Home > 9月, 2007

収納大作戦 マイルーム編

5月にはじまった収納大作戦のゴールが見えてきた。もう片づけるのがいやなぐらい、本棚から本が溢れ、床の上には積み上がったダンボール十数箱、CD,DVD,資料…、12畳ぐらいの部屋が、足の踏み場もないほどに物が溢れていた。これが殆ど片づいた。8月末に、新しいPC、家具を購入したのだが、それから約1ヶ月。毎日、ホームセンターや、電気屋に足を運んでは、細々したものを買い込み、どこかしら部屋の片づけをしていたような気がする。
(田口トモロヲのナレーションで)
収納大作戦…それは、過去との壮絶な戦いであった…。
♪ かぜのなかのすばるぅー、すなのなかのぎぃんがー、みんなどこへいーいーったー
いやー、ちょっと大げさだけどさ、気持ちはそんな感じ (^_^;。
家具を入れたり、棚をつくったり、使い勝手は、以前とは比べものにならないほど良くなった。しかし、溢れていた物ぜんぶを、収納できるほどのスペースは、さすがにつくれない。かといって、これを放置すると、溢れた物が多少減ったというだけで、ごちゃごちゃは解消しない。とういうわけで、思い切って処分することにした。しかし、何を処分するか、これを選ぶのが、いちばん時間がかかり、辛い作業だった。
思い入れはなくても、あんまり使わなくても、仕事で1%でも使う可能性のあるものは捨てられない。となると、捨てるのは、何十年も使わなかったし今後も使うことはない、でも今まで捨てるに捨てられなかった思い入れのある品々ということになる。
昔読んだマンガ、若い頃に勉強したノートなど。捨てるぞ!と意気込んでも、手に取ると、捨てられないよー(T-T)(T-T)(T-T)となってしまう。あれはやっぱりだめ、これもやっぱりだめ、あーでもこれを取ってておくには、これは捨てなきゃと…、悩みに悩み、取捨選択し、半分ぐらいを処分した。どれも、捨てる箱に入れた物は、二度と開けずに(決心が揺らぐから)、古本屋、ゴミ置き場へと出した。なんつうか、愛着のない仕事のものを残し、愛着のあるものを捨てるのは、断腸の思いだった。捨てちゃったけど(^_^;
しかし、その代償は十分なほど、機能的で、快適な部屋になった。自分の部屋で、ひとりでDVDを鑑賞したいために、ちょっと高かったけど、PCを自作し、25.5インチのディスプレイもそろえた。昨日、はじめてDVD「プラダを着た悪魔」を鑑賞した。映画も面白かったけど、だれにも気兼ねなく、くつろげる部屋で映画を鑑賞するのが、こんなに良いなんて。なんか、がんばった甲斐があったな…と思った。

詩人・文学者 木島始氏のこと。

木島始さんが2004年にお亡くなりになっていたことを、つい最近知った。なんだか青春時代に読んだ詩人が、またひとり、いなくなるのは、とても悲しい。
 木島さんに、一度、お目にかかったことがある。もう、10年も前のことで、ある美術館主催の詩のコンクールの授賞式だった。私が唯一いただいたことがある賞だ。私のつたない詩を、ここが印象的だねとおっしゃってくださった。
 私は、そのころ、木島さんに関しては、「詩のレッスン」というアンソロジーに載っていた1編の詩「とほうもない望み」と、寺山修司「戦後詩」に紹介されていたラングストン・ヒューズという黒人詩人の訳詩しか知らなかったが、そられがとても印象に残っていた。当日、木島さんが出席されることは知らなかったので、おどろいた。にこやかに話をする方で、はじめてなのに親近感をおぼえた。
 それをきっかけに、木島始さんの詩集や、評論をたくさん読んだ。なかでも、木島始訳「ラングストン・ヒューズ詩集」は、私が持っている詩集のなかでも大好きな詩集だ。木島さんは、黒人文学や、ジャズ、ブルースの評論も数多く書いており、差別や人種問題、それに根ざした芸術に造詣が深い。だからこそヒューズの、あの心の叫びをまざまざと表現するような訳ができるだろう。他の訳者のヒューズ詩集も読んだけど、そこまでは感動しなかった。
木島訳に感動して、ヒューズをどうしても英語で読みたくなり、洋書屋に足を運んでも見つからず、古本屋でも探し見つからず、ついに、アメリカのアマゾンで、苦手な英語と格闘しながら(考えてみると、当時、日本のサイトでは洋書は買えなかったのかな…英語のサイトで買った記憶がある)、原書の「ヒューズ詩集」を買い求めた。そして、英語で読んで、黒人が使う言葉なのか、短縮した英単語、発音、リズムなど、ただ言葉を訳すだけでは伝わらない、生き生きとした情感までも日本語に表現しようとしていることが、とてもよく分かった。好きな詩人はいっぱいいるけど、腰の重い私を、ここまで行動させた詩人は、ほかにいないかもしれない。私は、ジャズやブルースについては詳しくないけど、耳にすると、木島さんの書いていた評論とかを思い出すことがある。
今日は「ラングストン・ヒューズ詩集」を読もう。