Home > 5月, 2010

いわきチョコレート めひかり塩チョコ

100517mehikarichoco.jpgメヒカリは、F島県沖で獲れるお魚である。あまり流通はしていない。最近は、メヒカリで町おこしなんかやってるため、ちょっとは知られるようになったが、もともとはF島県浜通り、九州の一部地方ぐらいでしか食べられてこなかった。深海魚なので、見た目は良くないが、白身で身も骨も柔らかく、脂がのっていて、旨いお魚である。料理法は唐揚げが一般的。地元民は味噌汁などでも食べると聞いたことがある。
そして、昨今の塩スイーツブームがくる以前から、F島県いわき市の地元土産として「めひかり塩チョコ」なるものが売られており、これがおいしいという情報を仕入れていた。先日、F島に帰った折に買い求めてみた。

いわきチョコレート めひかり塩チョコ 1箱10個入り 1050円

チョコレートのなかにメヒカリがっ!……入っているわけではなくて(^_^;。
びみょーに魚っぽい形のチョコにのなかにはキャラメルが入っており、チョコの上には塩つぶがのっている。チョコは、手に持っただけで溶ける良質のビターチョコレート。キャラメルはトロトロで、甘め。塩は、地元の海から作った大粒の塩で、辛め。
口に入れると、最初にキャラメルの甘さがくるけど、ちょっと遅れて、塩が溶けだす。そして、キャラメルの甘さに、カカオの苦みと香り、しょっぱさが一体になって、とろりーんと広がっていく。チョコもキャラメルも塩も、それぞれの味はするんだけど、どれも主張しすぎず、バランスが良い。もちろん美味しいけれど、それより、クセになる味という感じかな、これは。また買ってしまいそうである。
手にする前は、チョコに魚の名前ってどうよ…と思ったが、お土産として完成度が高い。類似のお菓子が他にあまりないし、おいしいし、いわきの土地柄=海を思わせる味。見た目も、パッケージの青い海に、海の泡とか波のしぶきを乗せたお魚が泳いでいるようで、センスが良いと思う。

この「めひかり塩チョコ」は、いわき市ではスパリゾートハワイアンとか、アクアマリンふくしまなどの観光施設、デバートや駅の菓子売り場など、広く販売されている。F島市ではコラッセF島(私はここで購入)、東京では新橋にあるいわき市のアンテナショップで購入できる。

ついでに、F島市に関する小ネタ
数日前、「ケンミン何とかー」というテレビ番組で、F島市民は納豆に白菜の漬け物を刻んで混ぜて食べるというのを紹介していて、他県民が驚愕していたが…。F島市出身の私にとっては、当たり前すぎて、だれかに教えてあげようとか、話題にしようとか思ったこともなかったよ。今でも、実家の冬の朝の食卓には、大抵、納豆と白菜の漬け物は並ぶ。我が家では、それぞれが、それぞれに、納豆に好きなだけ白菜漬けを投入し、食べていた。私は白菜多めが好き。ゲストの他ケンミンが、そんなことしたら粘りがなくなると言っていたが、ぜんぜんそんなことない。コツがある。まず、納豆だけを練って、白っぽくなるまで十分に粘りを出してから、刻んだ白菜漬け(水気はよく絞っておく)を投入、控えめに醤油を垂らし、さらに混ぜる。こうするとトロトロ納豆と白菜が一体になって、旨いよー。
あと、これは私だけだと思うが、夏には、キャベツ、ピーマン、にんじん、きゅうり、ネギなど、そこらにある野菜をいろいろみじん切りにして、ひき割り納豆(または普通の納豆をたたいて刻む)と、醤油で混ぜ混ぜ。作り方は白菜納豆に同じ。まずは納豆を練ってから、野菜と調味料。量は納豆50、野菜50ぐらいで。さっぱりして、ご飯にかけても美味しいし、レタスに包んで食べても、イケる。

バラが咲いた

100517kawasakirose.jpg品種は、上のオレンジのが「1分ローズ」で、下のピンク系が「川崎ローズ」。折り紙だけど(笑)。

妹の旦那さんが、折り紙愛好家である。以前から、動物や乗り物や、いろんなものを折って、妹や子供たちを楽しませていた。

久しぶりに会ったら、折り紙の腕が格段に上達していた。小さいバラをたくさん寄せ集めたブーケをたった1枚の紙から!折っていたのである。それもバリエーションもたくさん。有名な折り紙研究家、川崎敏和氏の新作本『究極の夢折り紙』を見て、折ったとのことであった。

そして、いちばん簡単なバラの折り方を教えてくれた。それが「1分ローズ」。1分で出来るぐらい簡単という意味だと思うが、もちろん、私は10分ローズぐらいで、形もいびつで、ヨレヨレなのであった。

家に帰ってから練習し、ようやく形の整った5分ローズ(笑)が折れるようになったのだが、もっと難しいものに挑戦したくなった。

そこで、川崎氏の『折り紙 夢World』(朝日出版社)という本を購入し、折り紙愛好家の間では、「川崎ローズ」と言われているバラに挑戦した。最初のボロッボロの1個ができるまで、紙を10枚以上ダメにし、5日もかかってしまった。川崎氏の作品の特徴は、立体的に折ることにある。折り紙は平面で折るもの、立体折りという考えがなかった私には、どうしても本の通りにいかない箇所(2重中割り折りのところ)があり、ついにはネットで動画を検索しまくって、やっと理解できたのであった…。

写真は、普通の工作用折り紙で折っているが、「川崎ローズ」は折り目をきっちりつけながら折るので、安い紙だとヨレっとしてしまう(←言い訳)。和紙とか丈夫な紙で作ると良いみたい。

贈り物なんかにちょっと添えたりすると、いいかも。次はブーケに挑戦だ!。

紙魚

紙魚を見た。条件によってはまれに大量発生することもあるらしいが、紙魚はちっこくて、すばしっこいから、あまりお会いできない虫だ。古本が大量にある我が家でも、2回目の遭遇である。ちなみに、私のハンドルネームは、いちばん好きな俳句、能村登四郎の「紙魚ならば…」(『歳時記』には大抵載っている)からいただいた。

部屋に戻って、バッグを床におこうとしたら、小さな銀色のものが足下をササササと動いていった。

あっ。紙魚だー。

逃さないように追いかけ、白い紙の上にそっとのせて、しばらく眺めていた。白銀色で、3-5ミリぐらい。別名、雲母虫。ダンゴムシを平たくして、スマートにしたみたいな形。名残惜しいが、蔵書を食べられるのは困るので(どこかに潜んでいて、もうけっこう食い荒らした後だと思うが)、外へ逃がした。

なんか良いことあるかもしんない。

Next »