややしっとり、リッチなパン生地っぽさが残る食感。甘いドライフルーツがたっぷり入った定番シュトレンより、甘さ控えめ、あっさりとして、美味しい。ドライフルーツシュトレンは、薄く切って1、2切れで十分だけど、これはいくつでも食べられる。ラム酒も入ってないから、小さな子供や洋酒が苦手な人にもおすすめ。

今年のシュトレン祭りはいろんな意味で大・冒・険dashだったけど、新しい味にも出会えて、清水の舞台から飛び降りた甲斐もあったよ(笑)。また来年、美味しいシュトレンに出会えるといいな。

酒粕酵母研究 元種編

酒粕酵母、第2弾元種編

bread元種づくり
121218sakekasukobo2.jpg酒粕酵母液で元種を仕込む。酵母液で小麦粉を発酵させ、ここに3-4日間ぐらい小麦粉と水を掛け継ぎしていく。こうすることで酵母が徐々に増えて、発酵力が強くなる。
元種は、レーズン酵母で何度かつくったことがあり、コツも分かってるつもりだったが…。酒粕はレーズン酵母とは様子が違った。レーズンの場合、新しくて発酵力の強い元種は張りと弾力があるが、古くなって発酵力が弱くなるにつれ、ベタベタして張りもなくなってくる。しかし、酒粕酵母の元種は(↑写真)、最初からベッタベタでデロ~ンとして、やる気がまるで感じられないのだ。こいつ、ちゃんと働くのか?と不安だったが、とりあえずパンを焼いてみる。

 bread食パン&豆乳豆パン(元種法)
121218sakekasu_yamamame.jpg普段はだらっーーーっとしていても、やるときはやるじゃん!>酒粕酵母。
食パンと豆乳豆パンを焼いてみたのだが、発酵力はまずまず。室温20-21度くらい、こね上げ温度25-6度で、1次発酵時間は約8時間ぐらい。酒粕の匂いは元種の段階でほとんどない。

食パン(上)はソフトなパン。前回の前種法のあんパン(12月17日「酒粕酵母 ストレート&前種編」参照)とほぼ同じ配合、同じ小麦粉だけど、写真を見比べただけでも、だいぶ仕上がりが違うのが分かる。元種法の食パンの方がキメ細かく、しっとり、ソフトで、適度にモチモチ、旨味もしっかりある。やっぱり、数日間かけて、じっくり発酵させる元種は、旨味も出るし、粉もしっかり吸水するせいか、捏ねているときから、生地がしっとりして伸びが良い。

豆乳豆パン(下は、ソフトとハード系の中間ぐらいのパン。それでも前種法あんパンよりクラム(パンの内側)はしっとりしている。生地に豆乳を入れると、モチモチッとした強い弾力がでて、豆乳の優しい香りもして、これが大納言甘納豆とよく合うんだわ。
このパン、どっかで見たなーという方。デジャヴではなくてよ。パン生地に豆乳入れたのは思いつきだけど、それ以外、この豆パンは有名パン屋のパクリだから(堂々のパクリ宣言!)。

酒粕酵母の元種はベトベトして扱いにくいけど、混ぜて焼いてしまえば、酒粕の匂いもチーズの匂いも出ないし、発酵力、味、仕上がりもレーズン酵母とそんなに大差ないように思う。気のせいかな?という程度に、レーズンよりしっとり、淡泊かな?と思った程度。でもこれは、小麦粉の違いや発酵具合の差によるものかもしんない。

今までレーズン酵母・元種法オンリーだったけど、違う酵母、仕込み方によって、パンの味、香り、面構えがかなり変わることが分かった。これを使い分けて、パンづくりに活かせるようになれるといいんだけど。まだまだ実験不足だなsweat02
酒粕酵母の元種、まだ残ってるから、もうちょっと楽しもうっと。

Next »