Home > 10月, 2011

濱田屋 豆パン

ブーランジェリースドウ(10月23日)に続き、世田谷パン屋シリーズ。

そこらのスーパーなどで売られている大量生産のパックあんみつ。そして豆大福。これらが、赤えんどう豆に対して犯した罪は大きいと思う。えんどう豆を食べる機会って、今時、あんみつか、豆大福ぐらいしかない。それなのにですよ、この安物のあんみつパックや豆大福きたら、どいつもこいつもマズイ赤えんどう豆ばかり入れやがって(怒)。コツコツと固くて、もそもそっとして、大して味もない。私はこの赤えんどう豆が嫌いで、あんみつでは黒蜜のなかに沈没させて放置し、豆大福の豆は全部ほじり出していた。他に赤えんどう豆を食べることもあまりないから、赤えんどう豆=まずいものと思っていたのだった。

111025mame.jpgしかし、私のこの四十年にも及ぶ赤えんどう豆嫌いを一瞬にして克服させたパンがあった。それが濱田屋の豆パン。

豆パン 1個140円

濱田屋は世田谷線、西太子堂駅から歩いて5分ぐらい、三軒茶屋駅からだと世田谷通りを西太子堂方面へ、10分ぐらいのとこにある。この店の特徴は、「和」のパン屋。店構えも、入り口が格子戸で「営業中」と木の札がかかっているだけ。見た目は蕎麦屋か寿司屋みたいで、格子戸のなかも殆ど見えないから、知らなければ、そこでパンを売っているとは気がつかないと思う。店員・職人さんたちも、みんな頭を手ぬぐいで覆い、藍色の作務衣を着ている。
パンも和テイストのものが豊富。この店のいちばん人気が「豆パン」。他の店でも豆パンは珍しくないが、大抵、金時豆か大納言。しかし、濱田屋は、赤えんどう豆。最初に行ったとき、店の看板商品なので、とりあえず、ひとつだけ買ったのだが、これがビックリするぐらいおいしかった。以来、行く度に4個入りを必ずゲット。
この赤えんどう豆は、皮もやわらかく、なかはホクホクとして、甘さのなかに塩味が効いている。赤えんどう豆ってこんなにおいしかったんだ!、今までマズイ赤えんどう豆しか食べてなかっただけなんだ!、と40年間の過ちにやっと気づいた。そして、私が今まで赤えんどうに対して行ってきた悪行三昧の数々を反省したのであった…。私が想像するに、赤えんどう豆は皮が固いし、美味しく炊くのは手間ひまがかかり、また難しいんではないだろうか。だから他のパン屋は使わない、いや使えないのかもしれない。日本人好みのしっとり、もちもち、きめ細かい真っ白なパン生地と、甘しょっぱい豆がよく合う。一度食べたら、また食べたくなってしまう、やみつきになるパン。

このほかのオススメは、きんぴらパン=薄いパン生地に、甘めの、シャキシャキきんぴらたっぷり(写真:豆パンの後ろがきんぴらパン)。それと各種あんぱん。定番のくるみあんぱんなどのほか、季節によって、いろんなあんぱんが並ぶ。今の時期だと、栗あん、かぼちゃあん、芋あんなど。これも薄めのパン生地に、透明感がある、さらさらっーと口のなかでとけてしまうような、甘さ控えめの上品なあんこがたっぷり。付け加えておくと、店の看板である「和パン」だけでなく、クロワッサンやバケットもハイレベル。

たこや 芋ようかん

秋も深まってくると、食べたくなるのが芋・栗のおやつ。若い頃は、どこそこのモンブラン、かぼちゃプリンがおいしいだのブイブイ言っていたが、最近は、素朴なお菓子の方が好き。かぼちゃあんパン、栗きんとん、栗蒸しようかん、芋ようかん…。

芋ようかんといえば、やっぱり舟和。ですよねー。私は、ここの芋ようかんが大好きで、定番の帰省土産でもある。原材料はさつま芋と砂糖と塩だけ。イモっぽさがなくなるまで丁寧すりつぶされ、練られ、きっちりと押し固められ、口当たりは高級羊羹のようにひんやりとなめらかで、味は上品。見た目も、地味深い黄色がほんのり透き通るようで、箱のなかに整然と隙間なく並べられ、角はピシッとして美しい。垢抜けた東京菓子。

111023takoya.jpgしかし、私のなかのKing of 芋ようかん=舟和の地位をおびやかす芋ようかんに出会ってしまった。それが…

たこや 芋ようかん
2切れ 198円

いつも行くスーパーに並んでいた。千葉県の香取郡多古町にあるメーカーで、こちらも千葉産紅あずま、砂糖、塩のみを使用。
舟和が垢抜けた東京菓子なら、こっちは、田舎のお祖母ちゃんが手作りしてくれたおやつ。つぶし方は粗くて、ところどころ小さいお芋の固まりがあったり、芋の繊維も残っている。柔らかめに固められ、口のなかでほくっほくっーと崩れていく。甘さひかえめ。芋本来の味や食感がしっかりと残っていて、その芋の美味しさが2倍3倍になって口のなかに広がる感じ。舟和もいいけど、私は、この田舎っぽいイモイモした味が好きだな。

東京の片田舎、H王子のスーパーにまで進出したってことは、結構な人気モノらしい。たこやHP、楽天、Amazonでもお取り寄せ可。

ブーランジェリースドウ チョコロール

週1回、世田谷で仕事がある。自分でパン焼きをするようになってから、雑誌や情報誌でパン屋情報をマメに仕入れているのだが、世田谷は美味いパン屋密集地であることが分かってきた。仕事帰りには、時間があれば遠回りしてでもパン屋に寄ることにしている。この辺りで雑誌などで紹介されるパン屋は、美味しいのレベルが段違い。どの店も、それぞれに特徴があり、「こんなパン今まで食べたことないよっー!」という感動がある。仕事に行くのも、楽しみがあるとやる気も違う(←単純)。

そのなかで、最もリピートしている店がブーランジェリースドウ。世田谷線、松陰神社前を降りてすぐのところにある。お店のBlogはこちら*注意*お腹が空いているときに見ると悶絶します)。
パンは天然酵母で、主にホッブ種とルヴァン種(小麦粉を発酵させる種)を使っているらしい。パン生地はクセがなくて、しっとりしているけど、ソフト系パンでもしっかりした噛みごたえがある。だから、小麦の旨みがじわじわと広がる。パンそのものも半端なく美味しいけど、それらのパンとあわせる具もこだわっていて、素材も厳選していると思われる。パンに、チョコレート、チーズ、季節の野菜類などがセンス良く盛りつけられていて、パンと一緒に食べたときのおいしさと言ったら!。ピザなんて、本格イタリアレストランで出てきそう。味も見た目もパン屋のピザとは思えない。

111022chocopan.jpgおやつにオススメしたいのが、チョコロール。(写真がイマイチですみません)

チョコロール 1個130円

チョコレートパンなんて子供の食べ物と思ってるあなたっ!。ぜひ食べていただきたい。チョコパンといえば、大抵、チョコカスタードかチョコチップだけど、これは全く違う、今までなかったチョコパン。
しっとりとしたパンに、ビターなチョコレートがくるっと巻かれ、上にはカカオパウダー。チョコレートはベルギー産を使用しているとのこと。パンは淡泊だけど、粉のほの甘さ、香りがしっかりとあって、チョコレートとの一体感がすばらしい。大人のチョコパン。カロリーを考えると1個で止めておきたいところだが、つい2個目に手を伸ばしてしまう(^^ゞ。

111023honey.jpgついでにもうひとつ。ハニートースト。

ハニートースト 1個280円

スドウの食パンは予約しないと買えないほど人気だが、その食パンを厚めにカットしてトーストしたものにバターと蜂蜜たっぷり。特にパンの耳のとこ!。焦げと蜜でカリカリして涙が出そうになるぐらいおいしい。今時のパンとしては甘いけど、意外にくどくない。あまりの美味しさにペロッと食べてしまう。朝ご飯にハニートーストとコーヒー>これ、最近の私のいちばんの幸せ。

Next »