Home > 2月, 2012

ひとり合宿 in 猪苗代2回目

120221inawashiro1.jpgnoteえんやぁ~会津磐梯山は、宝~のぉ山よ~っと。いつも、下の猪苗代湖の景色なので、今回は磐梯山を撮影してみました。

2月20-22日猪苗代へ。平日なのに、スキー場は若者ボーダー達で混み合っていた。大学が休みに入ったこともあるが、今シーズン、福島県のスキー場では19才~22才リフト無料なんだってさ。もしかしたら、私も22才heartって言えば大丈夫かしら?と思ったが、やめておく(笑)。

skiレッスン
前回(1月)と今回のレッスン内容をまとめておくと、

肩幅以上の超ワイドスタンスでの角付け
クロスオーバー(腰の重心移動)と内足ターン
外足ターンで板が自然に回る感覚をつかむ
ショートターンでの上半身姿勢 等々

今シーズン、自分の滑りがだいぶ変わったような気がする(あくまで本人がそう思ってるだけなんだけど)。
今までは、ターンの始動で上に抜重、板が下に落ち始めると、必要以上に制動をかけ、板が横になるまでむりやり回しこんでいた。スピードが怖いから(汗)。そのため後半のターン弧が小さく、スピードが急に落ちてキュッと曲がるぎこちないターンになっていた。また、X脚で内足エッジの角付けが甘かったり、遅れたりするので、ハの字が残って次のターンに入りにくかったり、内足を踏み換えたりすることも多かった。
レッスンで、①上への抜重ではなく腰の重心移動を、②肩幅ぐらいのスタンス、③内足を山側に畳みこんでエッジをしっかりたてることを意識するようになった。すると、まだ完全ではないけれど、大回り中回りでは、X脚がやや改善して、ターン弧がなめらかになり、スピードに乗ったターンへと変わってきた。ま、急斜面に慣てきたということも大きいけど。しかし、小回ではまだX脚のぎこちない滑りが出てしまう。運動神経が鈍いから、速いターンのリズムに体がついていかないの(爆)。
撮ってもらったビデオを見ると、自分がイメージしていた動きの半分もできてないのでガッカリする。でも、良い感じで変わってきた滑りを確実ににするために、もう1回合宿したいなぁ。
 

120221inawashirolunch.jpgski昼ご飯
普段の昼食は軽めだけど、スキー場ではがっつり。スキー場には、大抵、ちょっとしたご当地グルメメニューがある。猪苗代スキー場オススメ昼ご飯は、スノーハウスいなわしろ(旧町営食堂)の会津地鶏とろとろ親子丼だが、私が行ったときは休業中…orz。そこで、センターハウスばんだいのソースカツ丼を食べる。ご飯に千切りキャベツ、ソースを絡めたカツがのっている。このソースがトロッとして甘めで、ご飯にもよく合って、うめー。ソースカツ丼は地元民ラブなどんぶりである。あまり知られていないかもしれないが、会津ではカツ丼というとソースカツ丼が一般的で、卵とじはむしろ少数派。会津喜多方で全国的に有名なラーメン屋まこ○。ここでラーメンではなく、ソースカツ丼を食べている人は間違いなく地元民か、相当の通(笑)。 

レストランも若者たちで混み合っていて、ご飯にありつくまでに40分もかかってしまった。それにしても。。。若い男子女子のグループが賑やかにランチしているなかで、ひとりでどんぶり飯食ってる40代女って…どんな風に見えるのかしら。ちょっと気になるわ。

富士見パノラマ

2月11-12日、マンションのスキークラブの友人6人で富士見パノラマスキー場へ。H王子からいちばん近いスキー場で、今回4回目ぐらい。中央高速、諏訪南インターからすぐのところ。ゴンドラで山頂まで行くと、約3キロ、中上級向けのロングコースを一気に下れるのが魅力。下の方に初心者向けゲレンデもある。雪質は今シーズンは寒いので良かったけれど、いつもは人工降雪でイマイチだ。そのうえボードが多いので、午後にはゲレンデが荒れてしまう。午前中が勝負のスキー場である。

120211fujimi1.jpg朝5時にマンションを出発。8時、惜しくもゴンドラ1番乗りは逃したけど、2番乗り~。八ヶ岳が一望でき、富士山もちょこっと見えて、だれも滑っていないゲレンデはピカピカ。富士見パノラマの朝イチ滑走は本当に気持ちがいいっ!。上級者の友人たちはノンストップで下っていく。私は急斜面ではどうしても慎重になるので、いちばんビリっけつ。でも、下で待っていたみんなに、もっと遅いかと思ってたけど、意外に早く降りてきたと言われ、照れてしまった。エヘヘ。
写真はゴンドラ頂上から撮影した八ヶ岳。八つ名前を全部言える人にご褒美あげます(嘘)。

記念写真を撮ったり、ビデオを撮ったりしながら6本ぐらい滑ったのだが、お昼ちょっと前に、なんとーゴンドラが事故でストップ。下の方の初級向けファミリーゲレンデのリフトは長蛇の列で、とても並ぶ気にはなれない…早々に切り上げることにした。それでも、八ヶ岳の美しい景色のなかで、朝から良い雪質のゲレンデ思いっきり滑って、十分に満足、満足。

120211fujimi2.jpgお昼に伊那市名物のローメン食べる。具は豚バラとキャベツだけで、鶏がらスープで炒め煮してある。見た目よりあっさり薄味。スープ焼きそばって感じかなぁ。今まで食べたことがない麺料理だった。
そのあとは、諏訪湖の温泉宿で、温泉つかって、美味しいご飯を食べて、まったりまったり。4年ぶりに出現した諏訪湖の御神渡りも見にいったのだが、氷がとけて痕跡がちょっと残っている程度だった。残念ー。

マンションのスキークラブ友人とは例年なら2回スキーに行く。しかし、年々参加者も少なくなっており、今年はみんなの予定が合わずにこの1回のみになってしまった。友だちの少ない(爆)私には貴重な機会。また来シーズン行けるといいなぁ。

1月の映画鑑賞メモ

ピーター・イエーツ『ヤング・ゼネレーション』1979,アメリカ,DVD。
青春映画。高校卒業後ブラブラしている4人の若者が主人公。将来の選択を先延ばしにしたい気持ちの一方で、劣等感をつのらせたり、焦ったり、終わろうとする青春の最後の輝きや、だれもが通り過ぎる道を爽やかに描き、一気に見せてしまう。青春映画の王道にして名作。

アンジェイ・ワイダ『灰とダイヤモンド』1959年,ポーランド,DVD。
この映画の凄さがやっと分かった。ドイツ降伏の日。勝利に酔うソ連共産党の権力者たちと、ゴミのように死んでいく国内軍ゲリラの若者の鮮烈な対比。果たして、どっちが灰で、どっちがダイヤモンドか?。映像演出の素晴らしさを挙げたらキリがないほど。今まで見た映画のベスト3に入る。

アンジェイ・ワイダ『地下水道』1957年,ポーランド,DVD。
地下水道に追い詰められたレジスタンス兵士たち。どこにも出口がない絶望は、ドイツ・ソ連から侵略されたポーランドの歴史を象徴しているかのよう。本作を見ると、『灰とダイヤモンド』『カティンの森』の理解もやや深まる。

フランシス・フォード・コッポラ『カンバセーション』1974年,アメリカ,DVD
カンヌ映画祭、パルムドール受賞作。プロの盗聴屋が犯罪に巻き込まれていくサスペンス。立場が知らない間にまったく正反対になっている。その連続。盗聴屋が盗聴される側へ、犯罪を阻止しようとして犯罪に利用される側へ(何気にネタバレ)…。その重苦しい不安感,緊張感が、映像、演技、音楽、あらゆるところからにじみ出てくる感じ。主演のジーン・ハックマンがいいねー。ハリソン・フォードが影の薄い役でちょろちょろしてて、びっくり。

Next »