Home > 1月, 2012

高峰秀子『わたしの渡世日記』

こんな面白い本に出会ったのは久しぶり。帰省する際に東京駅で、新幹線に乗ってる間の暇つぶしになりゃ何でもいいや、表紙の「デコちゃん」の写真が可愛い!というただそれだけの理由で、中身もよく見ずに買ってしまった。しかし面白くてあっという間に読んでしまい、帰りの新幹線に乗るときには下巻を買っていた。

120109deko.jpg高峰秀子
『わたしの渡世日記』上・下
新潮文庫

女優高峰秀子の自伝。奥付によると、1975年5月~76年5月『週刊朝日』に連載され、その後単行本化された。2012年、3回目の文庫本化。

私は邦画に疎く(^^ゞ、彼女の出演作で見たのは『カルメン故郷へ帰る』、『二十四の瞳』ぐらい。ストリッパーと小学校の先生という対照的な役を演じたこの2本だけでも、日本の女優ではめずらしく演技力もあり、美しく、さすが昭和を代表する大女優だと思っていたが、彼女の文章から人間として魅力ある人だなぁと思った。
1924年生まれ、2010年没。5才で子役デビューし、子役時代から売れっ子。しかし家族愛には恵まれず、幼い頃から家族親族の大黒柱になって仕事に追われ、貧乏暮らしが長かったらしい。しかしというか、だからこそなのか、女性の身の上話にありがちな同情を引こうとするところや、気取ったところがまるでない。むしろ、スクリーン以外で、自分を良く見せようとすることを小っ恥ずかしいと思っている感じさえある。自分の境遇や仕事についてはドライに、時には自虐ネタにしておもしろおかしく書くけれど、逆に、自分が素晴らしいと思う監督や俳優に関しては熱く語り、ダメなものには手厳しい。文章もキビキビとしている。誰にも媚びない、芯の通った人という印象を受けた。

そして、何と言っても映画ファンを魅了するのは、彼女の出演作とともに語られる制作現場や監督・俳優の話。5才から映画界にいて、名画に数多く主演している彼女の自伝は、そのまま日本映画の歴史でもある。無声からトーキー、戦時期の映画制作、戦後混乱期「来なかったのは軍艦だけ」と言われる東宝争議、モノクロからカラーへ(『カルメン故郷へ帰る』は日本初の全編カラー映画)、時代時代の制作現場、苦労話がいきいきと語られる。
そして、彼女は大物監督、俳優、文人・芸術家にも可愛がられた。木下恵介、成瀬巳喜男、小津安二郎、東海林太郎、田中絹代、原節子、入り江たか子、大河内伝次郎、森雅之、谷崎潤一郎、梅原龍三郎、川口松太郎…。こうした人々とのエピソードや、世間にはあまり知られていない素顔も、新鮮でワクワクする。少女時代、助監督だった黒澤明に恋心を抱き、養母によって引き裂かれたなんて話にはビックリだよ。

デコちゃんの映画をもっと見たいなーと思ったら、2月にNHKBSで、五所平之助『煙突の見える場所』(1953年)、稲垣浩『無法松の一生』(1958年)、豊田四郎『恍惚の人』(1973年)の放送がある。ラッキー!。あとはやっぱり、成瀬巳喜男『浮雲』(1955年)、『乱れる』(1964年)、木下恵介『喜びも悲しみの幾年月』(1957年)、『名もなく貧しく美しく』(1961年)、増村保造『華岡清州の妻』(1967年)あたりは見てみたいなぁ。

12月の映画鑑賞メモ

あけましておめでとうございます <(_ _)>

今年もグダグダの更新と文章のBlogになると思いますが(汗)、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。抱負は、Cinema Diary、現在、更新が遅れに遅れ、2年前に見た映画の感想を書いておりますが、手抜きしてでも(爆)、なるべく現在に追いつくようがんばって更新しすることです。

それまで忘れないよう、先月に見た映画の簡単なメモ。↓

10日 ミヒャエル・ハネケ『ファニー・ゲーム』(1994年)&(2004年USAバージョン=監督本人によるリメイク版)、DVD
暴力の本質云々…っていうより、人を徹底して不快にさせ、絶望させる、これがハネケ監督の目的のような気がする。カンヌ映画祭で上映された時、途中で席を立つ人が続出したと言われているが、ハネケはその様子を見て喜んだんじゃないか?とさえ思う。
一家が危機的状況においこまれるなかで、この人はきっと逃げられるかも、何気に置いたこのナイフがあとで大活躍するかも…と、見る者に小さな希望を与えておいて、それを一つ残らずしらみつぶしにしていく。これだけでもげんなりだが、極めつけは最後のセリフ。本作以上に、凄まじい暴力を扱った映画はいくらでもある。しかし、私たちは、映画の暴力は映画ののなかのできごとで現実じゃない、自分には関係ないと、どこかで思っている。ハネケはそれを見越したように、傍観者である観客に、ご丁寧にも、最後の最後に、映画は虚構じゃない、現実以上に現実であるというセリフ(正確には覚えていないが)を用意する。つまり、これを映画的な絶望だと思うなよ、救いがないのが現実だと釘を刺す…orz。人には薦めないけど、だからといって見るに値しないとは思わない。
アメリカリメイク版は、カット割りもセリフも同じ。役者が違うだけ。役者が違うことで、印象がすこし変わるところはあるけれど、それでも、リメイクした意味がよく分からない。

11日 リー・ダニエルズ『プレシャス』(2009年、アメリカ)、wowow録画。
真面目な映画。1987年ハーレム。両親から虐待を受けた少女プレシャスが、フリースクールの先生や友人によって自分の道を見つけていく物語。監督の経歴を見ると、元はキャスティング・ディレクターだったらしいが、役者選びでこの映画の成功が決まったようなもの。日本人の私には、プレシャス役の新人ガボレイ・シティベの演技が巧いかどうかはちょっと評価しにくいが、自分を蔑んでいるような、すべて諦めてしまったような雰囲気、耐えて耐えて無表情になってしまったような顔つき、ゆうに100キロ超えの体格…彼女がスクリーンに映っているだけで、アメリカ社会の病んだ部分を感じさせる。そして母親役のモニーク。本業はコメディアンらしいが、次から次へと出てくる罵り、嘘八百は怖ろしい迫力。
87年といえばレーガン政権。レーガノミックスによって市場と競争原則が徹底され、福祉予算は大幅に削られ、貧富の格差は拡大した。そして、経済学者や知識人が、貧しさは努力しない結果だ、自己責任だと平気で言うようになり、残念だけど、今でも世界的にその流れはつづいている。 そういう流れに対する批判でもあるんだろうと思う。プレシャスの文盲や貧しさが、努力しないからだ、自己責任だというヤツは、学者だろうが何だろうが、想像力の欠片もない馬鹿だね。

15日 イエジー・スコリモフスキ『エッセンシャル・キリング』(2010年)、下高井戸シネマ
ツイッターでもう毎日のようにスゲー映画という情報が入っていたので、気になって気になって、見にいった。実験的映画。セリフなし。1時間30分テロリストらしき男がアメリカ兵から逃げる続けるだけ。彼はなぜ、どうしてここにいるのか?。まったく説明なし。しかし、見ているうちにそんな疑問はどうでもよくなって、ただ生きたいというギラギラとした本能に惹きつけらていく。 ラストシーンはかなり好き。

30日 ルシール・アザリロヴィック『エコール』(2004年)、DVD
森の奥深くにある学校。6才から12才までの少女たちがダンスと生物だけを習っている…。この少女達がなぜここにいるのか、卒業後どこへいくのか、いっさい説明無し。この学校の目的はうすうすと想像できるけど、だとしたら、この少女達の将来が本当に恐くなる。
なんかねー、先月見た『ハート・ロッカー』といい、↑『エッセンシャル・キリング』といい、『エコール』といい、背景や状況はヒントをちょびっと与えるだけで説明せず、対象をものすごくミクロに絞り込んで、そこだけは詳細にに描いていくという映画が増えている。顕微鏡で見たものを精密に描いていくような。これって、最近の流行なの?。