Home > 3月, 2008

2月3月の映画鑑賞メモ コーエンマジック!

2月
ロジャー・ドナルドソン 「世界最速のインディアン」,2005年,ニュージーランド
3月
コーエン兄弟「ノーカントリー」,2007年,アメリカ,TOHOシネマ
映画鑑賞サボってます。更新もサボってます(^◇^;)
アカデミー賞受賞作「ノーカントリー」。さっそく観てきた。久しぶりに、唸るような作品を観た。コーエンの最高傑作だと思う。アカデミー賞作品賞と言っても、コーエン節炸裂だし、キツイ暴力シーンもあるし(R15)、やっぱり万人ウケする作品ではないけれど。
コーエンの凄いところは、今回のようにしっかりした原作があっても、コーエンにしか創れない作品にしてしまうことだ。コーエンの犯罪ものはどれも素晴らしい。コーエンの犯罪ドラマは、とても論理的に展開される。なのに、最後は非論理的で、運命なんて分からないという空しい感覚が残る。
以前の、例えば「ミラーズクロッシング」「バーバー」などでは、暗喩的で、美しい絵画的映像を入れることがあって(私は好きなんだけど)、夢にうなされるような浮遊感を漂わせていた。「ノーカントリー」では、そうした優雅な映像はあまりない。しかし、その分、冗長なところがなくなり、緊張感がより一層高まって、完成度の高い作品になったと思う。
「ノーカントリー」では、重要なところはぜんぜん見せない。でも、よーく観察すれば、推理できるというディテールフェチ的なカットや演出には、ホントにしびれる。これまでのコーエンと比べても、そんなに難しい映画ではないと思う。
それから、原題「No Country for Old Men」から、「for old men」を取るのはマズイでしょう…と思ったのは、私だけじゃないはずだ。
ホントに久しぶりに興奮する作品だった。これはもう1回観に行くかもしれない。
diaryに、早く載せられるよう頑張って更新します…。

ひとりサイクリング ウォーミングアップでくたくたの旅

八王子市某所~長沼のすごく美味しい珈琲豆屋さん~野猿峠~多摩境にあるすごく美味しいパン屋さん~尾根緑道~八王子某所

走行距離10.2キロ 積算距離842.8キロ


今日からひとりスキー合宿に行くはずだった。しかし、やむを得ない事情でキャンセル。今シーズンはもう滑れないだろうと、スキー道具を片づけた。

スキーが終わったら、自転車シーズンだ。昨年は、自転車で遠出を1度もしなかった。走行距離は50キロにも満たない。いろんな事情からサイクリング倶楽部も解散してしまったし、自転車仲間と走る機会も減ってしまった。連れて行ってくれる人がいないと乗れないというのは、情けない。今年こそ、ひとりサイクリングで、距離をのばしたい。

今日は天気も良い。さっそく、ウォーミングアップサイクリングを決行。
しばらく乗っていないので、慣れたコースを、まったり走ることにする。このコースは、昨年のサイクリング日誌にも登場してるが、私のお気に入りコースだ。珈琲豆屋もパン屋も、ここから公共交通機関で行くには不便な場所で、距離的にも自転車で行くのがちょうど良い。途中、緑道を走ることもできる。峠越えがあるが、これもトレーニングになる。

最初に珈琲豆屋へ直行。峠も快調、快調。峠で人を抜いていくのはちょっと快感だ。
しかし、花粉攻撃にやられた…。珈琲屋に着く頃には、くしゃみは止まらず、涙はぼろぼろ。珈琲屋さんで鼻をかみ、目薬をさす。冷たいスポーツドリンクを飲むと、ちょっと落ち着いてきた。
私は、この珈琲豆屋さんの常連だ。普段はメールや電話で注文し、宅配してもらう。店長はずっとバイクで宅配に来ていたが、昨年から自転車に乗り始め、最近は自転車で宅配に来るようになった。宅配の度に、あの峠はつらいけど、今日は頑張った、でも、この坂は降りちゃったとか、自転車の話で盛り上がるのだった。

珈琲屋を出て、再び峠を越える。家を出た時間が遅かったので、パン屋には寄らずに、そのまま緑道に入って帰るつもりだった。しかし、峠を下り、緑道へ向かう途中、パン屋の袋をもった女の子とすれ違ってしまった。シンプルな紙袋でロゴも小さいのに、すぐにあのパン屋の袋だと分かるところが、食いしん坊である。いいな…パン。美味しそうだな、どうしよっかな…食べたいな、食べたーい!。緑道へ向かっていたのに、くるっと方向転換。パン屋へいちもくさんにペダルを回していった…。この時が、一番スピードが出ていたかもしれない。
パン屋さんは、いつも人がずらーっと並んでいるのに、今日は空いていた。しかも、大好きな豆パン、栗パン、それとチョコパンが焼きたてだった。これを1個ずつと、黒カンパーニュを買う(^.^)

mamepan.jpg(←愛車と、豆パンちょっと囓りかけ)

そして、やっと緑道へ。もう夕方だったので、いつもより人も自転車も少なく、びゅんびゅんとばす。途中、街を見下ろせるところで、自転車を止め、焼きたての豆パンを食べる。ほかほか、パリパリ、うまー。
冷たくなってきた風にふるえながら、パンを食べていると、やはり自転車でひとりやって来たおじさんに声をかけられる。自転車に乗って、今日で8回目だと言う。自転車はクロスバイクだった。マウンテンバイクに興味があるらしく、私のマウンテンバイクについて、フレームのメーカーや価格のことなどいろいろと聞かれてしまった。
年は60過ぎだと思う。自転車に乗るのが楽しいようで、最近、江ノ島まで自転車で行ったという。うっひゃー。以前、サイクリング倶楽部でも江ノ島行きが企画に上がったが、ちょっと辛いかも…ということでボツになった。おじさんは、川沿いを走っていったら、とうとう江ノ島に着いちゃったらしい。さすがに疲れて、帰れなくなり、自転車を置いて、電車で帰宅。翌日、車で自転車を取りに行ったそうな。自転車で行ったら、帰ることも考えなきゃーとは思ったけど、おじさんの気持ちも分かる。疲れても、自転車だと、もうちょっと、もうちょっと…って走っちゃうんだよね。
私のレベルでは、ひとりで遠出はできないと思っていたが、それは自転車に乗らない言い訳だなと反省した。初心者だって、行く気なら行けるのさ。

休憩の後は家へ帰るだけ。2キロもないだろう。しかし、一度休んだら、なぜか疲れがどっと出てきた。冷たい向かい風。体がだるい。ペダルが重い。ちょっと長いゆるい坂道で、時速5キロぐらい。歩いた方がいいぐらいだ。そして、ママチャリにぬかれてしまう…ショック。
最後、マンションの敷地内の坂道がつらくて、とうとう降りてしまった。一昨年あたり、50-60キロ走ってきた後でも、この坂で降りたことなかったのになぁ。家に着いた時は、くたくただった。10キロしか走ってないのに。

体力の衰えに危機感を持った。鍛え直さなきゃね。

今頃初すべり in ブランシュたかやま

3月1日午後~2日午前 ブランシュたかやま
30半ば過ぎて、スキーをはじめて3シーズン目。運動神経も、物覚えも悪いので、未だ初級者である。
昨シーズンは雪が少なくて、もの足りないままシーズン終了。今シーズンこそは!と思っていたが、年末に手術したため、トップシーズンにぜんぜん滑ることができず…(T.T)。雪はいっぱーいあるんだが。
今年はもう無理かなと半ばあきらめていたが、手術の傷が思ったよりも早く癒え、3月に入って、ようやく初滑りである。
マンションのスキークラブのメンバーとブランシュたかやまへ行く。ブランシュたかやまは、上級者にはちょっともの足りないかもしれない。しかし、中級向けのゲレンデが充実していて、スノボ禁止の数少ないスキー場なので、私のような脱初級者を目指す人の練習にはなかなか良いスキー場である。
スキーは自転車と同じで、長年やらなくても体が覚えているとはよく言うが、私の場合、やらなければ確実に忘れる
昨シーズン、猪苗代でレッスンを受けた時、体重移動のコツが分かってきて、急斜面でも、シュテムターン小回りで降りられるようになったが、今回は、それすらまともにできなかった。緩斜面では、そこそこスピードも出て、大回り、中回りで気持ちよく滑れた。しかし、ちょっと斜度がきつくなると、転ばないように、慎重にと思うのだが、そう思うほどスピードは落ち、腰は引け、バランスが崩れる。
数回、転けて、自分が転けるパターンを発見した。一つは、斜度が急だと、ターンを深くしすぎて、ターンの終わりにスキー板のトップが山側にちょっと向くところまでもっていってしまう。トップが山をむくと、当然、後ろ向きにズリズリと板が持って行かれ、転ける。
もう一つは、恐くて腰が引けた時、重心が後ろにかかり、谷足加重ができず、スキー板だけが前へと走り、コントロール不能になって、転ける。
このまま勘が戻らないままシーズンを終わると、来シーズンさらに後退しそうなので、ひとり合宿を計画中である。雪も多いし、どこ行こうかな。