Home > 9月, 2010

AFI アメリカ映画ジャンル別ベスト10

先日、夜中にNHKBSを見ていたら、AFI(アメリカ映画協会)による「アメリカ映画ジャンル別ベスト10映画」という番組をやっていた。
当blogで「AFIランキング」を取り上げるのは、3回目。順位についてどうこうというより、映画選びの手がかりにはなると思うので、長くなるが、ぜんぶ紹介しておこう。太字は、これまでに鑑賞した作品。

☆アニメーション☆
1,「白雪姫」(1937)
 2,「ピノキオ」(1940) 3,「バンビ」(1942) 4,「ライオン・キング」(1994) 5,「ファンタジア」(1940) 6,「トイ・ストーリー」(1995) 7,「美女と野獣」(1991) 8,「シュレック」(2001) 9,「シンデレラ」(1950) 10,「ファインディング・ニモ」(2003)

☆ファンタジー☆
1,「オズの魔法使い」(1939) 2,「ロード・オブ・ザ・リング」(2001) 3,「素晴らしき哉、人生!」(1946) 4,「キング・コング」(1933)
 5,「34丁目の奇跡」(1974) 6,「フィールド・オブ・ドリームズ」(1989) 7,「ハーヴェイ」(1950) 8,「恋はデジャ・ブ」(1993) 9,「バグダッドの盗賊」(1924),10,「ビッグ」(1988)

☆SF☆
1,「2001年宇宙の旅」(1968) 2,「スター・ウォーズ」(1977) 3,「E.T.」(1982) 4,「時計仕掛けのオレンジ」(1971) 
5,「地球の静止する日」(1951) 6,「ブレードランナー」(1982) 7,「エイリアン」(1979) 8,「ターミネーター2」(1991) 9,「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(1956) 10,「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)

☆スポーツ☆
1,「レイジンブ・ブル」(1980) 2,「ロッキー」(1976) 
3,「打撃王」(1942) 4,「勝利への旅立ち」(1986) 5,「さよならゲーム」(1988) 6,「ハスラー」(1961) 7,「ボールズ・ボールズ」(1980) 8,「ヤング・ゼネレーション」(1979) 9,「緑園の天使」(1944) 10,「ザ・エージェント」(1996)

☆西部劇☆
1,「捜索者」(1956) 2,「真昼の決闘」(1952) 3,「シェーン」(1953) 4,「許されざる者」(1992) 5,「赤い河」(1948) 6,「ワイルド・バンチ」(1969) 7,「明日に向かって撃て!」(1969) 8,「ギャンブラー」(1971) 9,「駅馬車」(1939) 10,「キャット・バルー」(1965)

☆ギャング☆
1,「ゴッドファーザー」(1972) 
2,「グッドフェローズ」(1990) 3,「ゴッドファーザーⅡ」(1974) 4,「白熱」(1949) 5,「俺たちに明日はない」(1967) 6,「暗黒街の顔役」(1932) 7,「パルプ・フィクション」(1994年) 8,「民衆の敵」(1931) 9,「犯罪王リコ」(1930) 10,「スカー・フェイス」(1983)

☆ミステリー☆
1,「めまい」(1958) 
2,「チャイナ・タウン」(1974) 3,「裏窓」(1954) 4,「ローラ殺人事件」(1944年) 5,「第三の男」(1949) 6,「マルタの鷹」(1941) 7,「北北西に進路を取れ」(1954) 8,「ブルー・ベルベット」(1986) 9,「ダイヤルMを回せ!」(1954) 10,「ユージュアル・サスペクツ」(1995)

☆ロマンチック・コメディ☆
1,「街の灯」(1931) 2,「アニー・ホール」(1977) 3,「或る夜の出来事」(1934) 4,「ローマの休日」(1953) 
5,「フィラデルフィア物語」(1940) 6,「恋人たちの予感」(1989) 7,「アダム氏とマダム」(1949) 8,「月の輝く夜に」(1987) 9,「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」(1971) 10,「めぐり逢えたら」(1993)

☆法廷ドラマ☆
1,「アラバマ物語」(1962) 2,「十二人の怒れる男」(1957) 3,「クレイマー、クレイマー」(1979) 4,「評決」(1982) 5,「ア・フュー・グッドメン」(1992) 6,「情婦」(1957) 7,「或る殺人」(1959) 8,「冷血」(1959) 9,「The Cry in the Dark」(1988) 10,「ニュールンベルグ裁判」(1961)

☆歴史ドラマ☆
1,「アレビアのロレンス」(1962) 2,「ベン・ハー」(1959) 3,「シンドラーのリスト」(1993) 4,「風と共に去りぬ」(1939)
 5,「スパルカタス」(1960) 6,「タイタニック」(1997) 7,「西部戦線異状なし」(1930) 8,「プライベート・ライアン」(1998) 9,「レッズ」(1981) 10,「十戒」(1956)

まず、ジャンルの分け方がアメリカらしい。「法廷ドラマ」なんてジャンル、日本じゃ成り立たないもん。映画本数少なすぎて…。

どのジャンルでも、納得できる王道作品が上位を占める。これ以外の1位はありえねーだろうというような。そのなかで、ちょっと、私が意外だなと思ったのが、SF4位の「時計仕掛けのオレンジ」、西部劇1位「捜索者」、歴史ドラマ9位「レッズ」。
まず、「時計仕掛けのオレンジ」。SFベスト10で、本作以外は、アメリカ人が好みそうな派手なSFだ。しかし、「時計仕掛けのオレンジ」はかなり異質。反道徳的・反社会的な要素が濃いからである。以前紹介した、AFIベスト100にも、これはランクインしてなかったような。。。
次に、西部劇1位「捜索者」。ジョン・フォード&ジョン・ウェインコンビが上位にくるのは分かる。しかし、日本人の感覚だと、もっと、いかにもな西部劇、「駅馬車」、「荒野の決闘」なんかが1位にくるかなと思っていた。実は、私は「捜索者」という作品はぜんぜん知らなかった(恥)。作品について調べると、ジョン・ウェインが、相当悪そうな役柄らしい。そういう点でもちょっと意外。
「レッズ」は、社会主義国が舞台であり、共産主義思想にシンパを抱く記者が主人公である。アメリカ人は「赤っぽい」のは敬遠するか?という印象があった。体制問題云々を超えて、絶対に信念を曲げないジョン・リードに、ヒーロー像を見いだすのかもしれないな。

そして、自分自身への反省点。
見た作品48本。まずまず見ていると思う。しかし、見てきた作品にジャンルの偏りがあることが分かる。ファンタジー、SF、歴史ドラマはよく見ているが、ミステリー、法廷ドラマ、スポーツ、ギャングなどはサッパリである。。。特に、ミステリー好きを自称していたが、ミステリーと法廷ドラマが手薄すぎ。ミステリーベスト10に、ヒッチコックが4作品入ってるのに、「めまい」しか見てない。以前、AFIベスト100が発表さた時も、ヒッチコックを見てないことを痛感したのに、また同じことを痛感する。。。
そして、映画友だちから、これを見ないのは損!と言われつづけていた作品が3本。ミステリー第2位「チャイナ・タウン」、西部劇第6位「ワイルド・バンチ」、ギャング映画第7位「パルプ・フィクション」。実は「パルプ・フィクション」は、友人から半年前にDVDを借りておきながら、やっと先月に見た映画である(汗)。損どころか、見てなかったのは恥だった。他の2作品も、2年以上前にDVDを確保しているので ヾ(–; 、そろそろ見なければ。
それと、やっぱり1位で、まだ見ていない2作品。西部劇「捜索者」、法廷ドラマ「アラバマ物語」は見ておきたい。「アラバマ物語」は他のAFiランキングでも上位に必ず入っている。

さてと。楽しそうな宿題がいっぱい増えちゃったな(エヘ)。 

8月の映画鑑賞メモ と、新しいテレビ

久しぶりの映画鑑賞メモ。5~7月、更新もサボってりゃ、映画も1本も見ませんでした。

調子が悪かった我が家のアナログテレビが、4月についに壊れ、そのまま放置していた。8月にようやく重い腰を上げ、悩んだ末に、パナソニック、ビエラV2の46型、ブルーレイレコーダDIGAを購入。同じパナソニックから3D対応のVTシリーズがちょうど発売されたばかりで、V2の価格が安くなったのはラッキーだった。
V2は、黒の階調表現に優れ、コントラスト比が高く、映画を鑑賞するのに適しているというのが決め手だった。映像が、細部までシャープ。色合いにも深みがあって、髪にしても、肌色にしても、空にしても、今までのテレビのようなノッペリ感がない。特に、映画のブルーレイソフトを「シネマモード」で再生すると、実際のフィルム映像にかなり近い感じがする。満足しているが、音だけはフツーのテレビのショボイ音なんだよね。これだけ映像が良くなると、スピーカー付けたくなるなぁ。

テレビも新しくなり、すこし時間のゆとりもできたので、また、ぼちぼちと映画を見はじめる。

ナイト・シャマラン『ビレッジ』,2004年,アメリカ,DVD
映像が美しい。シャマラン得意のアッと言わせるサスペンスだけでなく、悲しみを背負った人のドラマ、慎ましく美しいラブストーリーでもあって、いろんな要素が織り込まれていて、引きこまれる作品である。最初に村の様子が描かれるところで「アーミッシュ」っぽいと思ったのだが、これは多分、監督が意図的にそう演出しているのであって、この計算された演出は見事。ネタ証しの過程はちょっと強引で、ツッコミたくなるところもあり。シガニー・ウィーバー、ウィリアム・ハート、エイドリアン・ブロディなど、脇をかためる役者が良い。

ナイト・シャマラン『ハプニング』,2008年,アメリカ,wowwow
『ビレッジ』が面白かったので、ちょうどwowwowで放送していた『ハプニング』を鑑賞。アイディアは面白いんだけどなぁ。映像も衝撃的だし、前半の謎への引きこみは巧い。でも終盤は良くない。原因を曖昧にして、恐怖を煽ろうという意図なんだろうけど、その割には、説明的な台詞やシーンが多く、くどい。風呂敷の広げ方はキレイだけど、たたみ方がイマイチ。

クエンティン・タランティーノ『パルプ・フィクション』,1994年,アメリカ,DVD
映画ファンとして、今までこれを観なかったのは恥。パルプフィクション=三文小説的な面白さを、時間軸の並べ替え、意味のない日常会話のテンポの良さなど、構成や細やかな演出でさらに面白くしている。ヤクも殺人もへっちゃらな奴らなんだけど、そんな怖いものなしの彼らにも、逃れられない人生の危機はふりかかってきて、半べそかきながら必死に乗りきろうとしている姿がなんか可笑しい。 トイレから出ると必ず災難が待っているトラボルタに(笑)。

ブラッド・アンダーソン『マシニスト』,2004年,アメリカ,DVD
鑑賞中に、「ある映画」を思い起こす。「ある映画」のタイトルを書いてしまったら、ネタばれになるぐらい、プロットが似ている。しかし、作風が正反対なところがおもしろい。主演のクリスチャン・ベールは、本作のために30キロ体重を落としたという。演技もすごいけど、彼がただ走ったり、叫んだりするだけで、もう痛々しくて、目を覆いたくなる..。この体重コントロールは、『レイジンブ・ブル』のデ・ニーロより凄いよ。