Home > 11月, 2011

ゲンジモノガタリが好きなアメリカ人の話

もう4,5年前のことなんだけど、忘れられないアメリカ人の話。

K王線で新宿に向かう途中。通勤ラッシュがちょうど終わった時間帯。座席がほぼ埋まって、立っている人がチラホラというのんびりした混み具合。吊革につかまってぼーっとしていると、お腹がどーんと出たアメリカ人男性が話しかけてきた。たどたどしい日本語で。年は40才ぐらい。日本語と英語と、大ボデーランゲウッエッジ大会の結果、奥さんが日本人で、奥さんの里帰りで日本に来ていること、一人で電車に乗るのは慣れていないこと、これから会社の日本支社に挨拶にいくこと、新宿の乗り換えが分からないので案内して欲しいこと、などが分かってきた。

オッケーオッケーなんて気安く引き受けると、彼は覚えた日本語で日本人と話したがっている様子で、自分の趣味をいろいろと話し始めた。
日本文学が大好きだというので、どんな作品が好きかと聞くと、すかさず「ゲンジモノガタリ!」という答えががえってくる。えーいきなりそこくるか?!。予想だにしなかった答えに、「源氏物語」のどこに魅力があるのか気になってしまって、なんで好きなの?と質問すると、急にうっとりした目つきになって

「ロマ~ンス」 ヽ(´・`)ノ   ←本当にこんな感じの身振りで

日本人にとって「源氏物語」は古典文学だけど(現代語訳されていようが、マンガになっていようが)、そういう固定概念のない外国の人が英語に訳されてしまったのを読めば、たしかにロマンス小説以外のなにものでもないのかも。

そして、彼はポケットからアイフォンを取り出して、家族写真を見せてくれた。日本人の奥さん、10才ぐらいと、6,7才くらいの男の子が二人。
そして息子たちを指さし、「こっちがゲンジ、こっちがヒカル」。ヾ(–;…
私の感覚からすると、光源氏ってやっぱり女ったらしの浮気ものなので、子供に光源氏から名前をつけるというのは、ど、どうなの?と思ってしまうけど。奥さん反対しなかったのかしら?とか、将来、息子たちは名前のことで父親を恨まないかしら?とか、つい余計なお世話的心配までしてしまったよ。

映画の話もしたのだが、いまひとつ盛り上がらなかった。アメリカで有名な監督をあげたら話が盛り上がるかなと、「リドリー・スコットの映画が好きだ」と言ったら、彼は「それは頭がいい人が見る映画だ」と、ひどくつまらなそうな顔をしたのだった。リドリー・スコットといえば、「エイリアン」、「ブレード・ランナー」だよ。これは「頭がいい人」が見るという扱いの映画なの?。私の知り合いは、リドリー・スコットは「バカだけど良い映画を作る」(あまり小難しいことを考えずに、面白い映画を作るという意味)と語り、私も上手いこと言うなぁと思っていたのだが…。

「源氏物語」は日本人には古典文学で、アメリカ人にはロマンス文学。リドリースコットは日本人には娯楽映画監督で、アメリカ人には「頭がいい人」が見る映画。20分ほど話したただけでも、国が違うと、ずいぶんと感覚がちがうもんだなぁと気づかされたのであった。

新宿駅に到着し、山手線のホームで彼を見送って、はっと気がつく。
品川は反対回りだったぁー!。
乗っていればいつかは着くと思うが…。彼は無事、会社にたどり着いただろうか。思い出すと、今でも気になってしまう。

下北沢青柳 大栗まん

111108ookuri.jpg世田谷線松陰神社前の商店街でパンを買った帰り道。「和菓子 青柳」という看板が目に入った。最近、テレビの情報番組でこんな名前の和菓子屋を見たような気がした。店のいちばん目立つところに置かれた「大栗まん」で記憶がよみがえる>テレビを見ながら、旦那と「大きけりゃいいってもんじゃないよねー」と会話したことを(爆)。
テレビでは地元の方に大人気のお菓子として紹介されていて、お客さんは普通サイズの栗まんじゅうもあるのに、次から次へと大栗まんじゅうを買っていくのだった。

なんだかんだ言いつつも、甘いものに関しては、気になったら食べずにはいられない性分である。
ひとくち食べて、青柳さん、ごめんなさいっと心のなかで平謝りしていたのであった。。。\(__ ) 反省食べもしないで、なんて失礼なことを言ってしまったんだろう。こんな美味しい栗まんじゅう、食べたことがない。

下北沢青柳 大栗まん
1個 680円

皮はクッキーとカステラの中間のような感じで、卵のやさしい味がする。そして、しっとりとした甘めの白あんがぎゅうぎゅう詰まっていて、栗も気前よくゴロゴロと入っている。この栗がまたやわらかく、ねっとりとして、栗の味と香りがちゃーんとあって、白あんとよくなじんでいる。瓶詰めになっている栗の風味もない固いだけの甘露煮とはぜんぜん違う。福島土産の定番「ままどぉる」もそうなんだけど、こういう卵風味の生地と白あんって、どうしてこんなに合うのかしら。

普通サイズの栗まんじゅうは140円、大栗まんは普通サイズの5個分とのこと。普通サイズも同じ味だとは思うけど、大きいと幸せ度がアップするような気がする。ひとりで豪快にかぶりついても、チマチマと少しずつ食べても、誰かと分け合っても、幸せ~な気持ちがちょっぴり大きくなりそう。今度の帰省する時の土産は絶対にコレ、大栗まんと決めている。話がはずみそうだし、この味は年配の人に特に喜ばれそう。

お店は、世田谷区に3店舗(下北沢店、松陰神社店、大蔵店)、神奈川あざみ野店。下北沢青柳HPからもお取り寄せできる。

失敗作もおいしく食べよう

失敗作いくよっ。どーんっ!。

111108henpeipan.jpgやってしもた。この平べったいパン。一応、カンパーニュを作ったつもり(見えないけど)…orz。

2ヶ月ぶりぐらいに、レーズンから酵母を起こした。自家製天然酵母は、生地ダレしやすい。発酵が進むほど、パン生地に張りやコシがなくなって、いくら丸め直しても、ビローッっと横に広がってしまい、縦に膨らまなくなる。私が自家製天然酵母でパンを作るときのいちばん多い失敗で、こんな扁平パンを数え切れないほど作っている。原因は、酵母の発酵力が弱い、こね足りない、水の入れすぎ、水温が高い、発酵温度・時間が適切じゃないなど。
ま、固くて、ちょっとボソッとするけど、食べられないわけじゃない。でも、こういう失敗パンは、旦那が食べてくれないので、私1人で消費することになる。2日も経てば、さらに固くボソボソに。霧吹いて、トーストすると、そこそこ食べられるには食べられるけど。

最近、ネット動画で、イタリアトスカーナ地方の「パンツァネッラ」という料理を知った。簡単に言ってしまうとパンサラダ。古くて固くなったパンをちぎって水に浸してしぼり、トマト、キュウリ、紫玉葱(水にさらす)、バジル、オリーブオイル、赤ワインビネガー、塩こしょうであえる。

へっ? パンを水に浸すの?。

一抹の不安はあったが、簡単だし(←ここ重要!)、あの扁平パンでいっちょ作ってみるかと、今日のお昼ごはんに作ってみた。

111108pansalada.jpg分量はすべて適当。
写真にはあまりパンが映っていないけど、下の方にゴロゴロ入っている。私の好みで、玉葱すくなめ、トマト多め。家に白ワインビネガーしかなかったので、赤ワインビネガーの代わりに、白ワインビネガーとほんのちょっとバルサミコ酢を加えてみた。ビネガーがなければ、レモンでもいいと思う。

固いパンがザクザクした食感になり、まろやか酸味のドレッシングがしみしみ~。オリーブオイルとバジルの香りが食欲をそそり、うん、これはおいしい!。さっぱりしてるけど、結構、お腹にたまる。もっとゴージャスにしたい時はツナ、チーズ、オリーブなんかも合うし、いろいろとアレンジもききそう。

固くなってしまったパンをおいしく食べるための工夫…ってことは、日本でいうと、お茶漬けみたいな感じなのかしら。冷えてボソボソになったご飯に、漬け物や常備菜などをのせ、お茶をかけて食べる感覚に似ている。

もう捨てちゃおうかな~なんて思っている固いパンや、扁平パンがあったらヾ(–;オイオイ、ためしてみてねー。
 

Next »