Home > 3月, 2010

明月堂 甘食

100318hongo.jpgおやつとはあまり関係ない話から。本郷は、東大がある街として有名。東大とオフィスが立ち並んだ本郷通りを菊坂~言問通りへ向かう路地に入ると、懐かしい風景が広がる。東大があったからだと思うが、この一画は戦災を免れており、古い建物が点在しているのだ。文人たちが集まった街としても知られており、石川啄木が下宿した旅館とか、樋口一葉が使っていた井戸なんかも残っている。左の写真は、5年ぐらい前に撮影したもの。木造三階建ての下宿「本郷館」だが、現在も人が住んでいる。ちょっと歩けば、こんな民家やお店をたくさん見つけることができる。
私が本郷をはじめて歩いたのは、かれこれ15年前ぐらいだが、その間にも、こうした木造建築がぽつぽつと姿を消して、駐車場なんかになっている。悲しいけれど、仕方がないのかな…。

こんな本郷界隈でもスタバだの、吉野屋だの、味気ないチェーン店が増えているのだが、昔からの学生街なので、老舗飲食店、商店が生き残っている。おやつのおいしいお店がいくつがあるが、本郷に立ち寄ると、必ず買ってしまうというぐらい好きなおやつが2つある。一つが甘食。もう一つがチョコレートだが、今日は甘食を紹介。 

100318amasyoku.jpgあの岸朝子さんも著書で紹介したという甘食である。

明月堂 甘食 2つ1組160円

明月堂は本郷通りにある老舗パン屋さんである。私も記憶がおぼろげだが、10年以上前かなぁ…改装して店がいつの間にか小綺麗になっていたが、前の店の時はなかなか趣があった。今もコッペパンに、サラダ、フライ、バタークリームを挟んだものとか、クリームパン、あんパンなど、昔ながらのパンが並んでいる。
なかでも大人気が、この甘食である。買ったその日だと、周辺のフチの部分がカリッとして、中はふんわり。口に入れると、卵とバターの香りがしっかりとして、ほんのりと甘さがひろがかる。懐かしい味。基本の素材を丁寧に合わせて、作っているという感じ。ヤ○ザキとか、大手メーカーの甘食って、パサパサしてるけど、ここのは口の中でほろほろーと崩れていく。牛乳と食べると、最高に美味しい。夕方には売り切れていることもある。

本郷には、もう一つ、お気に入りパン屋がある。カヤシマベーカリー。この店の佇まいは、昭和歴史遺産として永久保存したいぐらいである。手元に写真がないのが残念…。道が四つに分かれるど真ん中に、昭和建築がどーんと建っている。私はシナモンロールが好きだったが、最近はカレーパンが有名みたい(食べたことない)。

ある日、ボスが、おやつ時に明月堂のパンの袋を抱えて仕事場に帰ってきた。中身はチョココロネとクリームパン。コーヒー牛乳と一緒に美味そうにかぶりついていた。ボスは私より10才ぐらい上か。なんか分かるなー。子供の頃の最高のご馳走だったんだろうな。昭和の空気がふっと漂ってきたよ。

ひとり合宿 in 会津高原

100317daikura.jpg3月初旬の猪苗代合宿で、良い感触をつかめたので、今シーズンとどめのひとり合宿を強行。3月半ばということを考え、まだ雪がたっぷーりありそうで、北向きゲレンデの会津高原だいくらスキー場に決める。だいくらのスクールがロッジも持っていて、2泊のレッスンキャンプ、最終日には国際スキー技術検定を受けるという企画を実施していたのも決め手だった。
だいくらは、中斜面(20-30度)が中心。3月なので雪はさすがにザラメだが、あまり水っぽくなく、堅めで良いコンディション。最高30度ぐらいの長い斜面がいくつかあるので、初級脱出のための練習にも適しているし、中上級者にも満足できるところだと思う。そして、今回、私は、ちょっとしたトラブルを巻き起こしてしまったのだが、スキー場スタッフ、スクールの方にもとても親切にしていただいた。本当に感謝。人の優しさをありがたく感じたひとり合宿であった。

レッスン
最終日に検定を受けることを前提に、レッスンメニューを組んでもらう。
私が受ける国際スキー技術検定は、ゴールド、セミゴールド、シルバー、セミシルバー、ブロンズ、セミブロンズの6段階ある。
コーチに、最初に滑りを見てもらって、どのメダルを受けるか相談。セミシルバー/シルバーを受けることにした。シルバーの検定種目は、10-20度の斜面で、パラレルターン(大回り)、ウェーデルン、シュテムターン。100点からの減点方式で、70点以上がシルバー、60点以上がセミシルバーとなる。
自分では、シルバーは無理かなぁと思っていたのであった。ウェーデルンが出来ないから(爆)。しかし、コーチは、私のフラフラのウェーデルンを見て、目標は高く設定しましょう。と言うのであった。。。練習内容は次の通り。

1日目 シュテムターン、パラレルターン
2日目 先落とし、ウェーデルン、上半身の補正、ズレの小さいターン(緩斜面で)
3日目 ウェーデルン

シュテム、パラレルの課題は、「早く曲がりたい症候群」(ターンの時、直滑降になる瞬間が恐いので、板を無理矢理回してしまう)と、腕を高く構える癖を直すことが中心。先落とし=板をフォールラインに落とす練習、上半身をリラックスさせる練習をする。これは2日目の午後には、良くなったと言われる。

問題は、ウェーデルン。内足のエッジがきちんと立たない、エッジがひっかかる→次のターンの準備が出来ない→手足がバラバラになり、ターンがどんどん崩れていく。体がフォールラインを向かない。。。と、課題が多すぎなのである。急斜面でウェーデルンなんて無理、無理(;_; )( ;_;)…というレベルだったが、コーチは、急斜面で、何度も滑り込ませるのであった。内足を気持上げ気味して、外足加重を意識するようにとアドバイスをもらう。最初は、ターンは崩れっぱなし、恐いから体もフォールラインを向けられないし、肩に力が入り、腕を高く構える癖が出てしまう。しかし、何度もやっているうちに、斜面にも慣れ、フォームは未完成だが、規則正しいリズムをとりながら滑れるようになってくる。そして、検定の緩斜面に行った時には、あら不思議。何とかサマになっていたのであった。
上手い人は、ウェーデルンの時「腰がひねられる」とか、「姿勢が窮屈」と言う。体は正面を向いているのに、腰から下だけ左右にひねる動きをするからである。検定直前の数本の練習で、やっとそのひねりが実感できた。

いよいよ検定
朝、検定コースを滑りながら、ルールを説明してもらう。
検定は緊張したー。あそこは注意しようとか、ここは意識しようとか、いろいろ考えていたのに、全部吹っ飛んでしまって、あっという間に終わってしまった。。。検定が終わった後、スクールの事務所まで結果を聞きに行く。こんな合格発表、何十年ぶりだよ、心臓に悪いよ、もう。
結果はジャジャン。()は検定員のコメント。

ゲレンデコンディション
ザラメ雪の上に、もさもさ新雪。10-20度。

シュテム 74点
(ターン前半の山開きの動作が小さかった、ターン後半の踏み込みがやや足りない、目線が下)

パラレル(大回り) 74点
(ストックをきちんと突けていないところがあった、ターン後半の踏み込みがやや足りない、目線が下)

ウェーデルン 71点
(押し出しが弱い、内足エッジのひっかかり1回、ストックワークは良い)。

100317silver.jpgギリギリで、シルバーメダル合格であった。\(^O^)/。一応、初級卒業ということで良いんでしょうか(←まだ自信がない)。
ちょっと言い訳じみているが、これから検定を受ける人のために。採点のポイントは、一つ一つの動作が正確に出来ているかどうかを見ているみたい。10-20度の斜度というと、シルバーメダルを目指す人にとっては、いつもの練習しているところより、かなり緩やかだと思う。そのため、滑りに余裕ができるけれど、意識しないと、伸びや、踏み込み、シュテムの山開きなどが甘くなってしまう。こういう動作は、ちょっと大きくやるといいみたい。
 
で、このメダルを持っていると何かいいことがあるかと言うと。
①自分のレベルが分かる。
②自慢できる。
③ヨーロッパでは、シルバーメダル以上はリフト割引があるらしい。

ということで、来シーズンはヨーロッパ遠征かな(笑)。

シルバーまでなら誰でも取れると思う。この私でさえ取れたのだから(5年がかりだが)。次は、セミゴールドになるが、シルバーとゴールドは、検定種目を見ても、段違いの差があるように思う。コーチも、ゴールドはなかなか取れないと言っていた。次は、セミゴールドを目標にしたいが、シニア検定(60才以上の検定)に突入しそうな予感である。

今シーズンはこれで終了。最後の最後に、検定という目標を設定してみたが、合格するために、何をどう直せばいいのか具体的に分かったし、練習も充実した。今日の滑りを忘れずに、来シーズンにつなげたいな。

伊勢虎屋 ういろ

100308isetoraya.jpg旦那が名古屋出張だというので、お土産に伊勢虎屋のういろうを所望した。
もともと、ういろうって好きじゃなかった。お土産に何度かもらったけど、ビニールにぱっつりと包まれてさ、色も人工的だし、味はハッキリしないし、食感はもそもそ。名古屋人が、ういろうは重量があって見栄えがするからお土産に好むという都市伝説を本気で信じていた。美味くはないが、お土産用として生き延びている伝統菓子なんだろうと。
しかし、そんな私のういろうに対する誤解を解いたのが、このういろうである。

伊勢虎屋 ういろ 1本300-600円ぐらい。

本店は名古屋じゃなくて、三重だけど、名古屋の百貨店には大体店舗があるみたい。東京では池袋の東武デパート1店舗のみ。伊勢虎屋さんのHPからお取り寄せもできる。

数年前、やっぱり名古屋出張だった旦那が、お土産に買ってきたのだった。名古屋の人にお土産のおすすめを聞いたところ、この店の前まで連れて行かれたという。私は、内心、ちぇっ。ういろうか…と思った。
しかし、見た目が今までのお土産ういろうとは違っていた。ビニールなんかじゃなく、きょうぎに包まれているし、みずみずしい。そして、食べてびっくり。ういろうの概念が180度変わった。ういろうって、こんなに美味しいものだったんだー。もちっぷるっとした食感、小豆や抹茶や素材の美味しさがしっかりとある。甘さは控えめでいくらでも食べられそう。もっちりした水ようかんみたいな感じだ。それ以来、ここのういろうの大ファンになってしまった。年に数回程度だけど、池袋に行く時は東武デパートで必ず買って帰るぐらいである。値段が手頃なのも、うれしい。

写真は、手前から桜ういろ、こしあんういろ、抹茶ういろ。季節によって種類が変わる。どれも美味しいけれど、私がおすすめするのは、よもぎういろ。よもぎういろの間に小倉ういろが挟んである。よもぎと小倉ってよく合うんだよな。

Next »