Home > 10月, 2009

10月の映画鑑賞メモ

9日
デヴィッド・クローネンバーグ『デッド・ゾーン』,1983年,アメリカ,DVD
フランク・ダラボン『ミスト』,2007年,アメリカ,wowwow録画
17日
アンヌ・フォンテーヌ『ココ・アヴァン・シャネル』,2009年,フランス,ワーナー・マイカル・シネマズ
イジー・メンツェル『英国王給仕人に乾杯』,2006年,チェコ,パルテノン○○
24日
ルイス・ブニュエル『小間使の日記』,1964年,フランス,DVD
『デッド・ゾーン』
スティーブン・キング原作。感傷的な展開を極力抑え、主人公が、自分がなぜ能力を授かったのか、その意味を見い出していく過程に重点が置かれる。テンポが良いし、ベタベタしてないところに、かえって主人公の悲しみが滲むよう。
『ミスト』
スティーブン・キング原作、第2弾。某映画サイトでの評判を見て、wowwow放映を録画しておいた。これは拾いもの。怪物パニック映画ぢゃんと思って、お気楽に見ていたら、最後に衝撃。一瞬にして、哲学的宗教的な問題まで考えさせらる。
『ココ・アヴァン・シャネル』
よく知られたシャネルの波瀾万丈の人生かと思いきや、そこは淡泊。それより、彼女のデザイナーとしてのバックボーンに焦点が絞られている。シャネルが何を嫌悪し、何に美を見いだし、どうしてああいう服を作ったのかがよく分かった。オドレイ・トトゥが好演。
『英国王給仕人に乾杯』
小粋な作品。小さな国チェコの現代史を、小さな村出身の小さなジーチェと重ね合わせて描いていく。ジーチェの半生は政治に相当振り回されるが、本人はそんなのとは無関係な顔して、お金持ちになりたいとか、女の子と仲良くなりたいとか、自分の欲望のままに生きている。それがユーモアに満ちて、可笑しいだけじゃなく、ドイツに対しても、ソ連に対しても、チェコに対しても、図太い抵抗になっているところが凄い。ある意味、ノン・ポリって、最強の政治思想のように思えてきた。タイトルは、原題通り『私は英国王に給仕した』の方が批判精神が感じられて良い。何でも「乾杯」を付けりゃいいってもんじゃないでしょ。「乾杯」が付くタイトル多すぎてうんざり。
『小間使の日記』
しばらく人間不信に陥りそうだわ。。。

趣味悠々 リコーダー第3回・4回

10月21日放送
第3回 歌うような息づかいで! 課題曲「アメージング・グレース」
10月28日放送
第4回 いろいろなニュアンスを! 課題曲「ドナドナ」
さてと。。。だんだんと、私の苦手な領域に踏み込んできたよ>趣味悠々リコーダー。
私は特にクラシック音楽では、叙情的なねちっこい演奏は好きじゃない。でも、リコーダーは音が素朴なだけに、曲に気持ちを乗せて、演奏法を考えないと、しょぼい演奏になってしまうのである。3・4回は、まさにそういう演奏方法がテーマ。
吉澤先生は、必ず、演奏する前に、生徒役の2人に歌わせる。しかも、曲を解釈しながら、感情豊かに。それをそのままリコーダーの演奏に置き換えていく感じ。
私は、筋金入りの音痴である。ドナドナみたいな簡単な曲でさえ、まともに歌えないんである。音痴だから、リコーダーを演奏できないということはない。頭のなかでは、こんな感じに演奏するというイメージはあるのだが、自分の声でそれを音に出来るか、出来ないかによって、演奏の上達速度は決定的に違うような気がする。私が、いつまでたっても下手くそなのは、この辺に原因があるんじゃないかと思う。
3回、4回では、基本的な演奏方法が登場。「アメージング・グレース」ではスラー(タンギングせずに指だけ動かす)、「ドナドナ」ではテヌート(音を次の音まで引っ張る)、スタッカート(短めに弾む感じ)。こういうアーティキュレーションを組み合わせて、曲のニュアンスを表現していく。
放送を見て気付いたことだが、ひとりで予習練習していた時、「アメージング・グレース」は一本調子で演奏していたことが分かった。「アメージング・グレース」は、静かに穏やかにはじまって、レミソーーー(like me~)あたりで引っ張るように盛り上げて、音が消え入るように静かに終わると、荘厳な感じがでる。
そして、「ドナドナ」は、スタッカート気味で、子牛がスキップするみたいに、かなり脳天気に演奏していたことが判明。吉澤先生は、自由に解釈していいんですよ~と言っていたけれど。普通、こういう歌を陽気に歌う人はいないわな…。子牛は売られていくんだから。でも、レ・レ・レ・レ(ドナドナ)、ソ・ファ・ミー(ドナドナー)なんて、八分音符が連なっちゃったりすると、スタッカートのように弾み気味に演奏したくなっちゃうの、感覚的に。放送では、所々テヌートを使い、哀しみを帯びた演奏をしていた。
音痴で歌えないし、どんな風に曲を歌ったいいのか、そういうセンスも自分には欠けている気がしてきた。。。2曲とも、分かりやすい曲なのになぁ。

趣味悠々 リコーダー第2回

NHK趣味悠々リコーダーで奏でるなつかしのオールディーズ。初心者向けすぎて、物足りなさはあるが、吉澤先生の演奏を聴くだけでも、勉強になる。
10月14日放送
第2回「ソラシの低音を美しく!」 課題曲「ラブ・ミー・テンダー」
前回の「リコーダー練習帳」でも触れたことだが、「ラブ・ミー・テンダー」は、使う音が少なく、単純なメロディだけに、表情豊かに演奏するのは難しい。特に問題は、さびに入る部分♪ミミミ~(love me true~)である…。リコーダーは歌詞もないし、豊かに表現するには、頭とテクニックが必要である。
吉澤先生の演奏は、この部分でアタックが(タンギングのtのところ)殆どなく、すべらかに盛り上げていく。私も真似をしてみたが、アタックを感じさせないタンギングは超難しい…。
吉澤先生が「音符は台詞」だと言う。つまり、台本の文字のように、楽譜にも無機質な記号しかないわけで、同じ台詞をを甘くささやくとか、叫ぶとか、悲しくつぶやくとか、どんな風に表現するかによって、曲も全く変わってくる。この音符を解釈するセンスがないんだよな>自分。

Next »