Home > 4月, 2012

3月の映画鑑賞メモ

ジョン・ヒューストン『黄金』1947年,アメリカ,DVD
1920年代メキシコ。一攫千金を狙う男3人。それぞれ人物の作り込みが丁寧。金を目の前ににした時の三者三様の欲望と人間性が見どころ。脚本もお手本のように美しい。黄金探しを軸に、突拍子もなくいろんな細かいエピソード(伏線)がく絡んでくるけど、きれいにラストのオチに収束していく。ハンフリー・ボガードの汚れ役はじめて見けど、なよっちぃ二枚目より断然良い。そこまで汚れなくとも…というぐらい、心も見た目もボロボロに汚れてくれる(笑)。主要人物のひとり、カーティン役のウォルター・ヒューストンはジョン・ヒューストンの父。本作で、監督賞、助演男優賞、親子そろってアカデミー賞受賞。

デビット・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』2010,アメリカ,DVD
同監督の『ドラゴン・タトゥーの女』が面白かったので、昨年、話題になった本作も気になって鑑賞。フェイスブック創設者マーク・ザッカーバーグの物語。ネタは実話。映画の疾走感と、フェイスブックが瞬く間に世界への広がっていくネットのスピード感が重なってくる。アメリカの大学には「クラブ」があり、将来にわたって先輩後輩の人脈が維持されていくことは知ってたけど、ハーバード大学の「クラブ」がこんなに排他的で、特権意識があるとは知らなかったな。エリート大学のなかに、さらに血筋家柄能力のあるクラブ所属で卒業後も恵まれた人脈を築ける超エリートと、クラブへの入会を許されないその他学生という厳然たる階級社会がある。マークのFacebookは、「クラブ」の奴らから小バカにされた扱いを受けたことに対する見返し、嫌らしい特権意識に対する反感だったとも取れる描き方。11年キネ旬2位。

ロマン・ポランスキー『ゴーストライター』2010イギリス,DVD。
最近見たサスペンスでは1等賞。偶然だと思うけど、設定が『ドラゴン・タトゥーの女』と似ている。ドラゴン…は特殊な才能の持ち主が、超ハイテク機器を駆使する。あまりにも素人ばなれしているところに、魅力やワクワク感がある。その割にオチはわりかし平凡。一方、本作は、超地味ーーーなライターが、だれにでも使えるツールで、一般人らしく謎に迫っていくところにハラハラしてしまう。つまり、観客と主人公が同じ目線で謎を追っていくおもしろさ。そして、じわじわと伏線が回収されていき、すべてつながったとき、霧が晴れるように、一般人は想像すらしないだろう怖ろしいことが分かってくる。この主人公には名前がない。ただのゴースト。これは最後まで見ると、意味深。さすが巨匠。映像が美しく、映像で語るのがうまい。最後の数カットには唸るよ。今、いちばんのオススメ映画。

ピエル・パオロ・パゾリーニ『アポロンの地獄』1967年,イタリア,DVD
物語はオイディプス王。しかし、古代ギリシャとはまったく別の世界。中東のような砂漠だったり、アフリカのような仮面や衣装だったり、日本の古楽をつかったり、パゾリーニ独自の土着的な古代世界に引き込まれる。話も話だし、パゾリーニ的様式美の舞台劇って感じで、あんまり現実味がない。しかし、はじまりがファシズム時代、急に古代へと移って話が展開し、ラストが現代と、時代が何の説明もなく飛ぶ。ギリシャ悲劇が現代に蘇ってくるような感覚をおぼえた。

岩塚製菓 北の菓子職人

石屋の白い恋人、六花亭のマルセイバターサンド、トラピスト修道院のトラピストクッキー、ロイズのチョコレート、カルビーのじゃがポックル、三星のよいとまけ…北海道おやつにハズレなし。日本全国、美味しいご当地おやつはたくさんあるけれど、北海道は種類も美味しさのレベルも群を抜いて高いような気がする。やっぱり、おみやげ競争が激しいからかしら。またまた、はまりそうな北海道おやつに出会ってしまった。

120411kitano.jpg岩塚製菓 北の菓子職人
1袋 380円

おかきだとは想像できないネーミング=「北の菓子職人」に、作り手の自信を感じるわ。

最近北海道みやげで「北の菓子職人」が人気上昇中という噂は聞いていた。先日、有楽町に行ったついでに、北海道のアンテナショップに寄ったのだが、そこで噂のブツを発見。迷わず手にとってレジへ直行してたよdash(笑)。日高昆布味と帆立バター味を購入。

一見、普通の揚げおかきだが、北海道産のジャガイモパウダーが練り込んである。そのため、ただの揚げおかきより食感がとても軽くて、サックサク。クッキーもコーンスターチや片栗粉を混ぜると、さっくりと軽くなるけど、それと同じだと思う。味もひと味ちがう。食べはじめは普通のおかきとそんなに変わらないんだけど、噛むほどにジャガイモの味がどんどん広がっていき、最後にはジャガイモに支配される感じ。後味は完全にじゃがポックルか、ポテトチップ。薄味で、サクサクしてるから、いくらでも食べられちゃう。やめられなくなる美味しさ!。ビールのつまみにもいいかも。
しかし、お楽しみはこれからだ。食べ終わって袋の底に残った小さい欠片や粉。これを袋から直接口のなかにガーっと流し込んだ時、満足度MAXup。よくハッピーターンの粉=パッピーパウダー中毒者がいるとは聞くけど、この粉も中毒性あるね(笑)。

種類は5種類。日高昆布醤油味、ホタテバター味(いちばん人気)のほか、オホーツクの塩の味、うに味、山わさび味。楽天やAmazonなどネットでも購入できる。
楽天のポイントがけっこうたまっているので、これで塩味と山わさび味をお取り寄せするつもり。ついでに「よいとまけ」一本物も買っちゃおうかなぁ(^^)。

艶干し錦玉で春を味わう

艶干し錦玉なんて、んまぁ色っぽい名前だわーと思ったのは私だけかもしんない(笑)。干し琥珀ともいう。

艶干し錦玉は寒天の干菓子。ある老舗菓子屋の艶干し錦玉をいただいたのだが、これが感動的な美味しさだった。見た目は磨りガラスのよう。外側は薄氷が割れるようなシャリッとした食感だけど、内側は柔らかでみずみずしい寒天。口のなかでシャリプルッと崩れ、じっくりと味わって喉を通すと、微か~に薄荷の香りがのぼってくる。ものすごく繊細。

これ、どうやって作るんだろう?とググってみると、思いの外簡単だった。寒天液と白ざら糖を煮詰めて固め、数日間干して、表面の糖を再結晶化させる。これなら目をつぶっても作れるぜと、思ってしまうところがど素人である。パン作りもそうだけど、単純な作り方の菓子ほど難しい。ちょっとしたコツやさじ加減が、完成度を大きく左右するからである。いざ作りはじめると、寒天液の煮詰め具合、流す寒天の厚み、干し方、干す温度…など微妙な加減がまったく分からない。とりあえず、勘に頼って作ってみたのがコレ↓。季節柄、桜風味にアレンジ。桜フレーバーとピンクの食用色素を数滴混ぜ、塩漬け桜(塩抜きしてから)を散らしてみた。

120409higashi.jpgたぶん、寒天液を煮詰めすぎたのだと思うが、表面の糖が厚くて不均一。そのうえ寒天を薄くしすぎたために、ジャリジャリとして、みずみずしさにとぼしい。見た目も味もおおざっぱ
とはいっても、ど素人が老舗菓子屋レベルのものを作るのは、無理というもの(←言い訳)。家庭で作る和菓子としては、そこそこ美味しいのではないかと(←開き直り)。例えるなら、深窓の令嬢のような美しさ・繊細さはないけれど、田舎娘のような大ざっぱな可愛らしさと味わいがあるわ!(←論理の飛躍)。

筆が滑ってしまったが。。。
艶干し錦玉は、品の良い甘さ以外はそれほど主張がない淡泊な菓子なので、緑茶にはもちろん、紅茶にもよく合う。
茶道を嗜む友だちから、せっかくだから薄茶を点ててみたら?とアドバイスをもらい、慣れない手つきで薄茶を点ててみた。薄茶といっしょにいただくと、大ざっぱな菓子が何十倍も美味しく感じる~shine。やっぱり干菓子と抹茶という伝統的な組合せは最強。抹茶茶碗がなかったのでカフェオレボールだったけど(しかも100円ショップの・汗)、日本らしい季節感をしみじみと味わうことができた。

艶干し錦玉は日持ちもするし、季節や好みにあわせて、形や色など様々作ることができるので贈り物にも良いかも。また作ってみようっと。

 

2014.7.4 【追加】
「艶干し錦玉 つくり方」で検索して私のBlogに来てくださる方が多いので、レシピを載せることにしました。↓ は、Webで拾ってメモしておいたレシピなんですが、参考にしたページがどこだったか分からなくなってしまいました。ごめんなさい<(_ _)>。

(材料)
水 300cc
白ざら糖 500グラム
寒天 8グラム
 (私は棒寒天で作りましたが、糸寒天の方が作りやすいみたいです)
香料など

(作り方)
寒天を水につけて、一晩ふやかす
寒天と水を火にかけて、完全に溶かす。
白ざら糖を煮溶かす。弱火。105度。10センチぐらい糸が引くぐらいまで。
香料、色づけ
バッドに流し入れ、固める。型にオーブンシートを敷くと扱いやすい。
型で抜くか、適当な大きさに切り、網の上で乾かす(数日)