Home > 7月, 2008

勇気と感動のアメリカ映画ベスト100

NHKBSで、「勇気と感動のアメリカ映画ベスト100」(2006年発表)という番組をやっていた。アメリカの映画関係者1500人が選んだ作品だ。ゲイリー・シニーズ、ジェーン・フォンダ、ドン・チードル、ウーピー・ゴールドバーグ、スピルバーグなど映画通俳優や現役監督、作品出演者などが、作品への思い入れを語りながら、紹介していた。
たぶん1位はアレだろうな~と思って見ていたが、やっぱりアレだった(軽く自慢)。私も大好きな作品である。ちなみに、ベスト30位は次の通り。
30位 「アラビアのロレンス」 デビッド・リーン 1962年
29位 「ガンジー」 リチャード・アッテンボロー 1982年
28位 「フィールド・オブ・ドリームス」 フィル・アルデン・ロビンソン 1989年
27位 「真昼の決闘」 フレッド・ジンネマン 1952年
26位 「オズの魔法使い」 ビクター・フレミング 1939年
25位 「サリヴァンの旅」 プレストン・スタージェス 1941年
24位 「緑園の天使」 クラレンス・ブラウン 1944年
23位 「ショーシャンクの空に」 フランク・ダラボン 1994年
22位 「打撃王」 サム・ウッド 1942年
21位 「夜の大捜査線」 ノーマン・ジェイソン 1967年
20位 「フィラデルフィア」 ジョナサン・デミ 1993年
19位 「ライト・スタッフ」 フリップ・カウマン 1983年 
18位 「アンネの日記」 ジョージ・スティーブンス 1959年
17位 「カッコーの巣の上で」 ミロス・フォアマン 1975年
16位 「ノーマ・レイ」 マーティン・リット 1979年
15位 「奇跡の人」 アーサー・ペン 1962年
14位 「戦場にかける橋」 デビッド・リーン 1957年
13位 「勝利への旅立ち」 デビッド・アンスポー 1986年
12位 「アポロ13」 ロン・ハワード 1995年
11位 「我等生涯の最良の年」 ウィリアム・ワイラー 1946年
10位 「プライベート・ライアン」 スティーブン・スピルバーグ 1998年
9位  「三十四丁目の奇跡」 ジョージ・シートン 1947年
8位  「ヤング・セネレーション」 ピーター・イエーツ 1979年
7位  「怒りの葡萄」 ジョン・フォード 1940年
6位  「E.T.」 スティーブン・スピルバーグ 1982年
5位  「スミス都へ行く」 フランク・キャプラ 1939年
4位  「ロッキー」 ジョン・B・アビルドセン 1976年
3位  「シンドラーのリスト」 スティーブン・スピルバーグ 1993年
2位  「アラバマ物語」 ロバート・マリガン 1962年
1位  「素晴らしき哉、人生!」 フランク・キャプラ 1946年
100位まで含めると、ジャンルでは、人種問題、伝記や実話ネタ、戦争社会派、スポーツものが多く、これに次いでファンタジーがなかなか健闘している。
それを反映してか、俳優では、黒人俳優のパイオニアであるシドニー・ポワチエ、モーガン・フリーマン、スポーツマンで正義の男ゲーリー・クーパー、ジェームス・スチュワート、社会派俳優ヘンリー・フォンダなどの出演作が目立つ。監督では、やっぱり社会派シドニー・ルメット、アメリカの良心フランク・キャプラが名を連ねる。スピルーバーグがベスト30位に3作品!は凄い。
これら作品を見て思うことは、弱者がはい上がる、最後まであきらめない、正義・人間としての誇りを貫く、というアメリカの国民性が見えるなぁということ。日本で同じ調査をすると、お涙頂戴作品が上位にくるような気がする。弱い者が頑張る映画もないわけではないが、頑張る人間の姿そのもので感動させるより、コメディにしちゃったり、逆境や、耐え忍ぶ健気なエピソードで涙を誘うことが多い。日本の感動作は、弱者への憐憫と優しさ。「蛍の墓」のような作品が上位にくるんじゃないかな。
ベスト100位で、見た映画は35本。ベスト30位では15本。そのなかで、my感動ベスト3を選ぶとしたら、「素晴らしき哉、人生!」、「カッコーの巣の上で」、「怒りの葡萄」。
ベスト100に入っていて、DVDを持っているのに見ていない作品「ホテル・ルワンダ」(90位)、「セルピコ」(84位)、「ライトスタッフ」(19位)あたりは、夏休み中に見ておこう。あとは、DVDを買うほど見たいとは思わないけど、いつかテレビでやらないかと期待している「ビューティフル・マインド」(93位)、「スパルカタス」(44位)、「大統領の陰謀」(34位)あたりも、気になるな。

河口湖一周の旅

kawaguchi.jpgレンタサイクル屋~山梨宝石博物館~河口湖大橋~久保田一竹美術館~大石公園~道の駅かつやま~レンタサイクル屋

走行距離 約20キロ

Sugarちゃんと河口湖へ行く。河口湖大橋を自転車で走ったら気持ちいいだろうなと、河口湖一周サイクリングを思い立つ。
ホテルで紹介してもらったレンタサイクル屋へ行ってみるが、3連休で繁盛してるようで、ガタガタのママチャリが4台しかもう残っていなかった。そのなかでもマシな2台を選び、出発。高低もなさそうだし、ま、いいか、ママチャリで。

まずは、レンタサイクル屋すぐそばの山梨宝石博物館へ。山梨県は水晶の産地で、宝飾品加工が地場産業である。水晶のでっかい結晶、めのうなどの国産鉱物、その他基本鉱物を中心に展示されていた。原石とカットされた石を一緒に見られるコーナーが、興味深かった。パライバトルマリン、アレクサンドライト、スタールビー・サファイアなどの稀少石、宝石の原石は写真で見たことはあっても、実物を見たのははじめてだった
そして、博物館の出口には…ジュエリーショップがっ!。ジュエリーは高価なので、見るだけ~。水晶とか、安い原石も購入できる。私は、水晶コレクションを充実させたいと考えていたところなので、ガーデンクォーツを買った>2400円。水晶に、モスグリーンの苔のような内包物(緑泥石)が入ったクォーツである。透明度が高く、苔の入り方、透明とグリーンのバランスが良くて、一目で気に入った。ルチル、デンドリティックも欲しかったが、お手頃価格は良い物がなかったので、あきらめた。鉱物好き、ジュエリー好きにはオススメの博物館である。

河口湖大橋を渡る。湖を横切るように走るのは、開放感がある。車でも渡れるけど、自転車だと風とか、湖の匂いを感じられるのが良い。写真は、大橋からの景色。今日も曇りで、見渡しても富士山が見えないのだった。

それから、久保田一竹美術館へ。辻が花(もの凄い複雑で微妙な色合いの絞り染め)で著名な染色作家である。着物=和のイメージからかけ離れた東南アジア風の建物、庭にちょっと驚く。アンコールワットのような、南国の森のなかで朽ちていく遺跡のような感じ。でも、一竹の作品が、この環境にみょうに溶け込んでいる。作家本人が建てた美術館なので、思想とか、哲学とか、美意識とか、作品の世界観がこういう地域の文化にあるのかなと感じた。
淡い水彩画、あるいは色鮮やかな油絵。絵画のような染めものである。でも、絹の光沢とか、絞りのシワシワ、でこぼことか、絵画にはない、絞りでしかできない表現なのである。全体に絞りをほどこし、30回も染めるそうだ。気が遠くなりそう…。

またちょこっと走り、河口湖自然生活館・大石公園で一休み。ラベンダーの花がたくさん咲いていて、良い香りが漂う。ブルーベリー狩り、ラベンダー穂刈りが楽しめ、洒落たお土産屋もあって、たくさんの人でにぎわっていた。後で調べたら富士山の絶景ポイントということが分かった。が、その日は雲でぜんぜん見えなかったので、なんでこんな小さい公園に観光バスがわんさかくるのか、不可解であった…。私はブルーベリージュース、Sugarちゃんはコケモモジュースを一気のみして、出発。さっぱりして美味しかったな。

あちこち寄りながら走っているので、まだ半分。ここから先は、路線バスが走っていない。観光スポットもなく、人も一気にまばらになる。緑のなかを、湖をながめながら、ひたすら走りつづける。ロードバイクが、何台か、シャカシャカと私たちを追い越していった。雲が厚くなり、暑さもやわらぎ、涼しい風も吹いてきて、この辺りを走ってるときが、一番爽快だったな。
道の駅かつやまで、休憩。自転車で走っていると気持ち良いが、やっぱり止まると、どどっと汗が出てくる。遅い昼食を取り、湖畔にひろがる芝生で、Sugarちゃんとごろごろ。なまけものの私は、こういうところなら、一日いても飽きないな…なんて考えていた。
休憩後、ゴールまで一気に走る。レンタサイクル屋に戻ったのは16時近かった。半日で20キロ(^^ゞ。寄り道しながら、のんびりと楽しいサイクリングだった。

平坦だし、ママチャリでも余裕で走れる。自転車に乗れるなら、だれでも走れるコースだ。ただ、自転車用の道は、一部しか整備されていない。交通量の多い道路を結構走るので、子供連れはちょっと不向きかもしれない。
いつか、富士五湖めぐりサイクリングをしてみたいなと思った。

河口湖へ

7月19-20日、Sugarちゃんと河口湖へ行く。スタレビ恒例の河口湖ステラシアターの野外ライブへ行くためである。
富士急ハイランド
19日に富士急ハイランドで待ち合わせ。河口湖は何度か来ているが、富士急ハイランドは初体験である。絶叫マシンと言われるジェットコースターのレールは、殆ど垂直に落下している。こぇー。私も、Sugarちゃんも、絶叫マシンは見あげるだけで、足がガクガクブルブルなのであった…。
お子様ゾーンの機関車トーマスコーナーで、まったりランチを食べ、それから観覧車と、お子様用コースターに乗る。絶叫マシンをあきらめると、途端に、お子様用になってしまうのが、ちょっともの足りない。中間クラスのアトラクションがあまりないんだな。でも、童心に帰って、結構、楽しめたけど。
スタレビライブ@河口湖ステラシアター
夏の野外ライブは、気持ちがええ。ビール片手に開演までまったり、まったり。舞台の後ろには、銭湯のように富士山がどーんと見える…はずなんだが、あいにくの曇りである。
ライブのテーマは「マニアック。聴いたことがない曲は新曲だと思って聴け」らしい…。確かに、何度かライブには行ってるけど、今回は「新曲」が多かったなー(^.^)。コアなファンにとっては、なかなかライブで聴けない曲が多く、貴重なライブだったらしい。
日が落ちる直前、雲がちょっとだけ晴れて、富士山の稜線がくっきりと見えた。日が暮れていって、ヒグラシが鳴いて、富士山がちょこっと顔をだし、そして夜になっていく。こういう移ろう景色をみながら音楽聴くのは、やっぱり良いねぇ。
翌日は河口湖一周サイクリングに挑戦した>詳しくは、サイクリング日誌で。夕方まで、のんびりし、帰宅。久しぶりに、充実した休日であった。
Sugarちゃん、いろいろありがとう~。