Home > 4月, 2008

「知的でおしゃれな映画人」

20世紀fox、月刊cutのコラボで、ワールド・シネマ・コレクションという企画DVDが発売されている。貴重なDVD化もあるので、紹介しておくことにした。
宣伝文句は、「パリ、ローマ、ニューヨーク、ストックホルム・・・芸術・流行の発信都市で生まれた映画の数々。これを観ておけば知的でおしゃれな映画人になれる特選シネマ」だって。ほぉー。アレン、ビリー・ワイルダー中心に、トリュフォー、フェリーニ、ベルイマンなど36作品の販売予定。詳しくは20世紀foxHPへ。
たかが36作品で「知的でお洒落な映画人」にはなれるとは思えないが、「知的でおしゃれな映画人のフリ」はできそうな作品群。
私が注目したいのは、ウディ・アレンの初期作品、それとベルイマンの3作品のDVD化。
このコレクション36作品中、アレンが17作品を占める。「ウディ・アレンの愛と死」「カメレオンマン」など初DVD化が数作品あり、興味をそそられた。
特に「カメレオンマン」は、私がずっと観たかった作品なので、うれしい。オマケに「カイロの紫のバラ」の再DVD化もうれしい。私は既に持ってるが、とっくに廃盤になっていた。最近までプレミアDVDの1つになっていて、ネットオクで4万円ぐらいの価格で取引されていた。ここまで高い価格になるのは、欲しい人がたくさんいるってことなんだから、足元を見るような高価格で取引されているDVDは、どんどん再販してほしい
そして、ベルイマンの「蛇の卵」「恥」「狼の時刻」。これは、DVDボックスで発売され、やっぱりプレミアがついていた。単品での発売、再DVD化はうれしい。
もう買わない、買わないといいつつ、アレンの「カメレオンマン」、「ラジオデイズ」を予約してしまった私…。ベルイマンも買っちゃうな、きっと。

手作りバターのその後

バター作りをしたが、宿題が二つ残った。塩加減と水切りである。いろいろサイトで、手作りバターレシピを参考にさせてもらったところ、私の作り方に問題があったことが分かった。
まず、塩。私は生クリームを泡立てる前に投入した。しかし、まずは無塩バターをこしらえて、バターになってから塩を混ぜるレシピが圧倒多数。そうかそうか。これなら、好みの塩味にしやすい。
二つめの水切り。私は、ガーゼで絞っただけだった。が、さらに、それをまな板などの上に載せ、木べらなどで押しつけ、内部にある水を絞り出すといいらしい。もう一手間必要だったよ…。
できあがったバターは、毎日、食べているので、もう心細い。香りの劣化が、予想以上に早くて、日々失われていく。でも、まだおいしい。
今日は、ほうれん草のバター炒めを作ってみた。炒めても、軽い味わい。風味は残って、油っぽいしつこさが残らない。明日はオムレツつくってみよ。

買えないなら、作るぞ!手作りバター

スーパーにバターがない。遂に、ここまできたか。入荷してもすぐに売り切れるらしい。

近年、牛乳消費が減って生産過剰になり、大量に廃棄する事態にまでなっていた。これでは酪農農家の経営も大変だってことで、農水省が乳牛を減らす生産調整をすすめたため、生産は減少。そんな折に、飼料用の輸入穀物価格上昇しちゃったから、生乳の価格も一気に高騰した。生産過剰が一転して、今や、生乳がないわ、高いわ…という状況で、加工原料用としては、高級品用ぐらいまでしか回ってこないらしい。♪やっぱ牛乳でしょ~♪なんて、牛乳消費拡大のCMをやってた頃が懐かしい。

確かに、スーパーには高級バターがちょっと置いてあった。しかし、最近は、それすらないこともある。パンが好き、朝食もパンが多い私には、つらい話だ。
我が家のバターが切れて1週間以上は経つ。バターのトースト食べたーい!。買えないなら、作るぞ!ってことで、バター作りに挑戦してみた。

bata.jpg材料:純生クリーム(乳脂肪分45%、乳化剤の入ってないもの)…200cc、塩…ティースプーン1杯(塩分控えめ味)

牛乳を瓶に入れて、長時間、シャコシャコ振っていると、バターになるというのは、どこかで聞いたことがあった。しかし、私はそんなに我慢強くないぜ。
脂肪が多けば、いっぱいバターができるだろうってことで、純生クリームを用意。塩を適当に入れ、好みの塩味にした。あとは、生クリームを泡立てる要領で、ボールの底を氷で冷やしながら、電動ミキサーでひたすら混ぜていった。
ケーキ生クリームにちょうど良いかなという堅さを過ぎると、急に脂肪が固まりだしてくる。ミキサーもだんだん重くなり、さらに混ぜ続けると、色が黄みがかって、脂肪と水が分離し、水がしゃぱしゃぱとではじめてきた。どこまで混ぜて良いか分からなかったが、固形分が堅くなり、混ぜにくくなった段階で終了。

ガーゼにくるんで、ギュと絞り、水気をきってみると…見た目は完璧にバター。ちょっと、なめてみる。パターの味がする~(T-T)。市販のものより軽くて、すっぅっと口のなかでなくなる感じ。そして、ほえほえほえ~っとバターの香りが広がり、ほんのり生クリームの匂いが口に残る。今まで食べたバターのなかで、いちばん良い香り。いやな油くささがない。
ただ、かき混ぜる前はちょうど良い塩加減だったが、ちょっと塩気が足りない感じになっていたのと、水気を完全に切れずにチョット水っぽさが残ったのが気になった。それは、今後の宿題にしよう。それでも、買うバターよりは美味しい。200ccの生クリームから、小さいココット2つ分のバターができた。

bata2.jpgできたバターの半分に、1ヶ月前に漬けておいたラムレーズンを刻んで、練りこむ。3月にスキーに行った時、長野の土産物屋でおいしいレーズンを買ったが、食べきれず、ラム酒に漬けておいたものだ。作ったものの、何に使えばいいか悩んでいたところだった。ラムレーズンは食べられるけど、実はレーズンバターは、あんまり好きじゃなかった。でも、ええい、混ぜちゃえ!

さっそく、パンをトーストして、できたてバター、ラムレーズンバターを塗って、食してみた。う、うまーい!(^^)
ラムレーズンバターのトーストを一口食べた時は、固まってしまったよ、あまりに旨くて。今まで食べていたラムレーズンバターは何だったんだという感じ。バターもラムの香りも良くて、塩気にほんのり甘みがある。大人の味だわー。

生クリームが400円だったから、できた量からすれば、高い。けれど、割と簡単に作れること、何より美味しいこと。これなら、これからも買わずに作ってもいいなと思う。
あとは、生クリームまで生乳不足が及ばないことを祈ろうっと。

Next »