2017年後半映画メモ(4)

アラン・ドロン特集だよ

アラン・ドロン…絶世の美男子だけど、意外にも男性ファンが多い。彼は暗さとか、冷たさとか、卑しさとか、孤独とか、負のオーラを後光のように出していて、そういうオーラがミーハー女子を威圧し、男が理想とするダンディズムを醸し出しているような気がする。また女子ウケするような映画にもあんまり出てないのよね。

 

 

ジャン=ピエール・メルヴィル『サムライ』,1967年,フランス,DVD

孤高の殺し屋ジェフ・コステロ。暗殺現場を目撃されたことで、警察にも依頼人にも追われることに…。『サムライ』は原題。
アラン・ドロンがとにかくカッコいい映画殺風景な部屋がカッコいい、そんなところで小鳥を飼っているのがカッコいい、殺し屋定番のトレンチコートがカッコいい、帽子のかぶり方がカッコいい、鍵の束がカッコいい、タバコの吸い方がカッコいい、歩き方がカッコいい…。そして、ラストシーンの拳銃が最高にカッコいい(なぜカッコいいかは見てください)。と、まぁメルヴィルは男の美学をこれでもかっーと、ドロンに詰め込んでおります。殺し屋ドロンのカッコよさを伝えるためには、ただの歩くシーンですら延々とカメラが回るのに、ストーリー展開に重要なところは短い数カットですませちゃったりします(笑)。男のカッコよさだけで1本の映画になるのもすごいけど、そんな役ができる俳優も古今東西アラン・ドロンただひとりのような気がする。
あまりにカッコいいので、この映画を真似した監督はたくさんいるけど、こんなところにまで影響力がっ! 片手にピストル~、心に花束~、唇に火の酒~、背中に人生を~ああ~ああ~ああああああ~。ジュリーの「サムライ」も、この映画からインスピレーションを得たみたいっすよ。


 

ジョセフ・ロージー『パリの灯は遠く』,1976年,フランス/イタリア,DVD

ドイツ占領下のフランス。美術商ロベール・クラインは、ユダヤ人から美術品を安く買いたたいて儲けていた。ある日、郵便物から同姓同名のユダヤ人と間違えられていることを知り、身の潔白を証明するためユダヤ人クラインを探し始める。折しも、ヴィシー政権はユダヤ人大量検挙を準備していた…。
1942年のヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件がモチーフ。ヴィシー政権が大規模なユダヤ人狩りを計画実行し、約1万3千人ものフランス在住ユダヤ人をアウシュビッツ等の収容所へ送り込んだ事件(ヴェロドローム・ディヴェールは競輪場の名前だけど、その理由は映画を見るとよく分かるよ)。
まず、1970年代に、フランス政府が90年代半ばまで否定しつづけたこの歴史的汚点事件を、ほぼ再現するかのようなリアルさで描いたことがすごい。そこに、クラインがユダヤ人クラインを探すというサスペンスフルなストーリーを絡ませて、観客を歴史舞台に引きずり込み、クラインが差別する側から差別される側へとあっという間に陥れられることで、明日は我が身じゃないけど、どの時代だってこういう理不尽な悲劇は決して他人事ではないこと、差別がいかに無意味で不毛かということまで考えさせる。冷静に判断したらやめときゃいいのに、クラインがもう一人の自分探しをやめられないというのは人間の本能なのでしょう…運命は皮肉。
私が最初に見たジョセフ・ロージー&アラン・ドロン映画は『暗殺者のメロディ』('72)だった。ドロンの演技は良いのですが、これがまぁ退屈な映画で(笑)。正直、『パリの灯は遠く』も期待してなかったのですが、一瞬たりとも退屈しなかったし、反ナチ映画としても、サスペンスとしてもよく出来た映画だと思います。

 

2017年後半の映画メモ(3)

俳優はゲイ役で真価が問われる!
という映画友だちの格言に従い、おすすめの2本を鑑賞。1本はアル・パチーノ。もう1本は、本年度アカデミー賞主演男優賞を獲得したゲイリー・オールドマン&怪優アルフレッド・モリーナ。


ウィリアム・フリードキン『クルージング』1980,アメリカ,DVD

ゲイだけを狙った連続殺人事件が発生。警官スティーブ(アル・パチーノ)は囮捜査を命じられ、ハードゲイの世界へ潜入する。ハードゲイを世界に知らしめた映画としても有名。Cruisingは、ゲイ用語で男あさりの意味。
めくるめくハードゲイの花園。撮影にあたって、エキストラは全員本物を集めたらしく、マッチョな男たちの汗の臭いまで漂ってきそうな映画。
本作は、普通の青年がハードゲイの世界に魅入られていく過程が主テーマであって、殺人事件の犯人捜しはそのきっかけや環境を与えるためのサブストーリー。なので、見どころは、やっぱり主演アル・パチーノの変貌。彼の目つきが、犯人を探す捜査の目から、シーンを重ねる毎に、男をあさるような、ねちっこいギラギラした目に変わっていくですよ。殺人事件の真相より、え?捜査でゲイのフリしてるけだよね、あれ?もしかしてそっちの世界に行っちゃったの?!って方が、気になって仕方がない。ラストも意味深。殺人事件は解決しても、スティーブがそっちに行っちゃったかどうかは謎のまま。モヤモヤ~。
あと、どうでもいいけど、警察での取調べ中に唐突に出てきて、容疑者を殴り倒すテンガロンハットの人が謎すぎる。あれは何?。自白強要要員だとしても、なにゆえにあの格好なの?。知ってる方がいたら教えてください。

 

スティーブン・フリアーズ『プリック・アップ』,1987年,イギリス,DVD

実話が元ネタ。1960年代ロンドン、ゲイであることが犯罪だった時代。演劇学校で知り合ったジョー(ゲイリー・オールドマン)とケネス(アルフレッド・モリーナ)。作家を目指していたケネスはジョーに文学の手ほどきをし、生活も支えた。しかしケネスは芽が出ず、一方でジョーは劇作家として成功の道を歩み始める。
ケネスが糟糠の妻に見えてきたよ…。ケネスは才能もなく夢も叶わず、ハゲでデブで容姿も衰え、なのにジョーは一躍時の人となり、パンツまで洗ってあげているケネスのことをほったらかしにして、浮気三昧。愛した分だけ愛が欲しいケネスと、重い愛はウザいジョー。ケネスの劣等感や嫉妬や嫉み、愛の苦しみは、”ゲイだから”ってわけじゃない。だれにでも、私にもあるから切なくなるの。『クルージング』のような異世界を見る感覚はまったくなかったよ。ゲイのカップルの愛憎も、男女とそんなに変わらないんだなと。
ジョー役のゲイリー・オールドマン、かわえぇ。目つきまで色っぽくて、本当にゲイにモテそう。でも、どっちかというと、私が印象に残ったのはケネス役のアルフレッド・モリーナ。ケネスは、繊細で複雑な心情を持つ難しい役だと思うけど、痛々しくて、見ているのが辛くなるような迫真の演技だった。
本作を含めて二人とも若い頃はクセのある役が多かったけど、最近では味わいのある大俳優になったねぇ、しみじみ。

 

 

 

 

 

 


オマケ 
最近のゲイリー・オールドマンと、アルフレッド・モリーナ。
左の画像はオスカーを獲得した時のゲイリー・オールドマン。右は『人生は小説より奇なり』(2016)のアルフレッド・モリーナ。アルフレッド、この映画でもゲイ役をやっていて、相手役はジョン・リスゴーなのですが…。なんか劇作家として大成したジョーと、実は新しいパートナーを見つけて幸せになったケネスみたいな感じになっちゃいました(笑)。

2017年後半期映画メモ(2)

ロバート・ミッチャム特集だよ!。
彼の出演作で今まで見たことがあったのは『眼下の敵』(1957,戦争映画の名作)のみ。"ドイツ軍を助けるアメリカ軍駆逐艦キャプテン"のイメージしかなかったけど、今回見た作品で、え!こんな役をモノにしちゃう俳優だったの?!と、役者としての幅の広さに敬服。今まで誤解しててゴメンよ、ミッチャム。

 

J・リー・トンプソン『恐怖の岬』,1962年,アメリカ

ケイディは弁護士サムのせいで有罪になったと信じ込み、刑務所で法律を勉強し、出所後、サム一家への復讐を開始した。
自分に非はないのに、まったく思いもよらないところで恨まれてるって、めっちゃ怖くないですか?。で、恨んでる人が執念深くて凶暴で、性犯罪者で、法律に詳しくて賢かったら?。一発で復讐してこないんですよ、自分の身を法律で守りながら、本人ではなく奥さんや娘をターゲットに恐怖を与えつづける。ぎゃーやめてぇえーーー!ですよね。この映画の恐さは、ケイディの細部までいきとどいた人物像の作り込みと、これを演じたロバートミッチャムの存在感!に尽きるでしょう。弁護士役は正義の人グレゴリー・ペック。
1991年のリメイク『ケープ・フィアー』(監督;マーティン・スコセッシ)は、脚本、演出、キャスト、結末…あらゆる点でオリジナルより見劣りする。例えば、リメイクのケイディ役はあのデ・ニーロだけど、ミッチャムの方が断然怖いもん。デ・ニーロは最初からイカレポンチ全開だけど、ミッチャムは何を考えてるか分からない顔してて、徐々にその冷酷さと狂気があらわになっていく。結末もリメイク版はホラーだけど、オリジナルは人間ドラマ。
↓は、ロバート・ミッチャムとデ・ニーロのケイディ。どっちが怖い?。

 

 

 

 

 

 


チャールズ・ロートン『狩人の夜』,1955年,アメリカ

犯罪もの。ある強盗犯が奪った金を隠して死刑になった。この強盗と刑務所で知り合ったハリーは、隠された金を目当てに、偽牧師となって強盗犯の妻子の前に現れた。近年、急に再評価された作品であり、本作を愛する監督多数。
犯罪ものというリアルさが求められるジャンルなのに、寓話的な映像や演出がなされていて、正反対の要素が違和感なく融和している不思議な映画。狂気と無垢、悪と正義、罪と赦し、嘘と真実、大衆の愚かさ。いろんな意味深なテーマが見えるけど、どれも掘り下げ方が中途半端。エピソードがつながらなかったり、意味がよく分からなかったり、はっきり言って稚拙なところ山盛り。しかし。それを打ち消すほどに、恐ろしいまでに幻想的で、美しいシーンがいくつもあって、時間が経っても何度も繰り返し思い出してしまうような中毒性がある。私が好きなのは、夜、偽牧師ハリーが賛美歌を歌いながら子供たちの家にやってくるシーン。子供を守ろうと銃を持って見張ってる老婆(リリアンギッシュ)が、その歌に答えるように同じ賛美歌を歌うんですよ。神を利用するハリーの底知れぬ不気味さ、老婆の本物の信仰と強さが、対比されつつも一体になり、しかも美しい映像で緊張感も生み出すという奇跡。
ミッチャムは紳士的でにこやかな振る舞いのなかに偽牧師の"偽物感"を放出させまくりの演技。彼の何もかもが嘘くさい…。それに対する往年の女優リリアン・ギッシュも、悲しみにじっと耐え、しっかり地に足をつけて生きてきた人のたくましさが出ていて良かった。
監督チャールズ・ロートンの本業は俳優。ビリー・ワイルダー『情婦』で弁護士役を演じていた人。本作の不評に腐ってしまって、監督は本作のみになってしまった。うーん、でも、1本の映画のなかに、大御所監督がこぞって真似をしたがるシーンをいくつも作ったわけだから、才能はあったんじゃないかなー。撮り続けたら傑作残せたかもと思う。

 

 

 

 

 

 


 

 

シドニー・ポラック『ザ・ヤクザ』,1974年,アメリカ,DVD

ロサンゼルスの私立探偵ハリーは、旧友のジョージから日本の東野組に誘拐された娘の救出を依頼される。元暴力団幹部の健は、ハリーに義理があったため彼に協力することに。日本のヤクザを描いたアメリカ映画。日本人の共演は高倉健、岸惠子。
脚本がレナード・シュナイダー。彼は日本の大学で講師をした経験があり、『太陽を盗んだ男』の脚本も書いているほどの日本通。なので、外国人が日本のイメージだけで作っちゃった"とんでもシーン"がない。しかし、外国人が興味を持つ「義理」や「礼節」などの様式美を誇張するあまり(海外ではここが評価されているけど)、日本人にはリアリティもないし、任侠を美化しすぎな感じもあって、やっぱり外国人が見た不思議な国ニッポン以上の映画ではないな…と、私は思う。
健さんはかっこいい。殺陣の間の撮り方、スピード感と緊張感、あの殺陣は日本文化を知らない人だってカッコいいと思うだろう。しかし、肝心のロバート・ミッチャムが精彩を欠く…orz。年齢のせいか?。役柄のせいか?。日本語が下手だからか?。前の2作ではロバート・ミッチャムの垂れ目が異様に怖かったけど、この映画ではそれが緊迫感を削いでいるような気もしないでもない。

Next »