Home > 1月, 2010

斑尾&タングラムスキーサーカス

100121madarao.jpg今年もスキー開始。最初のスキーは、マンションのスキークラブが企画した1泊バスツアー。20-21日、10人ほどのスキークラブメンバーと斑尾&タングラムスキーサーカスへ。若くないおねえさんの挑戦も、早いもので5シーズン目(1年は休んじゃったから、実質4シーズン目)。

思い返せば、この2-3年。雪がなかったり、吹雪でリフトが止まったり、あげくの果てはどしゃぶり雨だったり。天候に恵まれなかった。でも今シーズンは雪もいっぱーい。快晴、最高のコンディションでのスタートである。滑る人がイマイチあれなのが、なんなんだけど(笑)。

スキークラブのベテランメンバーに教わりながら、とにかく、朝8時半から夕方16時までガシガシ滑り込んだ。
上手い人は「スキー板に乗る」と言う。谷側になる足に、しっかり体重移動ができていることを言う。これが出来ないと、ターンが上手く回れないのだ。その感覚が、去年までよく分からなかった。「乗れていない」から。それが滑り込んでいるうちに、今のターンは「乗れてなかった」、このターンは「乗れてた」と、だんだんと分かってきた。「乗れてくる」と、多少、斜度がきつくなっても、なんとか転けずに下りていけるようになる(コブ斜面除く)。
問題は、体がフォールライン(谷)を向かないこと、ストックがつけないこと、そしてハの字(ボーゲン)が、完全に抜けないこと。昨年も同じことを言われつづけたのだが、この壁が高い。これを直すのには、スピードと斜面に対する恐怖心を克服しなければならないことが、分かってきたが、やっぱり谷を見ると怖いのー。だからストックも前へつけないのー。直滑降になるとスピードが出るから、すぐに制動かけちゃって、だから「ハの字」が直らないのー(T.T)。今シーズンは、これをなんとか直したい。

思えば5年前。ボーゲンさえまともに出来ず、クラブの方に板を担いでもらって、歩いて斜面を下りたこともあった。まだまだクラブの方々のレベルには追いつかない。が、とりあえず、へっぴり腰でも大体ついて行けるようになったし、「緩斜面の女王」と言われるまでに上達した(笑)。来シーズンには、「中斜面の女王」になれるよう、今年も頑張ってみよう。

アーティザン ベアビスケット

10119bearbiscuits.jpg可愛いくて、美味しいビスケット、はっけーん。
アーティザン「ベアビスケット」 1袋2枚入り150円
OMO KINOKUNIYA、輸入食材店KALDIでも発見。ラズベリーベア、バナナベア、チョコベアの3種類。最初はパッケージの可愛さで購入したが、あけてビックリ。ビスケットの形が、食べるのがもったいないぐらい可愛い。そして、食べてまたビックリ。うまっ~。以来、お店から何匹も連れて帰ることに(笑)。
柔らかめのしっとりした感じの生地で、素朴な味わい。甘さはひかえめ。私はフルーツの香料が苦手なのだが(特にバナナ)、これは自然な味と香りがする。原材料を見ると、バナナにはバナナピューレ、ラズベリーにはラズベリージュースを使っているよう。調べたところ、アーティザンはイギリスのメーカーで、素材にこだわっているとのこと。なるほどー。
イギリスのビスケットといえば、日本でも普通に売られているウォーカーズのビスケットも美味しい。イギリスは食べ物が不味いというイメージがあるんだけれど、やっぱり紅茶の国だけあって、ビスケット、スコーンなど、お茶と一緒にいただくものにはこだわりがあるのかしらん。
残念なのは、ビスケットが割れやすいこと。バッグに大切にしまっても、ちょっとした振動でばきっといってしまう。写真も、実はラズベリーベアの耳が割れてている…。デリケートなベアさんたちをキズつけずに、連れて帰るのは、至難の業である…。

TOHOシネマズ午前十時の映画祭

TOHOシネマズに映画を見に行く>ジェームズ・キャメロン『アバター』。3Dってどんなものなのかを観てみたかっただけなんだけど。映像はイマイチ迫力に欠け、内容は『もののけ姫』に、ナウシカとラピュタもちょっと入れてみましたって感じ。。。『アバター』の感想は、1年後ぐらいに書くことにして(笑)。
それより、映画館の1枚のポスターに目が釘付けになってしまった。
「TOHOシネマズ午前十時の映画祭」
1年間に渡って、「何度観てもすごい50本」を午前10時から1回だけ、すべてニュープリントで上映するという企画。選定委員は映画評論家など。よく知られた名画大作が多いが、え。それ50本に入れちゃう?みたいな渋い映画や、幻の映画が入ってるのだ。以下はそのリスト。
明日に向って撃て!  アパートの鍵貸します  アマデウス  雨に唄えば  アラビアのロレンス  ある日どこかで  ウエスト・サイド物語  裏窓  映画に愛をこめて アメリカの夜  エデンの東  お熱いのがお好き  男と女  カサブランカ  クレイマー、クレイマー  刑事ジョン・ブック/目撃者  激突  ゴッドファーザー  ショウほど素敵な商売はない  ショーシャンクの空に  十二人の怒れる男  スタンド・バイ・ミー  スティング  戦場にかける橋  太陽がいっぱい  第三の男  大脱走   チャップリンの独裁者  追憶  鉄道員  天井桟敷の人々  眺めのいい部屋   2001年宇宙の旅  ニュー・シネマ・パラダイス  バベットの晩餐会  薔薇の名前  パピヨン  羊たちの沈黙  昼下りの情事  フィールド・オブ・ドリームス  フォロー・ミー  ブリット   ベン・ハー  北北西に進路を取れ  ミクロの決死圏  ライトスタッフ  ライムライト  レインマン  ローマの休日  ロミオとジュリエット  ワイルドバンチ
一番注目したいのは『バベットの晩餐会』。89年、デンマークの映画。これは、観られる機会が殆どない名作。豪華な料理に注目されがちだが、それ以上に信仰、芸術、そして人間の幸せを深く深く考えさせられる素晴らしい映画だと思う。DVDもあるが、中古市場では2万円以上。しかも、スクリーンサイズが4:3で画質も悪い。これがニュープリントで観られるというのは、夢のよう。
それから、やっぱりトリュフォーファンとしては、『映画に愛をこめて アメリカの夜』。トリュフォーといえば『大人は判ってくれない』だけど、これは名作だし、観ている人も多いと思うの。そこをはずして、知名度はチョットおちるけど、映画好きがワクワクして、面白い作品を選ぶセンスが、良いなぁと思う。
全体としては娯楽作中心で、王道とか、大ヒット映画というより、良質の娯楽作というところに焦点を絞ってる印象を受ける。もちろん『ローマの休日』、『ベン・ハー』、『天井桟敷の人々』などの王道名作もあるのだけれど、『アメリカの夜』のように、ちょっとハズした選び方に興味がそそられる。ミュージカル映画は『サウンド・オブ・ミュージック』じゃなくて、『ウェスト・サイド・ストーリー』。スピルバーグ作品では『ジョーズ』じゃなくて、『激突』。ハリソン・フォード代表作では『ブレードランナー』じゃなくて、『刑事ジョン・ブック』とか。あと『ライトスタッフ』『ワイルドパンチ』のように、広く知られてはいないけれど、根強いファンがいる映画などもいくつか入っている。
これは良い企画だなぁと思う。早起きは苦手だが、頑張って行きたいな。

Next »