Home > 8月, 2012

ゴールドソフト食べてみた

ヤマザキ製パンのゴールドソフトbreadってご存知?。ヤマザキパンさんが言うには

「受取日限定の""高級食パンです。厳選したバター、卵、生クリームを贅沢に使用しました。あまりに贅沢なため、月に1度しか作られないという『特別なパン』です。」(デイリーヤマザキの通販サイトDaily365.netから抜粋)

ですってよ、奥様

発売日は月1回、ネットで予約注文し、近くのDailyヤマザキというコンビニに受け取りに行く。3斤1500円。たっかいなーと思ったけど、旦那がどうしても食べたいっていうし、ヤマザキパンがそこまで言うパンってどんなパン?という興味もあって、ポチッと注文。2週間ほど待ち、やっとGet。

120825goldensoft.jpgで。気になる味はというと。

食パンというよりは、ブリオッシュか、デニッシュの一歩手前。
バターの香りが強く、パンのキメが細かい。超しっとり柔らか。食感はサックリ、口溶けが良くて、甘い。軽くトーストするとバターの風味がさらに引き立つ。これだけで十分にバターバターしてるので、何もつけずに、そのまま食べた方がおいしい。

美味しいんだが…
うーん

やっぱり大手メーカーの大量生産パンとしては」美味しいという限定がついてしまう。同社の「芳醇」とか、「ダブルソフト」、「ふんわり食パン」なんかの延長線上にある最高級版って感じ。
この手のパンの特徴だけど、小麦の風味が弱くて、ありえないぐらい柔らかくて、甘ったるいような油っぽいような匂い(バターとはちょっと違う)が残る。材料表示を見ると、乳化剤、イーストフード(発酵を促進する添加物)、植物油脂、V.C(ビタミンC)、香料など添加物が結構使われている。大量に均質に、効率よく生産するためには必要なのかもしれないけど、生地を無理に発酵して膨張させ、柔らか~く仕上げるわけだから、他で贅沢な材料を使っても、大量生産品としての限界があるか?と思う。
自分でいろいろパンを作ってみて思うのだけど、やっぱりパンは、バターや生クリームの問題ではなくて、良い小麦をじっくり発酵させた方が美味しい。ハッキリ言って、近所の個人経営のパン屋(雑誌に載るような特別なパン屋ではなくて、そこそこ繁盛してる街のパン屋)の食パンの方が、安くてうまい。

あとは、好みの問題。おかずと一緒に食べたり、何かを挟んだりのせたりして、毎日のように食べるパンとしては、ちょっとクドい。そして飽きる。朝と昼に食べてたけど、3日目ごろには、袋を開けて匂いをかいだだけで、もういいわ、別なパンが食べたい…と思ってしまたよ。残りは冷凍庫へ。
たまに、牛乳やカフェオレなんかと一緒に、これだけで食べるにはいいかな。あ、そっか、だから月1回の販売なのか~(違うかもしんないけど、そう思うことにしよ)。

私の好みとはズレてたけど、ちょっとググってみると、ネットでの評判はとても良い。バターたっぷりのリッチなパンが好きな人は試してみる価値があるかも。

今日の夕焼け

120820yuyake1.jpg

120820yuyake2.jpg

RSR2012inEZOに初参戦

120814rsr.jpgRSR=ライジング・サン・ロックフェス。毎年、北海道の石狩で開催される日本最大規模の夏フェス。今年は8月10~11/12日に開催。10日は午後3時から深夜まで、11日はお昼から翌日朝までオールナイトで、6つのステージでとっかえひっかえライブが行われる。約100組のアーティストたちが出演、フェス参戦者は5万8千人!。ほとんどの参戦者はテントを張って、まる2日間、キャンプしながらあちこちのステージをめぐり歩く。タイトル通り、朝日sunを見ながらフェス終了となる。私も、夏フェスベテラン友人の指導をあおぎ、初参戦!。
いやー驚きの連続。規模、参加者、盛り上がり、屋台ご飯など…すべてが想像を超えていた。6つあるステージの端から端まで歩くと、なんと30分!。その間にでっかいキャンプスペースが3~4つ。日本にこんな土地があったのか?と思うぐらい、広い、広すぎる。なのに、人口密度は休日のディズニーランド以上。普段は何もないだろうだだっ広い平野に、日本全国から5万8千人が押し寄せるって…ちょっとした民族大移動である。

北海道の涼しい風に吹かれながら、深夜までライブ三昧。そして、ステージの合間には、美味しい北海道屋台ご飯を食べ歩く。いつ、どこを歩いていても、生音楽が風にのって聞こえてくる。40才過ぎて、すべてが初体験の充実の2日間であった。以下は、聴いたライブと、会場内の屋台で食べたご飯リスト(笑)。

(写真)
左上/Superflyのライブ
右上/RSRの名物おやつ>いちご削り
左下/11日の夕焼け Superflyの登場を待ちながら
右下/12日の朝焼け エレカシの歌を聴きながら

note ライブ

10日 
ハンバート・ハンバート×COOL WISE MAN
スガシカオ 
斉藤和義
岡村靖幸 (途中まで)

11-12日
吾妻光良&The Swinging Boppers
アンジェラ・アキ
SuperFly
TheDay 
 仲井戸麗市(G)、中村達也(Dr)、蔦谷好位置(Key)、KenKen(B)、武田真治(Sax)
エレファントカシマシ

noodle 会場で食べた屋台ご飯

10日
夕張メロンサイダー
ジャガバターにイカ塩辛をのせたもの
いちご削り
 フローズン苺を薄く削って練乳ムースをたっぷりかけたもの
 屋台でいちばん人気!。激うま。
天然酵母パン(オリーブとドライトマトのフォカッチャ) 
スープカレー

11-12日
茹でとうもろこし(←その日の朝に収穫したもの)
タラバガニの味噌汁
再びいちご削り(笑)
タンドリーチキン
天然酵母パン(くるみとレーズン、チョコとかぼちゃの種)
石狩鍋
地ビール