Home > 11月 15th, 2012

フランス栗あんその後

おフランス産の栗ピューレを保存のために栗あんにしてみたところ、残念な仕上がりになってしまった>ただの栗あんじゃあないよ (10月30日)参照。このままだと、えぐみや苦みがあって食べにくい。そこで、友だちのsa-kiちゃんからの有力情報を得て、フランス栗あん敗者復活ミッションを敢行。いくよっ!。

121109kurian_cake.jpgcake 栗あん入り抹茶パウンドケーキ
フランス栗あんにコーヒー用生クリームをちょこっと足して、まろやかにし、これを抹茶パウンドケーキに入れてみる。
オーブンから出した時は上手に焼けたと思ったんだけど、切ってみると、あんの上に空洞がっ!。でも気にしなーい。口に入れば、おんなじー
バター少なめのレシピで作ったのは正解だった。抹茶にはあんまり濃厚な生地は合わないような気がする。このぐらいあっさりしてた方が美味しい。抹茶ぐらい風味がしっかりしていると、フランス栗あんのえぐみもうまく調和する。意外に良いハーモニー。これは、コーヒー紅茶もいいけど緑茶にも合うよ。

cake 豆腐レアチーズマロンムース盛り
豆腐入りレアチーズにマロンムースを重ねてみる。やっぱりマロンムースがゆるかったかー。参考レシピはグラスで固めるムースだったので、型抜きにするにはゆるいかなーと、作ってるときから不安だったけどその通りになってしまった。重ねたというより、「盛った」という方がいいかも…orz。
豆腐レアチーズは豆腐味がしっかり。マロンムースは、牛乳とクリームでフランス栗あんのえぐみや苦みがかなりまろやかに。でも栗の香りと味は濃厚。それぞれで食べても美味しいのだけど、一緒に食べると、マロンがやさしーく豆腐レアチーズに包まれる感じで、おいしい。あっさりしているので、つい食べ過ぎてしまう。豆腐にレアチーズとマロン、これも意外だったけど、おいしい組合せ。固さを同じくらいにして、チーズをもうちょっと強く主張させたら、もっとおいしくなりそう。

121115kurian_latte.jpgcake マロンラテ
最後に、大さじ2杯ほど、微妙な量のフランス栗あんがあまってしまった。大さじ1のフランス栗あんをコーヒーカップ1杯ぐらいの牛乳で溶きながら温め、甘さが足りなければ砂糖、あとは好みでラム酒を投入。簡単なのにうまいっ!。
これはフランス栗あんをわざわざ作らなくても(…sweat02だから、だれも作らないって)、砂糖やクリーム入りで売られているマロンペーストでも、できると思う。マロンペーストがあまった時にはためしてみてねん。

フランス栗あん、すべて消費
敗者復活ミッション完了!

どれも100%成功ではなかったけど、抹茶、レアチーズ、豆腐などが栗に合うことを発見。なかなかの成果だったかな。美味しかったし、満足、満足。
情報提供してくれたsa-kiちゃん、以下、参考にさせていただいたレシピの皆さま、ありがとうございました<(_ _)>。

参考レシピ
cookpad pakkun様/抹茶パウンドケーキ IN栗あん
『別冊NHKきょうの料理 作り続けたいお菓子』 (日本放送出版協会、2010年11月)/抹茶パウンドケーキ
coocpad VickyLai様/栗豆腐レアチーズケーキ
ぱにぽぽ様のサイトSucreen-Roseマロンムース