Home > 2010

X’mas フルーツケーキ

101227cake.jpg前回の「仕込み第2弾」でレポしたが、フルーツケーキを6本焼く。最初の予定は、ブラウンシュガーやアーモンドの粉などを使った、もっと重く、黒っぽい生地のダークフルーツケーキを作るつもりだったが、レシピをいろいろ見ていたら、普通のフルーツケーキの方が簡単で自分好みのような気がしたので、あっさり変更。

クリスマス。大したイベントもない我が家だが、今年はちょっと楽しみだった。6本のうちで、焼き加減が甘くて、一番心配だった1本を切ってみる。写真で見ても分かるけど、上の方、焼きの甘さが黄みがかったムラで、出てますね(汗)。でも、味は、自分で言うのも何だけど、これはおいしいぞ。(*^▽^*)えへ。甘さ控えめで、バターとラムの香りが広がり、大人の味。しっとりとした食感。クランベリーとアンゼリカを別に漬けなおした甲斐あって、赤と緑の色もきれいである。焼きが一番ダメだった1本がこの程度なら、他はもうちょっとマシだろう。自作菓子のなかでは、良いできばえ。
気になるところがあるとすれば、ラム酒のとがった感じが残ってること。フルーツのつけ込み期間が短かったのと、焼き上がり後の熟成が足りないからかもしれない。私程度に酒が飲める(缶ビール1本でふら~)なら大丈夫だけど、お子様はもちろんダメ、お酒が飲めない人もこれだとちょっとキツイかも。一番おいしくなるという2週間から1ヶ月後ぐらい、どう変わるか、待ってみよう。

今回、レシピは次の4つを参考にして、少々アレンジしてみた。

横溝春男 『お菓子とケーキ おいしい生地の基本』,成美堂,2010年10月
小嶋ルミ 『おいしい!生地』,文化出版局,2004年4月
NHKきょうの料理別冊 『つくり続けたいお菓子』,日本放送出版協会,2010年10月
COOKPAD みみよりちゃんのレシピ 「あの店の!フルーツケーキ」

特に、上3つのレシピ本を購入したのは理由がある。それは、バターや粉の混ぜ方が具体的に書かれていたこと。私が持っていた10~20年前のレシピ本には「白くもったりするまで」とか、「切るようにさっくり混ぜる」とかいう表現なのだが、これらのレシピ本は「ハンドミキサー高速で5分」とか、「ゴムべらをこうしてあー動かして、80-110回まぜる」とか、材料の温度管理とか、指示が詳細で且つ具体的。小嶋さんのレシピに至っては、卵78グラム、グラニュー糖137グラムとか…1グラム単位のレシピである。10グラムは誤差の範囲で通してきたがさつな私も、完璧を追求する小嶋さんの姿勢に敬服して、1グラム単位で計測できるデジタル量りを購入したわよ。菓子作りをする人が増えたのか、レシピ本も一昔前とはずいぶん変わったね。
お菓子づくりは熟練者でもないけど、30年近くやってきたので初心者ではないと自分で思っていた。でも、スポンジにしても、パウンドにしても、タルトにしても、レシピどおりに作っても、家庭の味の域をでないのが悩みだった。特に、今回のようなパウンド生地のケーキは、初心者でも失敗は少なく、食べられないほど不味くなることはない。しかし、プロとの差が歴然と出る。慣れてない人が作ったものは、焼き上がりがボソボソで、食感が重く、油っぽい感じがするが、プロのものはふわっと膨らみ、キメが細かく、しっとりして口当たりも軽い。なぜ、プロのような軽さが出ないんだと、いつも悩んでいたが、今回、このレシピのテクニックを見ると、バターや粉の混ぜ方が自己流だったことがわかった。これらを参考にしたことで、家庭味から一歩抜けて、憧れていたしっとりふわっとしたパウンドケーキに近づいた。

お菓子作りブームの波がきそうな予感。今、シフォンケーキと格闘中。失敗3回…。

40才過ぎの服選び

40才過ぎてから、服選びで悩んでいる。今まで、遊び着は、チェックやボーダーのトップスにダメージデニムのような、どカジュアル。仕事着は、ボウタイのブラウスや、ちょこっとフリルのニット・カットソーに、ふんわりスカートのような、清楚、やや甘めの服を選んできた。でも、こういうのが、急に似合わなくなった。今まで通っていた店でも、何を試着しても、どこか変。とりあえず、今期の秋冬から、どカジュアル、第一印象でかわいい~と思った服は買うのを止めた。

雑誌も見てみるけど、イマイチ、自分に合うものが見つからない。40代向けファッション誌って、キャリア系(「プレシャス」とか)と、お洒落な奥様系(「ストーリー」とか)、ナチュラル奥様系(「LEE」←これは30代かも)の三つの系統があるような気がする。
キャリア系は着てみたいな~という憧れはあるんだけど、背が低く、顔のパーツがどれも丸め。キリっとした印象がないので、似合わないんだな。「プレシャス」の小雪姉さんとか、「Domani」のくらら姉さんみたいなタイプじゃないとダメね。値段も高そうだし。グレード落として、参考にしようかなと思っても、中年は、こういうシンプルな服ほど安物はダメというのも、分かってきた。シンプル定番のユニクロも、若者ならチープさも可愛いけど、中年になると、よほどセンスのいい人じゃないと、お洒落には着こなせないかも。家のなかでは、ヒートテック、フリース、パジャマと大、大、大活躍だけど。
ナチュラル奥様系は好みだし、H王子周辺での買い物、気の置けない友だちとの女子会とか、ちょっぴりお洒落な普段着としてはいいけど、仕事服とか、都心へのお出かけ、あらたまった席などには、あまり参考にならない。
かといって、お洒落な奥様系は好みじゃない。モデルさんを自分の顔と体型に置きかえて想像すると、いかにも超気合いいいれてお洒落してきましたみたいな感じで、げんなりする。通勤で、私大付属の幼稚園の前を通るけど、園児のお見送りの若いお母さん方、みんな奥様系雑誌から抜け出してきたよう。毎朝のことなのに、手抜きファッションの人がいないの。バッグやアクセサリーまでばっちり。いや~みんな素敵だわ~、そのお洒落魂は見習いたいわ~とは思うけど、そういう服は自分らしくない。

ってなことで、どっちかっていうとトラディッショナルだけど、でもちょっと流行やモードっぽさ、遊びゴゴロもあって、大人っぽくて、私に似合って、私の給料でも買える服があったら、誰か教えてください。またはそういう感じの雑誌。(^◇^;)。 またはまたままっmあkまた

あ、ついでに。あまり関係ない話だけど。最近、気になること。
都会へ出ると、もちろん若者だけど、レギンス男子をよく見かける。ハーフや七分丈のパンツに、黒や柄物のレギンス、ハイカットのスニーカーやブーツ。冒険するのは良いんだけど、お洒落ー、似合うーって人がいない。???って感じの殿方ばかり。江頭2:50の方がよほどまし。私がおばさんだから、理解できないのかしら。。。

仕込み第2弾 フルーツケーキ

101219cake.jpgクリスマスのお菓子、ドライフルーツ洋酒漬けがたっぷり入ったケーキが作りたくて、10月にあわててドライフルーツ洋酒漬けを仕込んだ>10月13日「仕込み ドライフルーツ洋酒漬け」。早いなー、あれから、もう2ヶ月経っちゃったのかよ…。

このケーキは焼き上がり後、洋酒をたっぷり染みこませる。3日後ぐらいから食べ頃で、できれば2週間以上熟成させた方が美味しいらしい。ってことは、クリスマス2週間前には焼いておかないといけないわけだが、やっぱり、私らしく、うっかり忘れていて、あわてふためいて1週間前の仕込みとなった。

こういうの、バカのひとつおぼえっていうのかしら?。ちょっと違うか…。
週末の3日間で6本焼いた。正確に言うと、7本。1本は失敗作。夏に買ったばかりのオーブンで、焼き加減がいまいちつかめないのだった。表面にはよく熱が当たって焦げるけど、生地の中の温度は上がらず、生焼け。満足いく温度と焼き加減を探りながら、6本も焼いてしまった。ちょっとした科学実験みたいだったわ。

旦那は、ドライフルーツとナッツが嫌いで、酒は1滴も飲めない。つまり、家では私以外に食べる人がいないってことだわよ。
クリスマスに食べてみて、美味しかったら帰省土産にしたり、お世話になった人にお裾分けして、あとは熟成具合を楽しみながら春までちびちび食べよう。3ヶ月ぐらい日持ちするらしいから。味見の報告はまた後で。

Next »