Home > 7月, 2011

7月の映画鑑賞メモ

9日  原田眞人『クライマーズ・ハイ』(2008年 日本),DVD
御巣鷹山への日航機墜落。群馬県地方新聞社を舞台にスクープを狙う記者達の戦いが描かれる。新聞社の緊迫した様子、事故現場の描写がリアル。社長がエロじじいで、上司は過去の栄光ふりかざして、せこい意地悪で若い芽をつぶして…。大袈裟だけど、たぶん遠からず。日本企業って荒んでる。でも、戦場のような職場で、情熱を注いで仕事する男たちはカッコいい。

12日 ナイト・シャマラン『サイン』(2002年 アメリカ),DVD
ラジー賞常連になってしまったシャマラン(>_<)。この監督は『シックス・センス』以来、オチやどんでん返しを期待されてしまうが、それはちょっと可哀想。謎の正体や伏線がちょっと稚拙かなぁとは思うんだけど、アイディアや、謎への引きこみ、見せ方は実に巧みで、ラストまで引っ張られちゃう。この辺は、他の監督の追随を許さないシャマランの凄さ。

14日 黒沢清『トウキョウソナタ』(2008年 日本),NHKBS録画
現代的一家離散と再生の物語。父親、母親という役割を一生懸命演じるゆえに、大切なことを隠したり、見なかったことにしたり。家族はバラバラ。みんな家を離れてやり直したがっても、結局戻るところは家しかない。哀しくて愛おしい。ラストに救われる。

19日 オリヴィエ・マルシャル『あるは裏切りという名の犬』(2006年 フランス),DVD
ハードボイルド。実話を元にしたという割には、どこかで聞いた台詞、見たシーンと紋切り型。意外な結末も、ぱっとしない。主役の2人、ダニエル・オートゥイユとジュラール・ドバルデューは良かった。 

30日 ヘンリー・ハサウェイ『勇気ある追跡』(1969年アメリカ),DVD
西部劇。ビミョー。飽きるほどつまらないわけじゃないんだけど、緊張感、盛り上がりに欠ける。主演のJ・ウェインがやたらカッコ良すぎて、逆にうっとうしいし、父の仇を討つ女の子もジコチューで可愛げがない。駆け出しのデニス・ホッパーが端役で出演していた。若い!、イケメン!、そしてまだ演技がヘタな普通の青年(笑)。
コーエン兄弟が本作をリメイク。『トゥルー・グリット』として、昨年、公開された。この平凡な西部劇を、コーエンがどんな風にアレンジしたのか、比較するのが楽しみ。『トゥルー・グリット』のDVD発売は9月。待ち遠しいぜ!。

花いちもんめ謎の歌詞

子供の頃に遊んだ花いちもんめ。そのなかに意味不明の歌詞がはいっていた。

勝ってうれしい花いちもんめ~♪
負けてくやしい花いちもんめ
いっちにっとらー
だんごくってしー
しんがらほっけきょう

あの子がほしい
あの子じゃわからん
そうだんしましょ そうしましょ
ちょっとまーるめ (丸く輪になって相談)

私が子供だった35,6年前、F島でもこの歌詞を歌っていたのは、私が住む町周辺ぐらいだったかもしれない。同世代で、この歌詞を知らない人も多いから。驚いたことに、6才年下の妹はこの歌詞を知らなかった。
しかし、F島で広く歌われていたのは確かなようである。だいぶ昔になるが、神保町の古本市で、正確なタイトルは覚えていないのだが、「Fしまのわらべ歌」とかそんな本を見つけてパラッとめくったところ、花いちもんめにまさにこの歌詞がちゃんと入っていたのだった(この時、この本を買わなかったことをすごーく後悔している)。
これらから推測すると、F島ではこの歌詞が歌われていたが、35,6年前にはこの歌詞が残っている地域はもうだいぶ少なくなっていて、その地域でも30年前ぐらいには廃れたということか。
大人になってから、幼なじみとこの謎の歌詞についてあれこれ考えたことがあった。いっちにっとらっ!と団子を食べたら死んでしまって、死んだら法華経にしなさいという教えなんじゃないか…ということにおちついた。ヾ(–; 勝手に落ち着くな…。

Blogのネタ詰まったなー、どっしよっかなーなんて考えていたら(汗)、ふわ~っとこの花いちもんめ歌が思い浮かんだ。
おおっそうだ。今は昔と違って、グーグル先生がいるじゃないかと、何気にググってみたら、でてきたよ~似たような歌詞が!。びっくりした。まったく同じではないが、九州地方に多く、次いで東京、そして東北地方は見つからなかった。
九州地方では、階段で遊ぶときの歌で、いっちりとらい、とらいとらいとし、ちんがらほっけきょう ですずがなる。あるいは、いっちりっとらい、らいとらいとせ、しんがらほっけきょ ゆめのくに。など。これが東京では手まり歌になり、いっちにっとら、らっきょくってし、しんがらもっちゃっきゃなど。おおー。歌詞が、だんだんF島に近づいてきたぞー、おもしろい。
私の想像だけど、たぶん、九州地方から歌詞がちょっとづつ変わりながら東京、福島あたりまで伝わったのではないかと思う。九州地方には意味の通る歌詞も入っているし、ちんがらほけきょうとは薩摩の方言でもあるらしいから。なんと!、寅さんシリーズでも、2作、8作、9作で「ちんがらほけきょうの唄」という挿入歌が歌われている。

話はちょっと反れるが、中島みゆきが夜会「今晩屋」で手まり歌を作詞作曲している。その歌詞が「来生、来生、来生 来生、来生 前生から今生見れば来生」、読みは「らいしょらいしょ ぜんしょからこんじょみればらいしょ」(うろおぼえ~汗)。
この歌の影響もあってか、「らいと=来渡?」「とらい=渡来?」という言葉が、私の頭のなかで、あの世へ行くことをイメージさせ、「死んだら法華教」はあながち間違いではないんじゃないか?とも思ったが、これはやっぱり深読みだろう。わらべ歌は、響きの面白さが歌になることがあると思う。詰まる音や、ねじれる音で、韻をふむと、テンポがよくて、遊び歌にぴったりである。意味はあまり深く考えない方がいいかもしんない。