Home > 1月, 2011

田島屋 まゆこもり

110128mayukomori.jpg葛粉やわらび粉を使った和菓子が好きである。冬はくず湯をよく飲む。くず湯って味(フレーバー)の違いはあるけど、どれもそんなに変わらないなーと思っていた。でも、これは美味しいっ!と思うくず湯を見つけた。それが

田島屋 まゆこもり 
25個入り 1300円ぐらい

群馬県富岡の銘菓。隣街のデパ地下で群馬フェアをやっていた。ふらふらしてたら、店員さんから試食をすすめられ、もっと食べたくなってしまって購入。一番小さい箱で10個入り550円。

富岡と言えば、富岡製糸場。戦後、日本の生糸生産は衰退してしまったが、群馬県は近代以降、製糸・絹織物で栄えた地方だ。その特産である生糸の「まゆ」をかたどっていて、ぽこぽこした形が何ともかわいらしい。これをスプーンで砕いて、70~80ccの熱湯を注いでよく混ぜると、くず湯のできあがり。
大体のくず湯は、スプーンですくうと、トロ~とリボン状に流れ落ちていくぐらいのとろみだが、この「まゆこもり」はもうちょっとしっかりめのとろみで、スプーンですくっても、逆三角形の形でゆっく~りと落ちて、カップに落ちた形が残るぐらい。でも、その名の通り、絹のようになめらかで、しっとりしたとろみである。私が購入したのは基本のプレーン。甘さが超ひかえめで、口に入れると、ほんのり甘さを感じる程度。この独特のとろみとやさし~い、やさし~い甘さが良い。
これだけ究極にシンプルで美味しいというのも他にはないような気がする。同梱されていた田島屋さんのリーフレットによると、添加物なし、原料を吟味しているよう。この当たり前のこだわりが、美味しさの理由かもしれない。

プレーン以外にも、抹茶や生姜、桑の葉フレーバーなども販売されていたが、私はこのプレーンがオススメ。というのは、甘さ控えめ、シンプルなだけに、自分好みでいろいろアレンジできるのだ。私が試したのは、抹茶を少量まぜてといたもの、黒蜜ときなこのトッピング、そして写真の柚子茶トッピングである。どれも、美味しかった(^^)b。 まだ試していないが、多分、生姜もイケると思う。でも、やっぱり、そのままで飲むのが一番好き。
寒い日に、仕事や買い物から帰って、これを作って飲むと和むのよ~。

岸朝子選『全国五つ星の手みやげ 』(東京書籍)にも選ばれているらしい。箱も千代紙柄で捨てるのがもったいないぐらい素敵。かたちもかわいい。美味しい。お土産にしたら、喜ばれるかも。
お取り寄せもできる>からっ風.com

フルタ製菓 セコイヤチョコレート

110127sequioq.jpgおやつの時間、2回目の記事は「ブラックサンダー」だった。美味しいし、未だに時々買っているが、このヒットの裏で、実はかなーりガッカリした出来事があった。それは…私が30年以上も買い続けているフルタ製菓のセコイヤチョコレートがスーパー、コンビニからどんどん消えていったことである。駄菓子の定番で、以前は殆どのスーパーコンビニに置いてあった。買い物ついでに、時々、1,2本買っては食べていた。
チョコ駄菓子、さくさく食感。ブラックサンダーと似ているコンセプトの商品だからなのか、コンビニなどの小さい売り場では、ブラックサンダーのヒットとほぼ時期を同じくして、10円高いセコイヤチョコレートはどんどん駆逐されていったのだった。。。近所で買えなくなってからは、隣市のコンビニで、まとめ買いしていた。そのコンビニでも、ついに!。昨年の春頃、消えてしまった。このショックは大きかった。こんなに長い間、セコイヤチョコを食べなかったのは、はじめてのことかもしれない

が、ついに見つけた!

フルタ製菓 セコイヤチョコレート10本入り 420円。

昨年の年末のことだった。地元のバラエティショップ(ソニプラみたいな店)で、クリスマスの名残なのか、子供が喜びそうな楽しいパッケージのお菓子コーナーが特設されていた。キャラクター、原色の華やかパッケージのなかに地味~にもれていたのである。10本入りのセコイヤチョコが!。しかも、最後の1箱!。即買い。ストロベリー味しかなかったのが残念だ。セコイヤチョコは、普通のチョコ味、ストロベリー味が定番で、季節ごとに抹茶味とか、リンゴ味なんかも売ってることがある。もうちょっと早くきていたら、チョコ味も手に入ったかもしれん。
ちょっと甘めのチョコに、クリーム入りさくさくウエハース。切り株のような形。これだよこれ。やっぱりやめられない。

小さかった頃、時々もらえるお小遣いは30円。それを握りしめて駄菓子屋へ。当時、セコイヤチョコは30円。私には高い買い物だったのである。30円あれば10円の駄菓子が三つ買える。大好きなライスチョコだって20円。子供の頃の私は、どうしても質より量になることが多く、セコイヤチョコはなかなか買えなかった。たまに買うと、すげー贅沢した気分になった。
それがですよ。10本入り箱を買えるまでになりました!(笑)。子供の頃の私からみたら、夢のような話。いやー大人になっちゃったな。と、思いながら、昔とそんなに変わっていない味を楽しんでいる。昨年末に購入してから、大切に、ちびちび食べつつけ、残りはあと4本になってしまった。今度は、いつ買えるんだろう。H王子周辺にお住まいの方。セコイヤチョコレートを売っている店がありましたら、お教えくださいませ(←切実)。

斑尾&タングラムスキーサーカス

110121madarao.jpgスキー6シーズン目。若くないおねえさんのスキーへの挑戦は、懲りもせず続いております(笑)。
スキーはじめは、大体、毎年恒例、マンションのスキークラブが企画するスキーバス、斑尾・タングラムから。早いもので、今年で5回目の参加となった。

昨年の3月に、国際スキー技術検定でシルバーメダルに合格した(ひとり合宿 in 会津高原)。調子に乗ってスキー板とブーツを初級者用から中級用に買い換える。板はSALOMON-DEMO-XT(08-09、154)、ブーツはREXXAMのDATA-93。板は前シーズンのモデルで、超お買い得品であった(^^)v。
スキー板は、最初の2本ぐらいは、新しいからなのか、中級者用だからなのか、滑って先へ持って行かれる感じがしたが、だんだん慣れてくる。操作はしやすい。前の板との違いは、なんかスピード出るぞ…というぐらいしか分からなかった(汗)。
ブーツは、足裏の操作が、すぐに板に伝わる感じが良い。しっかりフィットして、ブーツのなかで足が動かないところも良い。履き心地は、うーん、微妙…。耐えられないというほどでもないけど。インナーブーツのベロが、構造上ふきらはぎの横にあたって擦れる(私のふくらはぎが太いだけなのかも・笑)のが、ちょっと気になる。 

9時頃から4時ぐらいまで滑走。昼休み以外は休憩も入れずに滑り込み。充実していた。プルークボーゲンとシュテムから脱出し、パラレルターンがほぼ出来るようにはなったものの、まだ安定感がない。ちょっと雪面が荒れていたりすると、あっという間に体勢が崩れてしまう。上手い方に滑りを見てもらったが、重心が後ろ、膝の屈伸が甘い、ターンの後半で外向傾をとる時、肩が下がるなどのアドバイスをいただいた。去年もいろんな方から、さんざん注意されたことである…。小回りもやっぱ苦手。今年の目標は、どんな悪条件でも安定して滑るようになること、よりきれいなパラレルターン。

一緒に行った皆様に、「うまくなったねー」とほめられた(^^)v。スキーでこんなにほめられたのは、はじめてで、ちょっと照れくさい。去年、ひとり合宿を3回もした成果があったかも。でも、みんなについて行くのがやっとやっとである…。
今年はスケジュールが厳しい。あと何回行けるかなぁ。

Next »